XmlWriter.WriteNmToken(String) メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前を書き込み、その名前が W3C 勧告『XML 1.0』(https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な NmToken であるようにします。When overridden in a derived class, writes out the specified name, ensuring it is a valid NmToken according to the W3C XML 1.0 recommendation (https://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

public:
 abstract void WriteNmToken(System::String ^ name);
public abstract void WriteNmToken (string name);
abstract member WriteNmToken : string -> unit
Public MustOverride Sub WriteNmToken (name As String)

パラメーター

name
String

書き込む名前。The name to write.

例外

name が有効な NmToken ではありません。または、namenull または String.Empty です。name is not a valid NmToken; or name is either null or String.Empty.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteNmTokenAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteNmTokenAsync.

適用対象