XmlWriter.WriteEndElementAsync メソッド

定義

1 つの要素を非同期に閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。Asynchronously closes one element and pops the corresponding namespace scope.

public:
 virtual System::Threading::Tasks::Task ^ WriteEndElementAsync();
public virtual System.Threading.Tasks.Task WriteEndElementAsync ();
abstract member WriteEndElementAsync : unit -> System.Threading.Tasks.Task
override this.WriteEndElementAsync : unit -> System.Threading.Tasks.Task
Public Overridable Function WriteEndElementAsync () As Task

戻り値

Task

非同期の WriteEndElement 操作を表すタスク。The task that represents the asynchronous WriteEndElement operation.

例外

先行の非同期操作が完了する前に、 XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

または-or-

XmlWriter フラグを Async に設定せずに、 true非同期メソッドが呼び出されました。An XmlWriter asynchronous method was called without setting the Async flag to true. この場合、非同期メソッドを使用するには XmlWriterSettings.Async を true に設定する必要があることを示すメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "Set XmlWriterSettings.Async to true if you want to use Async Methods."

注釈

これは WriteEndElementの非同期バージョンであり、同じ機能を備えています。This is the asynchronous version of WriteEndElement, with the same functionality. このメソッドを使用するには、Async フラグを trueに設定する必要があります。To use this method, you must set the Async flag to true.

適用対象

こちらもご覧ください