XmlWriter.XmlSpace プロパティ

定義

派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:space スコープを表す XmlSpace を取得します。When overridden in a derived class, gets an XmlSpace representing the current xml:space scope.

public:
 virtual property System::Xml::XmlSpace XmlSpace { System::Xml::XmlSpace get(); };
public:
 abstract property System::Xml::XmlSpace XmlSpace { System::Xml::XmlSpace get(); };
public virtual System.Xml.XmlSpace XmlSpace { get; }
public abstract System.Xml.XmlSpace XmlSpace { get; }
member this.XmlSpace : System.Xml.XmlSpace
Public Overridable ReadOnly Property XmlSpace As XmlSpace
Public MustOverride ReadOnly Property XmlSpace As XmlSpace

プロパティ値

XmlSpace

現在の XmlSpace スコープを表す xml:spaceAn XmlSpace representing the current xml:space scope.

Value 意味Meaning
None xml:space スコープが存在しない場合は、これが既定値になります。This is the default if no xml:space scope exists.
Default 現在のスコープは、xml:space="default" です。The current scope is xml:space="default".
Preserve 現在のスコープは、xml:space="preserve" です。The current scope is xml:space="preserve".

例外

先行の非同期操作が完了する前に、 XmlWriter メソッドが呼び出されました。An XmlWriter method was called before a previous asynchronous operation finished. この場合、「非同期操作が既に実行されています」というメッセージと共に InvalidOperationException がスローされます。In this case, InvalidOperationException is thrown with the message "An asynchronous operation is already in progress."

注釈

これにより、1つのコンポーネントが、別のコンポーネントによってライターがどのような状態になったかを調べることができます。This allows one component to find out what state another component has left the writer in.

適用対象