XmlWriter XmlWriter XmlWriter XmlWriter Class

定義

XML データが格納されたストリームまたはファイルを、高速かつ非キャッシュで前方のみに生成する方法を提供するライターを表します。 Represents a writer that provides a fast, non-cached, forward-only way to generate streams or files that contain XML data.

public ref class XmlWriter abstract : IDisposable
public abstract class XmlWriter : IDisposable
type XmlWriter = class
    interface IDisposable
Public MustInherit Class XmlWriter
Implements IDisposable
継承
XmlWriterXmlWriterXmlWriterXmlWriter
派生
実装

次のコード例では、非同期 API を使用して XML を生成する方法を示します。The following example code shows how to use the asynchronous API to generate XML.

async Task TestWriter(Stream stream)   
{  
    XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();  
    settings.Async = true;  

    using (XmlWriter writer = XmlWriter.Create(stream, settings)) {  
        await writer.WriteStartElementAsync("pf", "root", "http://ns");  
        await writer.WriteStartElementAsync(null, "sub", null);  
        await writer.WriteAttributeStringAsync(null, "att", null, "val");  
        await writer.WriteStringAsync("text");  
        await writer.WriteEndElementAsync();  
        await writer.WriteProcessingInstructionAsync("pName", "pValue");  
        await writer.WriteCommentAsync("cValue");  
        await writer.WriteCDataAsync("cdata value");  
        await writer.WriteEndElementAsync();  
        await writer.FlushAsync();  
    }  
}  

注釈

XmlWriterクラスは、XML データをストリーム、ファイル、テキスト リーダー、または文字列を書き込みます。The XmlWriter class writes XML data to a stream, file, text reader, or string. W3C がサポートしているExtensible Markup Language (XML) 1.0 (fourth edition)Namespaces in XML 1.0 (第 3 版)の推奨事項。It supports the W3C Extensible Markup Language (XML) 1.0 (fourth edition) and Namespaces in XML 1.0 (third edition) recommendations.

メンバー、XmlWriterクラスを有効にします。The members of the XmlWriter class enable you to:

  • 文字が有効な XML 文字かどうか、要素名と属性名が有効な XML 名かどうかを確認します。Verify that the characters are legal XML characters and that element and attribute names are valid XML names.

  • XML ドキュメントが整形式かどうかを確認します。Verify that the XML document is well-formed.

  • バイナリ バイトを Base64 または BinHex としてエンコードし、後のテキストを記述します。Encode binary bytes as Base64 or BinHex, and write out the resulting text.

  • 共通言語ランタイム型を手動で値の変換を実行することを回避するために、文字列ではなくを使用して値を渡します。Pass values by using common language runtime types instead of strings, to avoid having to manually perform value conversions.

  • 複数のドキュメントを 1 つの出力ストリームに書き込みます。Write multiple documents to one output stream.

  • 有効な名前、修飾された名前、および名前トークンを書き込みます。Write valid names, qualified names, and name tokens.

このセクションの内容:In this section:

XML ライターを作成します。 Creating an XML writer
出力形式を指定します。 Specifying the output format
データの一致 Data conformance
要素の書き込み Writing elements
属性の記述 Writing attributes
名前空間の処理 Handling namespaces
型指定されたデータの書き込み Writing typed data
XML ライターを閉じる Closing the XML writer
非同期プログラミング Asynchronous programming
セキュリティに関する考慮事項Security considerations

XML ライターを作成します。Creating an XML writer

作成する、XmlWriterインスタンスを使用して、XmlWriter.Createメソッド。To create an XmlWriter instance, use the XmlWriter.Create method. XML ライターを有効にする機能のセットを指定するには、渡す、XmlWriterSettingsCreateメソッド。To specify the set of features you want to enable on the XML writer, pass an XmlWriterSettings to the Create method. それ以外の場合、既定の設定が使用されます。Otherwise, default settings are used. 参照してください、Create詳細ページを参照します。See the Create reference pages for details.

出力形式を指定します。Specifying the output format

XmlWriterSettingsクラスには、制御するいくつかのプロパティが含まれています。 どのXmlWriter出力が書式設定。The XmlWriterSettings class includes several properties that control how XmlWriter output is formatted:

プロパティProperty 説明Description
Encoding 使用するテキスト エンコーディングを指定します。Specifies the text encoding to use. 既定値は、Encoding.UTF8 です。The default is Encoding.UTF8.
Indent 要素をインデントするかどうかを示します。Indicates whether to indent elements. 既定値はfalse(インデント設定)。The default is false (no indentation).
IndentChars インデントに使用する文字列を指定します。Specifies the character string to use when indenting. 既定値は 2 つのスペースです。The default is two spaces.
NewLineChars 改行に使用する文字列を指定します。Specifies the character string to use for line breaks. 既定値は \r\n (キャリッジ リターン、ライン フィード) です。The default is \r\n (carriage return, line feed).
NewLineHandling 改行文字を処理する方法を指定します。Specifies how to handle newline characters.
NewLineOnAttributes 新しい行に属性を書き込むかどうかを示します。Indicates whether to write attributes on a new line. このプロパティを使用するときは、Indenttrue に設定する必要があります。Indent should be set to true when using this property. 既定値は、false です。The default is false.
OmitXmlDeclaration XML 宣言を書き込むかどうかを示します。Indicates whether to write an XML declaration. 既定値は、false です。The default is false.

Indent および IndentChars プロパティによって、意味のない空白の書式設定方法が制御されます。The Indent and IndentChars properties control how insignificant white space is formatted. たとえば、要素ノードにインデントを設定します。For example, to indent element nodes:

XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
settings.Indent = true;
settings.IndentChars = "\t";
XmlWriter writer = XmlWriter.Create("books.xml", settings);
Dim settings As New XmlWriterSettings()
settings.Indent = True
settings.IndentChars = vbTab
Dim writer As XmlWriter = XmlWriter.Create("books.xml", settings)

使用して、 NewLineOnAttributes 1 インデントのレベルで新しい行に各属性を記述します。Use the NewLineOnAttributes to write each attribute on a new line with one extra level of indentation:

XmlWriterSettings settings = new XmlWriterSettings();
settings.Indent = true;
settings.NewLineOnAttributes = true;
XmlWriter writer = XmlWriter.Create("books.xml", settings);
Dim settings As New XmlWriterSettings()
settings.Indent = True
settings.NewLineOnAttributes = True
Dim writer As XmlWriter = XmlWriter.Create("books.xml", settings)

データの一致Data conformance

XML ライターから 2 つのプロパティを使用して、XmlWriterSettingsクラス データの一致を確認します。An XML writer uses two properties from the XmlWriterSettings class to check for data conformance:

  • CheckCharactersプロパティの文字をチェックし、スローする XML ライターに指示をXmlException任意の文字は、W3C によって定義された、法律の範囲外は場合は例外です。The CheckCharacters property instructs the XML writer to check characters and throw an XmlException exception if any characters are outside the legal range, as defined by the W3C.

  • ConformanceLevelプロパティが書き込まれるストリームが整形式 XML 1.0 ドキュメントまたはドキュメント フラグメントの規則に準拠している、W3C によって定義されているを確認する XML ライターを構成します。The ConformanceLevel property configures the XML writer to check that the stream being written complies with the rules for a well-formed XML 1.0 document or document fragment, as defined by the W3C. 次の表は、次の 3 つの準拠レベルを説明します。The three conformance levels are described in the following table. 既定値は、Document です。The default is Document. 詳細については、次を参照してください。、XmlWriterSettings.ConformanceLevelプロパティおよびSystem.Xml.ConformanceLevel列挙体。For details, see the XmlWriterSettings.ConformanceLevel property and the System.Xml.ConformanceLevel enumeration.

    レベルLevel 説明Description
    Document XML 出力では、整形式 XML 1.0 ドキュメントの規則に準拠しているし、準拠したすべてのプロセッサによって処理されることができます。The XML output conforms to the rules for a well-formed XML 1.0 document and can be processed by any conforming processor.
    Fragment XML 出力は、整形式 XML 1.0 ドキュメント フラグメントの規則に準拠しています。The XML output conforms to the rules for a well-formed XML 1.0 document fragment.
    Auto XML ライターは、確認のチェックを適用 (ドキュメントまたはフラグメント)、受信データに基づくのレベルを決定します。The XML writer determines which level of conformation checking to apply (document or fragment) based on the incoming data.

要素の書き込みWriting elements

以下を使用するXmlWriter要素ノードを記述するメソッド。You can use the following XmlWriter methods to write element nodes. 例については、メソッドの一覧を参照してください。For examples, see the methods listed.

使用Use 終了To
WriteElementString 文字列値も含め、全体の要素ノードを記述します。Write an entire element node, including a string value.
WriteStartElement 複数のメソッドを使用して要素の値を記述するには、次のように呼び出します。To write an element value by using multiple method calls. たとえば、WriteValue を呼び出して、型指定された値を書き込んだり、WriteCharEntity を呼び出して文字エンティティを書き込んだり、WriteAttributeString を呼び出して 1 つの属性を書き込んだり、子要素を書き込んだりすることができます。For example, you can call WriteValue to write a typed value, WriteCharEntity to write a character entity, WriteAttributeString to write an attribute, or you can write a child element. これはより高度なバージョンのWriteElementStringメソッド。This is a more sophisticated version of the WriteElementString method.

要素を閉じるを呼び出す、WriteEndElementまたはWriteFullEndElementメソッド。To close the element, you call the WriteEndElement or WriteFullEndElement method.
WriteNode 現在の位置にある要素ノードをコピーする、XmlReaderまたはXPathNavigatorオブジェクト。To copy an element node found at the current position of an XmlReader or XPathNavigator object. 呼び出されると、ソース オブジェクトからすべてを XmlWriter インスタンスにコピーします。When called, it copies everything from the source object to the XmlWriter instance.

属性の記述Writing attributes

以下を使用するXmlWriter要素ノードに属性を書き込む方法。You can use the following XmlWriter methods to write attributes on element nodes. 次のセクションで説明したように、要素に名前空間宣言を作成するこれらのメソッドを使用こともできます。These methods can also be used to create namespace declarations on an element, as discussed in the next section.

使用Use 終了To
WriteAttributeString 文字列値も含め、全体の属性ノードを書き込む。To write an entire attribute node, including a string value.
WriteStartAttribute 複数のメソッドを使用して属性値を記述するには、次のように呼び出します。To write the attribute value using multiple method calls. たとえば、呼び出すWriteValueに型指定された値を書き込みます。For example, you can call WriteValue to write a typed value. これはより高度なバージョンのWriteElementStringメソッド。This is a more sophisticated version of the WriteElementString method.

要素を閉じるを呼び出す、WriteEndAttributeメソッド。To close the element, you call the WriteEndAttribute method.
WriteAttributes 現在の位置で見つかったすべての属性をコピーする、XmlReaderオブジェクト。To copy all the attributes found at the current position of an XmlReader object. 書き込まれる属性は、リーダーが現在位置にあるノードの種類によって異なります。The attributes that are written depend on the type of node the reader is currently positioned on:

属性ノードの現在の属性から、書き込みます属性の残りの部分要素の終了タグまで。- For an attribute node, it writes the current attribute, and then the rest of the attributes until the element closing tag.
要素ノードの要素に含まれるすべての属性を書き込みます。- For an element node, it writes all attributes contained by the element.
-XML 宣言ノードに対しては、宣言ですべての属性を書き込みます。- For an XML declaration node, it writes all the attributes in the declaration.
-その他のすべてのノード型のメソッドは例外をスローします。- For all other node types, the method throws an exception.

名前空間の処理Handling namespaces

名前空間は、XML ドキュメント内の要素名と属性名を修飾するために使用されます。Namespaces are used to qualify element and attribute names in an XML document. Namespace プレフィックスは、さらに、URI 参照に関連付けられた名前空間を持つ要素と属性を関連付けます。Namespace prefixes associate elements and attributes with namespaces, which are in turn associated with URI references. 名前空間は、XML ドキュメントの中の要素名と属性名を一意にします。Namespaces create element and attribute name uniqueness in an XML document.

XmlWriter現在の名前空間スコープで定義されているすべての名前空間に対応する名前空間スタックを保持します。The XmlWriter maintains a namespace stack that corresponds to all the namespaces defined in the current namespace scope. 要素および属性の書き込み時には、次の方法で名前空間を使用できます。When writing elements and attributes you can utilize namespaces in the following ways:

  • 使用して手動で名前空間を宣言、WriteAttributeStringメソッド。Declare namespaces manually by using the WriteAttributeString method. これは、名前空間宣言の個数を最適化する方法がわかっているときに役立つ場合があります。This can be useful when you know how to best optimize the number of namespace declarations. 例については、次を参照してください。、WriteAttributeString(String, String, String, String)メソッド。For an example, see the WriteAttributeString(String, String, String, String) method.

  • 現在の名前空間宣言を新しい名前空間でオーバーライドする。Override the current namespace declaration with a new namespace. 次のコードで、WriteAttributeStringメソッド名前空間 URI の変更の"x"からプレフィックス"123""abc"In the following code, the WriteAttributeString method changes the namespace URI for the "x" prefix from "123" to "abc".

    writer.WriteStartElement("x", "root", "123");
    writer.WriteStartElement("item");
    writer.WriteAttributeString("xmlns", "x", null, "abc");
    writer.WriteEndElement();
    writer.WriteEndElement();
    
    writer.WriteStartElement("x", "root", "123")
    writer.WriteStartElement("item")
    writer.WriteAttributeString("xmlns", "x", Nothing, "abc")
    writer.WriteEndElement()
    writer.WriteEndElement()
    

    このコードは、次の XML 文字列を生成します。The code generates the following XML string:

    <x:root xmlns:x="123">  
      <item xmlns:x="abc" />  
    </x:root>  
    
  • 属性または要素の書き込み時に名前空間プレフィックスを指定する。Specify a namespace prefix when writing attributes or elements. 多くの要素と属性を書き込むために使用する方法は、これを行う有効にします。Many of the methods used to write element and attributes enable you to do this. たとえば、WriteStartElement(String, String, String)メソッドが開始タグを書き込み、指定した名前空間とプレフィックスに関連付けます。For example, the WriteStartElement(String, String, String) method writes a start tag and associates it with a specified namespace and prefix.

型指定されたデータの書き込みWriting typed data

WriteValueメソッドが共通言語ランタイム (CLR) オブジェクトを受け取ります、入力値を XML スキーマ定義言語 (XSD) データ型変換規則に従って文字列形式に変換およびを使用して書き出します、WriteStringメソッド。The WriteValue method accepts a common language runtime (CLR) object, converts the input value to its string representation according to XML schema definition language (XSD) data type conversion rules, and writes it out by using the WriteString method. これは、メソッドを使用してより簡単、XmlConvert書き出す前に、文字列値に型指定されたデータを変換するクラス。This is easier than using the methods in the XmlConvert class to convert the typed data to a string value before writing it out.

使用して、型指定された値がテキストにシリアル化のテキストを書き込むときに、XmlConvertスキーマの種類の規則。When writing to text, the typed value is serialized to text by using the XmlConvert rules for that schema type.

CLR 型に対応する既定の XSD データ型を参照してください、WriteValueメソッド。For default XSD data types that correspond to CLR types, see the WriteValue method.

XmlWriter XML データ ストアへの書き込みにも使用できます。The XmlWriter can also be used to write to an XML data store. たとえば、XPathNavigator クラスは XmlWriter オブジェクトを作成して、XmlDocument オブジェクト用のノードを作成できます。For example, the XPathNavigator class can create an XmlWriter object to create nodes for an XmlDocument object. データ ストアに、利用可能なスキーマ情報がある場合、WriteValueメソッドが許可されていない型に変換しようとする場合、例外をスローします。データ ストアが利用可能になりますが、スキーマ情報を持っていない場合、WriteValueメソッドはすべての値として扱います、xsd:anySimpleType型。If the data store has schema information available to it, the WriteValue method throws an exception if you try to convert to a type that is not allowed.If the data store does not have schema information available to it, the WriteValue method treats all values as an xsd:anySimpleType type.

XML ライターを閉じるClosing the XML writer

使用するとXmlWriterを呼び出すまで、XML、要素および属性を出力するメソッドは書き込まれません、Closeメソッド。When you use XmlWriter methods to output XML, the elements and attributes are not written until you call the Close method. 使用している場合など、XmlWriterを設定する、XmlDocumentオブジェクトを終了するまでに書き込まれた要素とターゲット ドキュメントに属性を表示することはできません、XmlWriterインスタンス。For example, if you are using XmlWriter to populate an XmlDocument object, you won't be able to see the written elements and attributes in the target document until you close the XmlWriter instance.

非同期プログラミングAsynchronous programming

ほとんどのXmlWriterメソッドをメソッド名の末尾に"Async"を持つ対応する非同期があります。Most of the XmlWriter methods have asynchronous counterparts that have "Async" at the end of their method names. たとえば、非同期と同等のWriteAttributeStringWriteAttributeStringAsyncします。For example, the asynchronous equivalent of WriteAttributeString is WriteAttributeStringAsync.

WriteValueメソッドは、非同期の対応は、戻り値を文字列に変換およびを使用して、WriteStringAsyncメソッド代わりにします。For the WriteValue method, which doesn't have an asynchronous counterpart, convert the return value to a string and use the WriteStringAsync method instead.

セキュリティの考慮事項Security considerations

使用する場合は、次を検討してください、XmlWriterクラス。Consider the following when working with the XmlWriter class:

  • によってスローされた例外、XmlWriterたくないパス情報が満載のアプリを開示することができます。Exceptions thrown by the XmlWriter can disclose path information that you do not want bubbled up to the app. アプリは、例外をキャッチし、適切に処理する必要があります。Your app must catch exceptions and process them appropriately.

  • XmlWriter 渡されるすべてのデータを検証しません、WriteDocTypeまたはWriteRawメソッド。XmlWriter does not validate any data that is passed to the WriteDocType or WriteRaw method. これらのメソッドに、任意のデータを渡さないでください。You should not pass arbitrary data to these methods.

コンストラクター

XmlWriter() XmlWriter() XmlWriter() XmlWriter()

XmlWriter クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the XmlWriter class.

プロパティ

Settings Settings Settings Settings

この XmlWriter インスタンスを作成するために使用された XmlWriterSettings オブジェクトを取得します。 Gets the XmlWriterSettings object used to create this XmlWriter instance.

WriteState WriteState WriteState WriteState

派生クラスでオーバーライドされると、ライターの状態を取得します。 When overridden in a derived class, gets the state of the writer.

XmlLang XmlLang XmlLang XmlLang

派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:lang スコープを取得します。 When overridden in a derived class, gets the current xml:lang scope.

XmlSpace XmlSpace XmlSpace XmlSpace

派生クラスでオーバーライドされると、現在の xml:space スコープを表す XmlSpace を取得します。 When overridden in a derived class, gets an XmlSpace representing the current xml:space scope.

方法

Close() Close() Close() Close()

派生クラスでオーバーライドされると、このストリームと基になるストリームを閉じます。 When overridden in a derived class, closes this stream and the underlying stream.

Create(Stream) Create(Stream) Create(Stream) Create(Stream)

指定されたストリームを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified stream.

Create(Stream, XmlWriterSettings) Create(Stream, XmlWriterSettings) Create(Stream, XmlWriterSettings) Create(Stream, XmlWriterSettings)

ストリームと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the stream and XmlWriterSettings object.

Create(String) Create(String) Create(String) Create(String)

指定されたファイル名を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified filename.

Create(String, XmlWriterSettings) Create(String, XmlWriterSettings) Create(String, XmlWriterSettings) Create(String, XmlWriterSettings)

ファイル名と XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the filename and XmlWriterSettings object.

Create(StringBuilder) Create(StringBuilder) Create(StringBuilder) Create(StringBuilder)

指定された StringBuilder を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified StringBuilder.

Create(StringBuilder, XmlWriterSettings) Create(StringBuilder, XmlWriterSettings) Create(StringBuilder, XmlWriterSettings) Create(StringBuilder, XmlWriterSettings)

StringBuilder オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the StringBuilder and XmlWriterSettings objects.

Create(TextWriter) Create(TextWriter) Create(TextWriter) Create(TextWriter)

指定された TextWriter を使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified TextWriter.

Create(TextWriter, XmlWriterSettings) Create(TextWriter, XmlWriterSettings) Create(TextWriter, XmlWriterSettings) Create(TextWriter, XmlWriterSettings)

TextWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the TextWriter and XmlWriterSettings objects.

Create(XmlWriter) Create(XmlWriter) Create(XmlWriter) Create(XmlWriter)

指定された XmlWriter オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified XmlWriter object.

Create(XmlWriter, XmlWriterSettings) Create(XmlWriter, XmlWriterSettings) Create(XmlWriter, XmlWriterSettings) Create(XmlWriter, XmlWriterSettings)

指定された XmlWriter オブジェクトと XmlWriterSettings オブジェクトを使用して新しい XmlWriter インスタンスを作成します。 Creates a new XmlWriter instance using the specified XmlWriter and XmlWriterSettings objects.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

XmlWriter クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。 Releases all resources used by the current instance of the XmlWriter class.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

XmlWriter によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。 Releases the unmanaged resources used by the XmlWriter and optionally releases the managed resources.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
Flush() Flush() Flush() Flush()

派生クラスでオーバーライドされると、バッファー内のデータをすべて基になるストリームにフラッシュし、基になるストリームもフラッシュします。 When overridden in a derived class, flushes whatever is in the buffer to the underlying streams and also flushes the underlying stream.

FlushAsync() FlushAsync() FlushAsync() FlushAsync()

バッファー内のデータをすべて基になるストリームに非同期にフラッシュし、基になるストリームもフラッシュします。 Asynchronously flushes whatever is in the buffer to the underlying streams and also flushes the underlying stream.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
LookupPrefix(String) LookupPrefix(String) LookupPrefix(String) LookupPrefix(String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前空間 URI の現在の名前空間スコープで定義された最も近いプリフィックスを返します。 When overridden in a derived class, returns the closest prefix defined in the current namespace scope for the namespace URI.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
WriteAttributes(XmlReader, Boolean) WriteAttributes(XmlReader, Boolean) WriteAttributes(XmlReader, Boolean) WriteAttributes(XmlReader, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、XmlReader の現在の位置で見つかったすべての属性を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out all the attributes found at the current position in the XmlReader.

WriteAttributesAsync(XmlReader, Boolean) WriteAttributesAsync(XmlReader, Boolean) WriteAttributesAsync(XmlReader, Boolean) WriteAttributesAsync(XmlReader, Boolean)

XmlReader の現在の位置で見つかったすべての属性を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out all the attributes found at the current position in the XmlReader.

WriteAttributeString(String, String) WriteAttributeString(String, String) WriteAttributeString(String, String) WriteAttributeString(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名と値の属性を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out the attribute with the specified local name and value.

WriteAttributeString(String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名、名前空間 URI、および値の属性を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes an attribute with the specified local name, namespace URI, and value.

WriteAttributeString(String, String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String, String) WriteAttributeString(String, String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したプリフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値の属性を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out the attribute with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

WriteAttributeStringAsync(String, String, String, String) WriteAttributeStringAsync(String, String, String, String) WriteAttributeStringAsync(String, String, String, String) WriteAttributeStringAsync(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して属性を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out the attribute with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

WriteBase64(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したバイナリ バイトを Base64 としてエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。 When overridden in a derived class, encodes the specified binary bytes as Base64 and writes out the resulting text.

WriteBase64Async(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64Async(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64Async(Byte[], Int32, Int32) WriteBase64Async(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイナリ バイトを base64 として非同期にエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。 Asynchronously encodes the specified binary bytes as Base64 and writes out the resulting text.

WriteBinHex(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHex(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHex(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHex(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたバイナリ バイトを BinHex としてエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。 When overridden in a derived class, encodes the specified binary bytes as BinHex and writes out the resulting text.

WriteBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteBinHexAsync(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイナリ バイトを BinHex として非同期にエンコードし、その結果生成されるテキストを書き込みます。 Asynchronously encodes the specified binary bytes as BinHex and writes out the resulting text.

WriteCData(String) WriteCData(String) WriteCData(String) WriteCData(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキストを含む <![CDATA[...]]> ブロックを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

WriteCDataAsync(String) WriteCDataAsync(String) WriteCDataAsync(String) WriteCDataAsync(String)

指定したテキストを格納する <![CDATA[...]]> ブロックを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out a <![CDATA[...]]> block containing the specified text.

WriteCharEntity(Char) WriteCharEntity(Char) WriteCharEntity(Char) WriteCharEntity(Char)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した Unicode 文字値の文字エンティティを強制的に生成します。 When overridden in a derived class, forces the generation of a character entity for the specified Unicode character value.

WriteCharEntityAsync(Char) WriteCharEntityAsync(Char) WriteCharEntityAsync(Char) WriteCharEntityAsync(Char)

指定した Unicode 文字値の文字エンティティを非同期に強制的に生成します。 Asynchronously forces the generation of a character entity for the specified Unicode character value.

WriteChars(Char[], Int32, Int32) WriteChars(Char[], Int32, Int32) WriteChars(Char[], Int32, Int32) WriteChars(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、一度に 1 つのバッファーにテキストを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes text one buffer at a time.

WriteCharsAsync(Char[], Int32, Int32) WriteCharsAsync(Char[], Int32, Int32) WriteCharsAsync(Char[], Int32, Int32) WriteCharsAsync(Char[], Int32, Int32)

一度に 1 つのバッファーにテキストを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes text one buffer at a time.

WriteComment(String) WriteComment(String) WriteComment(String) WriteComment(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキストを格納している <!--...--> コメントを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out a comment <!--...--> containing the specified text.

WriteCommentAsync(String) WriteCommentAsync(String) WriteCommentAsync(String) WriteCommentAsync(String)

指定したテキストを含むコメント <!--...--> を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out a comment <!--...--> containing the specified text.

WriteDocType(String, String, String, String) WriteDocType(String, String, String, String) WriteDocType(String, String, String, String) WriteDocType(String, String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前とオプションの属性を含む DOCTYPE 宣言を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes the DOCTYPE declaration with the specified name and optional attributes.

WriteDocTypeAsync(String, String, String, String) WriteDocTypeAsync(String, String, String, String) WriteDocTypeAsync(String, String, String, String) WriteDocTypeAsync(String, String, String, String)

指定された名前とオプション属性を使用して DOC 宣言を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes the DOCTYPE declaration with the specified name and optional attributes.

WriteElementString(String, String) WriteElementString(String, String) WriteElementString(String, String) WriteElementString(String, String)

指定されたローカル名および値を使用して要素を書き込みます。 Writes an element with the specified local name and value.

WriteElementString(String, String, String) WriteElementString(String, String, String) WriteElementString(String, String, String) WriteElementString(String, String, String)

指定されたローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を書き込みます。 Writes an element with the specified local name, namespace URI, and value.

WriteElementString(String, String, String, String) WriteElementString(String, String, String, String) WriteElementString(String, String, String, String) WriteElementString(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を書き込みます。 Writes an element with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

WriteElementStringAsync(String, String, String, String) WriteElementStringAsync(String, String, String, String) WriteElementStringAsync(String, String, String, String) WriteElementStringAsync(String, String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、名前空間 URI、および値を使用して要素を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes an element with the specified prefix, local name, namespace URI, and value.

WriteEndAttribute() WriteEndAttribute() WriteEndAttribute() WriteEndAttribute()

派生クラスでオーバーライドされると、前の WriteStartAttribute(String, String) 呼び出しを閉じます。 When overridden in a derived class, closes the previous WriteStartAttribute(String, String) call.

WriteEndAttributeAsync() WriteEndAttributeAsync() WriteEndAttributeAsync() WriteEndAttributeAsync()

前の WriteStartAttribute(String, String) 呼び出しを非同期に閉じます。 Asynchronously closes the previous WriteStartAttribute(String, String) call.

WriteEndDocument() WriteEndDocument() WriteEndDocument() WriteEndDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、開いている任意の要素または属性を閉じ、ライターを Start 状態に戻します。 When overridden in a derived class, closes any open elements or attributes and puts the writer back in the Start state.

WriteEndDocumentAsync() WriteEndDocumentAsync() WriteEndDocumentAsync() WriteEndDocumentAsync()

開いている要素または属性を非同期に閉じ、ライターを Start 状態に戻します。 Asynchronously closes any open elements or attributes and puts the writer back in the Start state.

WriteEndElement() WriteEndElement() WriteEndElement() WriteEndElement()

派生クラスでオーバーライドされると、1 つの要素を閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。 When overridden in a derived class, closes one element and pops the corresponding namespace scope.

WriteEndElementAsync() WriteEndElementAsync() WriteEndElementAsync() WriteEndElementAsync()

1 つの要素を非同期に閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。 Asynchronously closes one element and pops the corresponding namespace scope.

WriteEntityRef(String) WriteEntityRef(String) WriteEntityRef(String) WriteEntityRef(String)

派生クラスでオーバーライドされると、&name; などのエンティティ参照を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out an entity reference as &name;.

WriteEntityRefAsync(String) WriteEntityRefAsync(String) WriteEntityRefAsync(String) WriteEntityRefAsync(String)

エンティティ参照を &name; として非同期的に書き込みます。 Asynchronously writes out an entity reference as &name;.

WriteFullEndElement() WriteFullEndElement() WriteFullEndElement() WriteFullEndElement()

派生クラスでオーバーライドされると、1 つの要素を閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。 When overridden in a derived class, closes one element and pops the corresponding namespace scope.

WriteFullEndElementAsync() WriteFullEndElementAsync() WriteFullEndElementAsync() WriteFullEndElementAsync()

1 つの要素を非同期に閉じ、対応する名前空間スコープをポップします。 Asynchronously closes one element and pops the corresponding namespace scope.

WriteName(String) WriteName(String) WriteName(String) WriteName(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前を書き込み、その名前が W3C 勧告『XML 1.0』(http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な名前であるようにします。 When overridden in a derived class, writes out the specified name, ensuring it is a valid name according to the W3C XML 1.0 recommendation (http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

WriteNameAsync(String) WriteNameAsync(String) WriteNameAsync(String) WriteNameAsync(String)

指定した名前が W3C 勧告『XML 1.0』(http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な名前であることを確認し、それを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out the specified name, ensuring it is a valid name according to the W3C XML 1.0 recommendation (http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

WriteNmToken(String) WriteNmToken(String) WriteNmToken(String) WriteNmToken(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した名前を書き込み、その名前が W3C 勧告『XML 1.0』(http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な NmToken であるようにします。 When overridden in a derived class, writes out the specified name, ensuring it is a valid NmToken according to the W3C XML 1.0 recommendation (http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

WriteNmTokenAsync(String) WriteNmTokenAsync(String) WriteNmTokenAsync(String) WriteNmTokenAsync(String)

指定した名前が W3C 勧告『XML 1.0』(http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name)) に準拠した有効な NmToken であることを確認し、それを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out the specified name, ensuring it is a valid NmToken according to the W3C XML 1.0 recommendation (http://www.w3.org/TR/1998/REC-xml-19980210#NT-Name).

WriteNode(XmlReader, Boolean) WriteNode(XmlReader, Boolean) WriteNode(XmlReader, Boolean) WriteNode(XmlReader, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、リーダーのデータをすべてライターにコピーし、リーダーを次の兄弟の開始位置に移動します。 When overridden in a derived class, copies everything from the reader to the writer and moves the reader to the start of the next sibling.

WriteNode(XPathNavigator, Boolean) WriteNode(XPathNavigator, Boolean) WriteNode(XPathNavigator, Boolean) WriteNode(XPathNavigator, Boolean)

XPathNavigator オブジェクトからライターにすべてをコピーします。 Copies everything from the XPathNavigator object to the writer. XPathNavigator の位置は変更されません。 The position of the XPathNavigator remains unchanged.

WriteNodeAsync(XmlReader, Boolean) WriteNodeAsync(XmlReader, Boolean) WriteNodeAsync(XmlReader, Boolean) WriteNodeAsync(XmlReader, Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、リーダーのデータをすべてライターに非同期にコピーし、リーダーを次の兄弟の開始位置に移動します。 Asynchronously copies everything from the reader to the writer and moves the reader to the start of the next sibling.

WriteNodeAsync(XPathNavigator, Boolean) WriteNodeAsync(XPathNavigator, Boolean) WriteNodeAsync(XPathNavigator, Boolean) WriteNodeAsync(XPathNavigator, Boolean)

XPathNavigator オブジェクトのすべてをライターに非同期にコピーします。 Asynchronously copies everything from the XPathNavigator object to the writer. XPathNavigator の位置は変更されません。 The position of the XPathNavigator remains unchanged.

WriteProcessingInstruction(String, String) WriteProcessingInstruction(String, String) WriteProcessingInstruction(String, String) WriteProcessingInstruction(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前とテキストの間にスペースがある処理命令を、次のように非同期的に書き込みます: <?name text?>。 When overridden in a derived class, writes out a processing instruction with a space between the name and text as follows: <?name text?>.

WriteProcessingInstructionAsync(String, String) WriteProcessingInstructionAsync(String, String) WriteProcessingInstructionAsync(String, String) WriteProcessingInstructionAsync(String, String)

名前とテキストの間にスペースがある処理命令を、次のように非同期的に書き込みます: <?name text?>。 Asynchronously writes out a processing instruction with a space between the name and text as follows: <?name text?>.

WriteQualifiedName(String, String) WriteQualifiedName(String, String) WriteQualifiedName(String, String) WriteQualifiedName(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、名前空間の限定名を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out the namespace-qualified name. このメソッドは、指定した名前空間のスコープ内にあるプレフィックスを検索します。 This method looks up the prefix that is in scope for the given namespace.

WriteQualifiedNameAsync(String, String) WriteQualifiedNameAsync(String, String) WriteQualifiedNameAsync(String, String) WriteQualifiedNameAsync(String, String)

名前空間の修飾名を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out the namespace-qualified name. このメソッドは、指定した名前空間のスコープ内にあるプレフィックスを検索します。 This method looks up the prefix that is in scope for the given namespace.

WriteRaw(Char[], Int32, Int32) WriteRaw(Char[], Int32, Int32) WriteRaw(Char[], Int32, Int32) WriteRaw(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字バッファーから生のマークアップを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a character buffer.

WriteRaw(String) WriteRaw(String) WriteRaw(String) WriteRaw(String)

派生クラスでオーバーライドされると、手動で文字列から生のマークアップを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes raw markup manually from a string.

WriteRawAsync(Char[], Int32, Int32) WriteRawAsync(Char[], Int32, Int32) WriteRawAsync(Char[], Int32, Int32) WriteRawAsync(Char[], Int32, Int32)

文字バッファーから手動で生のマークアップを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes raw markup manually from a character buffer.

WriteRawAsync(String) WriteRawAsync(String) WriteRawAsync(String) WriteRawAsync(String)

文字列から手動で生のマークアップを非同期に書き込みます。 Asynchronously writes raw markup manually from a string.

WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String) WriteStartAttribute(String)

指定されたローカル名を使用して属性の開始を書き込みます。 Writes the start of an attribute with the specified local name.

WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String) WriteStartAttribute(String, String)

指定されたローカル名および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。 Writes the start of an attribute with the specified local name and namespace URI.

WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String) WriteStartAttribute(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定されたプリフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

WriteStartAttributeAsync(String, String, String) WriteStartAttributeAsync(String, String, String) WriteStartAttributeAsync(String, String, String) WriteStartAttributeAsync(String, String, String)

指定されたプレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して属性の開始を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes the start of an attribute with the specified prefix, local name, and namespace URI.

WriteStartDocument() WriteStartDocument() WriteStartDocument() WriteStartDocument()

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0".

WriteStartDocument(Boolean) WriteStartDocument(Boolean) WriteStartDocument(Boolean) WriteStartDocument(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、バージョン "1.0" の XML 宣言とスタンドアロン属性を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

WriteStartDocumentAsync() WriteStartDocumentAsync() WriteStartDocumentAsync() WriteStartDocumentAsync()

バージョン "1.0" で XML 宣言を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes the XML declaration with the version "1.0".

WriteStartDocumentAsync(Boolean) WriteStartDocumentAsync(Boolean) WriteStartDocumentAsync(Boolean) WriteStartDocumentAsync(Boolean)

バージョン "1.0" とスタントアロン属性を使用して XML 宣言を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes the XML declaration with the version "1.0" and the standalone attribute.

WriteStartElement(String) WriteStartElement(String) WriteStartElement(String) WriteStartElement(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したローカル名の開始タグを書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out a start tag with the specified local name.

WriteStartElement(String, String) WriteStartElement(String, String) WriteStartElement(String, String) WriteStartElement(String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間に関連付けます。 When overridden in a derived class, writes the specified start tag and associates it with the given namespace.

WriteStartElement(String, String, String) WriteStartElement(String, String, String) WriteStartElement(String, String, String) WriteStartElement(String, String, String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した開始タグを書き込み、指定した名前空間とプリフィックスに関連付けます。 When overridden in a derived class, writes the specified start tag and associates it with the given namespace and prefix.

WriteStartElementAsync(String, String, String) WriteStartElementAsync(String, String, String) WriteStartElementAsync(String, String, String) WriteStartElementAsync(String, String, String)

指定した開始タグを非同期に書き込み、指定した名前空間とプレフィックスに関連付けます。 Asynchronously writes the specified start tag and associates it with the given namespace and prefix.

WriteString(String) WriteString(String) WriteString(String) WriteString(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定したテキスト内容を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes the given text content.

WriteStringAsync(String) WriteStringAsync(String) WriteStringAsync(String) WriteStringAsync(String)

指定したテキストの内容を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes the given text content.

WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) WriteSurrogateCharEntity(Char, Char) WriteSurrogateCharEntity(Char, Char)

派生クラスでオーバーライドされると、サロゲート文字ペアのサロゲート文字エンティティを生成し、書き込みます。 When overridden in a derived class, generates and writes the surrogate character entity for the surrogate character pair.

WriteSurrogateCharEntityAsync(Char, Char) WriteSurrogateCharEntityAsync(Char, Char) WriteSurrogateCharEntityAsync(Char, Char) WriteSurrogateCharEntityAsync(Char, Char)

サロゲート文字ペアのサロゲート文字エンティティを非同期に生成して書き込みます。 Asynchronously generates and writes the surrogate character entity for the surrogate character pair.

WriteValue(Boolean) WriteValue(Boolean) WriteValue(Boolean) WriteValue(Boolean)

Boolean 値を書き込みます。 Writes a Boolean value.

WriteValue(DateTime) WriteValue(DateTime) WriteValue(DateTime) WriteValue(DateTime)

DateTime 値を書き込みます。 Writes a DateTime value.

WriteValue(DateTimeOffset) WriteValue(DateTimeOffset) WriteValue(DateTimeOffset) WriteValue(DateTimeOffset)

DateTimeOffset 値を書き込みます。 Writes a DateTimeOffset value.

WriteValue(Decimal) WriteValue(Decimal) WriteValue(Decimal) WriteValue(Decimal)

Decimal 値を書き込みます。 Writes a Decimal value.

WriteValue(Double) WriteValue(Double) WriteValue(Double) WriteValue(Double)

Double 値を書き込みます。 Writes a Double value.

WriteValue(Int32) WriteValue(Int32) WriteValue(Int32) WriteValue(Int32)

Int32 値を書き込みます。 Writes a Int32 value.

WriteValue(Int64) WriteValue(Int64) WriteValue(Int64) WriteValue(Int64)

Int64 値を書き込みます。 Writes a Int64 value.

WriteValue(Object) WriteValue(Object) WriteValue(Object) WriteValue(Object)

オブジェクト値を書き込みます。 Writes the object value.

WriteValue(Single) WriteValue(Single) WriteValue(Single) WriteValue(Single)

単精度浮動小数点数を書き込みます。 Writes a single-precision floating-point number.

WriteValue(String) WriteValue(String) WriteValue(String) WriteValue(String)

String 値を書き込みます。 Writes a String value.

WriteWhitespace(String) WriteWhitespace(String) WriteWhitespace(String) WriteWhitespace(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定した空白を書き込みます。 When overridden in a derived class, writes out the given white space.

WriteWhitespaceAsync(String) WriteWhitespaceAsync(String) WriteWhitespaceAsync(String) WriteWhitespaceAsync(String)

指定した空白を非同期に書き込みます。 Asynchronously writes out the given white space.

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose()

このメンバーの詳細については、「Dispose()」をご覧ください。 For a description of this member, see Dispose().

適用対象

こちらもご覧ください