XmlWriter.WriteRaw メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされると、生のマークアップを手動で書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually.

オーバーロード

WriteRaw(String)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字列から生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a string.

WriteRaw(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字バッファーから生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a character buffer.

注釈

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteRawAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteRawAsync.

WriteRaw(String)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字列から生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a string.

public:
 abstract void WriteRaw(System::String ^ data);
public abstract void WriteRaw (string data);
abstract member WriteRaw : string -> unit
Public MustOverride Sub WriteRaw (data As String)

パラメーター

data
String

書き込むテキストを格納している文字列。String containing the text to write.

例外

datanull または String.Empty です。data is either null or String.Empty.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

このメソッドの使用例については、「XmlTextWriter.WriteRaw」を参照してください。See XmlTextWriter.WriteRaw for an example using this method.

注釈

このメソッドは、特殊文字をエスケープしません。This method does not escape special characters.

重要

XmlWriter は、WriteRaw メソッドに渡されるデータを検証しません。The XmlWriter does not validate the data that is passed to the WriteRaw method. このメソッドには、任意のデータを渡すことはできません。You should not pass arbitrary data to this method.

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteRawAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteRawAsync.

WriteRaw(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字バッファーから生のマークアップを書き込みます。When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a character buffer.

public:
 abstract void WriteRaw(cli::array <char> ^ buffer, int index, int count);
public abstract void WriteRaw (char[] buffer, int index, int count);
abstract member WriteRaw : char[] * int * int -> unit
Public MustOverride Sub WriteRaw (buffer As Char(), index As Integer, count As Integer)

パラメーター

buffer
Char[]

書き込むテキストを格納している文字配列。Character array containing the text to write.

index
Int32

書き込むテキストの開始を示すバッファー内の位置。The position within the buffer indicating the start of the text to write.

count
Int32

書き込む文字数。The number of characters to write.

例外

buffernull です。buffer is null.

index または count が 0 未満です。index or count is less than zero.

- または --or- バッファーの長さから index を引いた値が count 未満です。The buffer length minus index is less than count.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

このメソッドは、特殊文字をエスケープしません。This method does not escape special characters.

重要

XmlWriter は、WriteRaw メソッドに渡されるデータを検証しません。The XmlWriter does not validate the data that is passed to the WriteRaw method. このメソッドには、任意のデータを渡すことはできません。You should not pass arbitrary data to this method.

このメソッドの非同期バージョンについては、「WriteRawAsync」を参照してください。For the asynchronous version of this method, see WriteRawAsync.

適用対象