XmlWriter.WriteEndAttribute メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、前の WriteStartAttribute(String, String) 呼び出しを閉じます。When overridden in a derived class, closes the previous WriteStartAttribute(String, String) call.

public:
 abstract void WriteEndAttribute();
public abstract void WriteEndAttribute ();
abstract member WriteEndAttribute : unit -> unit
Public MustOverride Sub WriteEndAttribute ()

例外

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

WriteStartAttributeを呼び出す場合は、このメソッドを使用して属性を閉じることができます。If you call WriteStartAttribute, you can close the attribute with this method.

もう一度 WriteStartAttribute を呼び出して、WriteAttributeStringを呼び出すか、WriteEndElementを呼び出すことによって、属性を閉じることもできます。You can also close the attribute by calling WriteStartAttribute again, calling WriteAttributeString, or calling WriteEndElement.

注意

XmlWriter メソッドを使用して XML を出力する場合、Close メソッドを呼び出すまで、要素と属性は書き込まれません。When you use the XmlWriter methods to output XML, the elements and attributes will not be written until you call the Close method. たとえば、XmlWriter を使用して XmlDocumentを設定している場合、XmlWriterを閉じるまで、ターゲットドキュメント内の記述された要素と属性を確認することはできません。For example, if you are using the XmlWriter to populate an XmlDocument, until you close the XmlWriter, you will not be able to observe the written elements and attributes in the target document.

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteEndAttributeAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteEndAttributeAsync.

適用対象