XmlTextWriter.WriteCData(String) メソッド

定義

指定したテキストを格納する <![CDATA[...]]> ブロックを書き込みます。Writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

public:
 override void WriteCData(System::String ^ text);
public override void WriteCData (string text);
override this.WriteCData : string -> unit
Public Overrides Sub WriteCData (text As String)

パラメーター

text
String

CDATA ブロック内に配置するテキスト。Text to place inside the CDATA block.

例外

テキストは、非整形式の XML ドキュメントになります。The text would result in a non-well formed XML document.

WriteStateClosed です。The WriteState is Closed.

注釈

注意

.NET Framework 2.0 以降では、新しい機能を利用するXmlWriterために、 XmlWriter.CreateメソッドとXmlWriterSettingsクラスを使用してインスタンスを作成することをお勧めします。Starting with the .NET Framework 2.0, we recommend that you create XmlWriter instances by using the XmlWriter.Create method and the XmlWriterSettings class to take advantage of new functionality.

textまたはnull <のいずれかの場合、このメソッドは空の CDATA ブロックを書き込みます (例は! [ String.EmptyCDATA []If text is either null or String.Empty, this method writes an empty CDATA block, for example <![CDATA[]

適用対象