XmlWriter.Create メソッド

定義

新しい XmlWriter のインスタンスを作成します。

オーバーロード

Create(StringBuilder, XmlWriterSettings)

StringBuilder オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(String, XmlWriterSettings)

ファイル名と XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(TextWriter, XmlWriterSettings)

TextWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(Stream, XmlWriterSettings)

ストリームと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(XmlWriter, XmlWriterSettings)

指定された XmlWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(StringBuilder)

指定された StringBuilder を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(String)

指定されたファイル名を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(TextWriter)

指定された TextWriter を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(Stream)

指定されたストリームを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

Create(XmlWriter)

指定された XmlWriter オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

注釈

一部のオーバーロードには、 Create settings オブジェクトを受け取るパラメーターが含まれて XmlWriterSettings います。 このオブジェクトを使用して、次のことを行うことができます。

  • 作成されたオブジェクトでサポートする機能を指定し XmlWriter ます。

  • オブジェクトを再利用して、 XmlWriterSettings 複数のライターオブジェクトを作成します。 作成されるライターそれぞれについて、XmlWriterSettings オブジェクトがコピーされ、読み取り専用とマークされます。 XmlWriterSettings インスタンスの設定が変更されても、同じ設定を使用している既存のライターには影響しません。 したがって、同じ機能を持つ複数のライターの作成に、同じ設定を使用できます。 または、XmlWriterSettings インスタンスの設定を変更して、別の機能セットを持つ新しいライターを作成できます。

  • 既存の XML ライターに機能を追加します。 Create メソッドは別の XmlWriter オブジェクトを受け取ることができます。 基になるオブジェクトは、 XmlWriter 静的メソッドによって作成された XML ライターである必要はありません Create 。 たとえば、ユーザー定義の XML ライターを指定して、機能を追加することができます。

  • 準拠のチェックや、静的なメソッドによって作成されたオブジェクトでのみ使用できる XML 1.0 勧告 への準拠など、機能を最大限に活用し XmlWriter Create ます。

オブジェクトを受け入れないオーバーロードを使用する場合は Create XmlWriterSettings 、次の既定のライター設定が使用されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

注意

.NET Framework には、クラスの具象実装であるクラスが含まれていますが、メソッドを使用してインスタンスを作成することをお XmlTextWriter XmlWriter 勧め XmlWriter Create します。

Create(StringBuilder, XmlWriterSettings)

StringBuilder オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::Text::StringBuilder ^ output, System::Xml::XmlWriterSettings ^ settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Text.StringBuilder output, System.Xml.XmlWriterSettings settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Text.StringBuilder output, System.Xml.XmlWriterSettings? settings);
static member Create : System.Text.StringBuilder * System.Xml.XmlWriterSettings -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As StringBuilder, settings As XmlWriterSettings) As XmlWriter

パラメーター

output
StringBuilder

書き込み先の StringBuilderXmlWriter で書き込まれたコンテンツが、StringBuilder に付加されます。

settings
XmlWriterSettings

新しい XmlWriter インスタンスを構成するために使用される XmlWriterSettings オブジェクト。 これが null である場合は、既定の設定で XmlWriterSettings が使用されます。

XmlWriterTransform(String, XmlWriter) メソッドと組み合わせて使用する場合は、OutputSettings プロパティを使って、正しい設定の割り当てられた XmlWriterSettings オブジェクトを取得する必要があります。 これにより、作成された XmlWriter オブジェクトに正しい出力設定が適用されます。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

builder 値は null です。

適用対象

Create(String, XmlWriterSettings)

ファイル名と XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::String ^ outputFileName, System::Xml::XmlWriterSettings ^ settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (string outputFileName, System.Xml.XmlWriterSettings? settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (string outputFileName, System.Xml.XmlWriterSettings settings);
static member Create : string * System.Xml.XmlWriterSettings -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (outputFileName As String, settings As XmlWriterSettings) As XmlWriter

パラメーター

outputFileName
String

書き込み先のファイル。 XmlWriter は、指定されたパスにファイルを作成し、XML 1.0 テキスト構文でファイルに書き込みます。 outputFileName はファイル システム パスにする必要があります。

settings
XmlWriterSettings

新しい XmlWriter インスタンスを構成するために使用される XmlWriterSettings オブジェクト。 これが null である場合は、既定の設定で XmlWriterSettings が使用されます。

XmlWriterTransform(String, XmlWriter) メソッドと組み合わせて使用する場合は、OutputSettings プロパティを使って、正しい設定の割り当てられた XmlWriterSettings オブジェクトを取得する必要があります。 これにより、作成された XmlWriter オブジェクトに正しい出力設定が適用されます。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

url 値は null です。

次の例では、定義された設定を使用してオブジェクトを作成し XmlWriter ます。

using System;
using System.IO;
using System.Xml;
using System.Text;

public class Sample {

  public static void Main() {

    XmlWriter writer = null;

    try {

       // Create an XmlWriterSettings object with the correct options.
       XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
       settings.Indent = true;
       settings.IndentChars = ("\t");
       settings.OmitXmlDeclaration = true;

       // Create the XmlWriter object and write some content.
       writer = XmlWriter.Create("data.xml", settings);
       writer.WriteStartElement("book");
       writer.WriteElementString("item", "tesing");
       writer.WriteEndElement();
    
       writer.Flush();
     }
     finally  {
        if (writer != null)
          writer.Close();
     }
  }
}
Imports System.IO
Imports System.Xml
Imports System.Text

Public Class Sample 

  Public Shared Sub Main() 
  
    Dim writer As XmlWriter = Nothing

    Try 

       ' Create an XmlWriterSettings object with the correct options. 
       Dim settings As XmlWriterSettings = New XmlWriterSettings()
       settings.Indent = true
       settings.IndentChars = (ControlChars.Tab)
       settings.OmitXmlDeclaration = true

       ' Create the XmlWriter object and write some content.
       writer = XmlWriter.Create("data.xml", settings)
       writer.WriteStartElement("book")
       writer.WriteElementString("item", "tesing")
       writer.WriteEndElement()
    
       writer.Flush()

      Finally
         If Not (writer Is Nothing) Then
            writer.Close()
         End If
      End Try

   End Sub 
End Class

適用対象

Create(TextWriter, XmlWriterSettings)

TextWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::IO::TextWriter ^ output, System::Xml::XmlWriterSettings ^ settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.TextWriter output, System.Xml.XmlWriterSettings settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.TextWriter output, System.Xml.XmlWriterSettings? settings);
static member Create : System.IO.TextWriter * System.Xml.XmlWriterSettings -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As TextWriter, settings As XmlWriterSettings) As XmlWriter

パラメーター

output
TextWriter

書き込み先の TextWriterXmlWriter は、XML 1.0 テキスト構文を書き込み、指定された TextWriter にそれを付加します。

settings
XmlWriterSettings

新しい XmlWriter インスタンスを構成するために使用される XmlWriterSettings オブジェクト。 これが null である場合は、既定の設定で XmlWriterSettings が使用されます。

XmlWriterTransform(String, XmlWriter) メソッドと組み合わせて使用する場合は、OutputSettings プロパティを使って、正しい設定の割り当てられた XmlWriterSettings オブジェクトを取得する必要があります。 これにより、作成された XmlWriter オブジェクトに正しい出力設定が適用されます。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

text 値は null です。

次の例では、XML 文字列を書き込みます。

XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
settings.OmitXmlDeclaration = true;
StringWriter sw = new StringWriter();

using (XmlWriter writer = XmlWriter.Create(sw, settings))
{
    writer.WriteStartElement("book");
    writer.WriteElementString("price", "19.95");
    writer.WriteEndElement();
    writer.Flush();

    String output = sw.ToString();
}
Dim settings As New XmlWriterSettings()
settings.OmitXmlDeclaration = True
Dim sw As New StringWriter()
        
Using writer As XmlWriter = XmlWriter.Create(sw, settings)
  writer.WriteStartElement("book")
  writer.WriteElementString("price", "19.95")
  writer.WriteEndElement()
  writer.Flush()
            
  Dim output As String = sw.ToString()
End Using

適用対象

Create(Stream, XmlWriterSettings)

ストリームと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::IO::Stream ^ output, System::Xml::XmlWriterSettings ^ settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.Stream output, System.Xml.XmlWriterSettings settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.Stream output, System.Xml.XmlWriterSettings? settings);
static member Create : System.IO.Stream * System.Xml.XmlWriterSettings -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As Stream, settings As XmlWriterSettings) As XmlWriter

パラメーター

output
Stream

書き込み先のストリーム。 XmlWriter は、XML 1.0 テキスト構文を書き込み、指定されたストリームにそれを付加します。

settings
XmlWriterSettings

新しい XmlWriter インスタンスを構成するために使用される XmlWriterSettings オブジェクト。 これが null である場合は、既定の設定で XmlWriterSettings が使用されます。

XmlWriterTransform(String, XmlWriter) メソッドと組み合わせて使用する場合は、OutputSettings プロパティを使って、正しい設定の割り当てられた XmlWriterSettings オブジェクトを取得する必要があります。 これにより、作成された XmlWriter オブジェクトに正しい出力設定が適用されます。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

stream 値は null です。

次の例では、XML フラグメントをメモリストリームに書き込みます。

XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
settings.OmitXmlDeclaration = true;
settings.ConformanceLevel = ConformanceLevel.Fragment;
settings.CloseOutput = false;

// Create the XmlWriter object and write some content.
MemoryStream strm = new MemoryStream();
XmlWriter writer = XmlWriter.Create(strm, settings);
writer.WriteElementString("orderID", "1-456-ab");
writer.WriteElementString("orderID", "2-36-00a");
writer.Flush();
writer.Close();

// Do additional processing on the stream.
Dim settings As XmlWriterSettings = New XmlWriterSettings()
settings.OmitXmlDeclaration = true
settings.ConformanceLevel = ConformanceLevel.Fragment
settings.CloseOutput = false

' Create the XmlWriter object and write some content.
Dim strm as MemoryStream = new MemoryStream()
Dim writer As XmlWriter = XmlWriter.Create(strm, settings)
writer.WriteElementString("orderID", "1-456-ab")
writer.WriteElementString("orderID", "2-36-00a")
writer.Flush()
writer.Close()

' Do additional processing on the stream.

注釈

XmlWriter は、常に、基になるデータストリームにバイトオーダーマーク (BOM) を書き込みます。ただし、一部のストリームは BOM を持つことはできません。 BOM を省略するには、新しい XmlWriterSettings オブジェクトを作成し、Encoding プロパティを新しいオブジェクトに設定し UTF8Encoding ます。このオブジェクトは、コンストラクター内のブール値が false に設定されています。

適用対象

Create(XmlWriter, XmlWriterSettings)

指定された XmlWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::Xml::XmlWriter ^ output, System::Xml::XmlWriterSettings ^ settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Xml.XmlWriter output, System.Xml.XmlWriterSettings settings);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Xml.XmlWriter output, System.Xml.XmlWriterSettings? settings);
static member Create : System.Xml.XmlWriter * System.Xml.XmlWriterSettings -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As XmlWriter, settings As XmlWriterSettings) As XmlWriter

パラメーター

output
XmlWriter

基になるライターとして使用する XmlWriter オブジェクト。

settings
XmlWriterSettings

新しい XmlWriter インスタンスを構成するために使用される XmlWriterSettings オブジェクト。 これが null である場合は、既定の設定で XmlWriterSettings が使用されます。

XmlWriterTransform(String, XmlWriter) メソッドと組み合わせて使用する場合は、OutputSettings プロパティを使って、正しい設定の割り当てられた XmlWriterSettings オブジェクトを取得する必要があります。 これにより、作成された XmlWriter オブジェクトに正しい出力設定が適用されます。

戻り値

XmlWriter

指定された XmlWriter オブジェクトをラップする XmlWriter オブジェクト。

例外

writer 値は null です。

注釈

このメソッドを使用すると、基になるオブジェクトに機能を追加でき XmlWriter ます。 基になるオブジェクトには、 XmlWriter メソッドによって作成されたオブジェクト、 XmlWriter.Create または実装を使用して作成されたオブジェクトを指定でき XmlTextWriter ます。

適用対象

Create(StringBuilder)

指定された StringBuilder を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::Text::StringBuilder ^ output);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Text.StringBuilder output);
static member Create : System.Text.StringBuilder -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As StringBuilder) As XmlWriter

パラメーター

output
StringBuilder

書き込み先の StringBuilderXmlWriter で書き込まれたコンテンツが、StringBuilder に付加されます。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

builder 値は null です。

注釈

このオーバーロードを使用すると、 XmlWriterSettings 既定の設定を持つオブジェクトが XML ライターの作成に使用されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

作成された XML ライターでサポートする機能を指定する場合は、 XmlWriterSettings オブジェクトを引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用し、 XmlWriterSettings カスタム設定を使用してオブジェクトを渡します。

適用対象

Create(String)

指定されたファイル名を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::String ^ outputFileName);
public static System.Xml.XmlWriter Create (string outputFileName);
static member Create : string -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (outputFileName As String) As XmlWriter

パラメーター

outputFileName
String

書き込み先のファイル。 XmlWriter は、指定されたパスにファイルを作成し、XML 1.0 テキスト構文でファイルに書き込みます。 outputFileName はファイル システム パスにする必要があります。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

url 値は null です。

次の例では、 XmlWriter オブジェクトを作成し、book ノードを書き込みます。

using (XmlWriter writer = XmlWriter.Create("output.xml"))
{
    writer.WriteStartElement("book");
    writer.WriteElementString("price", "19.95");
    writer.WriteEndElement();
    writer.Flush();
}
Using writer As XmlWriter = XmlWriter.Create("output.xml")
  writer.WriteStartElement("book")
  writer.WriteElementString("price", "19.95")
  writer.WriteEndElement()
  writer.Flush()
End Using

注釈

このオーバーロードを使用すると、 XmlWriterSettings 既定の設定を持つオブジェクトが XML ライターの作成に使用されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

作成された XML ライターでサポートする機能を指定する場合は、 XmlWriterSettings オブジェクトを引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用し、 XmlWriterSettings カスタム設定を使用してオブジェクトを渡します。

適用対象

Create(TextWriter)

指定された TextWriter を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::IO::TextWriter ^ output);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.TextWriter output);
static member Create : System.IO.TextWriter -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As TextWriter) As XmlWriter

パラメーター

output
TextWriter

書き込み先の TextWriterXmlWriter は、XML 1.0 テキスト構文を書き込み、指定された TextWriter にそれを付加します。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

text 値は null です。

次の例では、コンソールに出力するライターを作成します。

using (XmlWriter writer = XmlWriter.Create(Console.Out))
{
    writer.WriteStartElement("book");
    writer.WriteElementString("price", "19.95");
    writer.WriteEndElement();
    writer.Flush();
}
Using writer As XmlWriter = XmlWriter.Create(Console.Out)
  writer.WriteStartElement("book")
  writer.WriteElementString("price", "19.95")
  writer.WriteEndElement()
  writer.Flush()
End Using

注釈

このオーバーロードを使用すると、 XmlWriterSettings 既定の設定を持つオブジェクトが XML ライターの作成に使用されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

作成されたライターでサポートする機能を指定する場合は、 XmlWriterSettings オブジェクトを引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用し、 XmlWriterSettings カスタム設定を使用してオブジェクトを渡します。

適用対象

Create(Stream)

指定されたストリームを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::IO::Stream ^ output);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.IO.Stream output);
static member Create : System.IO.Stream -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As Stream) As XmlWriter

パラメーター

output
Stream

書き込み先のストリーム。 XmlWriter は、XML 1.0 テキスト構文を書き込み、指定されたストリームにそれを付加します。

戻り値

XmlWriter

XmlWriter オブジェクト。

例外

stream 値は null です。

次の例では、XML フラグメントをメモリストリームに書き込みます。 (オーバーロードを使用します。これにより、 Create(Stream, XmlWriterSettings) 新しい XML ライターインスタンスでも設定が構成されます)。

XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
settings.OmitXmlDeclaration = true;
settings.ConformanceLevel = ConformanceLevel.Fragment;
settings.CloseOutput = false;

// Create the XmlWriter object and write some content.
MemoryStream strm = new MemoryStream();
XmlWriter writer = XmlWriter.Create(strm, settings);
writer.WriteElementString("orderID", "1-456-ab");
writer.WriteElementString("orderID", "2-36-00a");
writer.Flush();
writer.Close();

// Do additional processing on the stream.
Dim settings As XmlWriterSettings = New XmlWriterSettings()
settings.OmitXmlDeclaration = true
settings.ConformanceLevel = ConformanceLevel.Fragment
settings.CloseOutput = false

' Create the XmlWriter object and write some content.
Dim strm as MemoryStream = new MemoryStream()
Dim writer As XmlWriter = XmlWriter.Create(strm, settings)
writer.WriteElementString("orderID", "1-456-ab")
writer.WriteElementString("orderID", "2-36-00a")
writer.Flush()
writer.Close()

' Do additional processing on the stream.

注釈

このオーバーロードを使用すると、 XmlWriterSettings 次の既定の設定を持つオブジェクトを使用して XML ライターが作成されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

作成されたライターでサポートする機能を指定する場合は、 XmlWriterSettings オブジェクトを引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用し、 XmlWriterSettings カスタム設定を使用してオブジェクトを渡します。

また、XmlWriter は常に、基になるデータストリームにバイトオーダーマーク (BOM) を書き込みます。ただし、一部のストリームは BOM を持つことはできません。 BOM を省略するには、新しい XmlWriterSettings オブジェクトを作成し、Encoding プロパティを新しいオブジェクトに設定し UTF8Encoding ます。このオブジェクトは、コンストラクター内のブール値が false に設定されています。

適用対象

Create(XmlWriter)

指定された XmlWriter オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。

public:
 static System::Xml::XmlWriter ^ Create(System::Xml::XmlWriter ^ output);
public static System.Xml.XmlWriter Create (System.Xml.XmlWriter output);
static member Create : System.Xml.XmlWriter -> System.Xml.XmlWriter
Public Shared Function Create (output As XmlWriter) As XmlWriter

パラメーター

output
XmlWriter

基になるライターとして使用する XmlWriter オブジェクト。

戻り値

XmlWriter

指定された XmlWriter オブジェクトをラップする XmlWriter オブジェクト。

例外

writer 値は null です。

注釈

このメソッドを使用すると、基になるオブジェクトに機能を追加でき XmlWriter ます。 基になるオブジェクトには、 XmlWriter メソッドによって作成されたオブジェクト、 XmlWriter.Create または実装を使用して作成されたオブジェクトを指定でき XmlTextWriter ます。

このオーバーロードを使用すると、 XmlWriterSettings 既定の設定を持つオブジェクトが XML ライターの作成に使用されます。

設定 Default
CheckCharacters true
CloseOutput false
ConformanceLevel ConformanceLevel.Document
Encoding Encoding.UTF8
Indent false
IndentChars 2 つのスペース
NamespaceHandling Default (削除なし)
NewLineChars \r\n (キャリッジ リターン、改行)
NewLineHandling NewLineHandling.Replace
NewLineOnAttributes false
OmitXmlDeclaration false
OutputMethod XmlOutputMethod.Xml
WriteEndDocumentOnClose true

作成された XML ライターでサポートする機能を指定する場合は、 XmlWriterSettings オブジェクトを引数の1つとして受け取るオーバーロードを使用し、 XmlWriterSettings カスタム設定を使用してオブジェクトを渡します。

適用対象