XmlWriter.WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) XmlWriter.WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) XmlWriter.WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) XmlWriter.WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) Method

定義

派生クラスでオーバーライドされると、サロゲート文字ペアのサロゲート文字エンティティを生成し、書き込みます。When overridden in a derived class, generates and writes the surrogate character entity for the surrogate character pair.

public:
 abstract void WriteSurrogateCharEntity(char lowChar, char highChar);
public abstract void WriteSurrogateCharEntity (char lowChar, char highChar);
abstract member WriteSurrogateCharEntity : char * char -> unit
Public MustOverride Sub WriteSurrogateCharEntity (lowChar As Char, highChar As Char)

パラメーター

lowChar
Char Char Char Char

下位サロゲート。The low surrogate. この値は、0xDC00 から 0xDFFF の範囲内にある必要があります。This must be a value between 0xDC00 and 0xDFFF.

highChar
Char Char Char Char

上位サロゲート。The high surrogate. この値は、0xD800 から 0xDBFF の範囲内にある必要があります。This must be a value between 0xD800 and 0xDBFF.

例外

無効なサロゲート文字ペアが渡されました。An invalid surrogate character pair was passed.

先行の非同期操作が完了する前に、XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

このメソッドは、utf-16 エンコードを使用するシステムに該当するだけです。This method is only applicable on systems that use UTF-16 encoding.

サロゲート文字エンティティは、16 進数形式で記述されます。The surrogate character entity is written in hexadecimal format. サロゲート文字の範囲は、#x10ffff #x10000 です。The range for surrogate characters is #x10000 to #x10FFFF. 次の数式はサロゲート文字エンティティを生成するために使用します (highChar -0xD800) * 0x400 + (lowChar -0xDC00) + 0x10000。The following formula is used to generate the surrogate character entity: (highChar -0xD800) * 0x400 + (lowChar -0xDC00) + 0x10000

HTML および XML の両方のドキュメントの文字セット (および、したがって数値文字参照の表記) に基づきます UCS [ISO 10646]。For both HTML and XML, the document character set (and therefore the notation of numeric character references) is based on UCS [ISO-10646]. ソース ドキュメント内の 1 つの数字参照可能性がありますしたがって場合によっては対応 (上位サロゲートと下位サロゲート)、文字列内の 2 つの 16 ビット単位。A single numeric character reference in a source document may therefore in some cases correspond to two 16-bit units in a string (a high surrogate and a low surrogate). これらの 16 ビット単位は、サロゲート ペアと呼ばれます。These 16-bit units are referred to as a surrogate pair.

サロゲートまたは文字の詳細については、標準 3.0/Unicode 2.0 にある、Unicode のセクション 3.7 を参照してくださいhttps://www.unicode.org、または2.2、W3C XML 1.0 勧告のセクションします。For more information regarding surrogates or characters, refer to section 3.7 of the Unicode 3.0/Unicode 2.0 standard located at https://www.unicode.org, or section 2.2 of the W3C XML 1.0 Recommendation.

このメソッドの非同期バージョンを参照してください。WriteSurrogateCharEntityAsyncします。For the asynchronous version of this method, see WriteSurrogateCharEntityAsync.

適用対象