XmlWriter.WriteCData(String) メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキストを含む <![CDATA[...]]> ブロックを書き込みます。When overridden in a derived class, writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

public:
 abstract void WriteCData(System::String ^ text);
public abstract void WriteCData (string text);
abstract member WriteCData : string -> unit
Public MustOverride Sub WriteCData (text As String)

パラメーター

text
String

CDATA ブロック内に配置するテキスト。The text to place inside the CDATA block.

例外

テキストは、非整形式の XML ドキュメントになります。The text would result in a non-well formed XML document.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

textnull または String.Emptyの場合、このメソッドは空の CDATA ブロックを書き込みます。たとえば <![CDATA []If text is either null or String.Empty, this method writes an empty CDATA block, for example <![CDATA[]

適用対象