XPathNavigator.BaseURI XPathNavigator.BaseURI XPathNavigator.BaseURI XPathNavigator.BaseURI Property

定義

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのベース URI を取得します。When overridden in a derived class, gets the base URI for the current node.

public:
 abstract property System::String ^ BaseURI { System::String ^ get(); };
public abstract string BaseURI { get; }
member this.BaseURI : string
Public MustOverride ReadOnly Property BaseURI As String

プロパティ値

ノードの読み込み元となった場所。または、値がない場合は EmptyThe location from which the node was loaded, or Empty if there is no value.

注釈

ネットワークに接続された XML ドキュメントは、さまざまな W3C 標準包含機構を使用して集計されたデータのチャンクで構成されます。したがって、さまざまな場所からのノードが含まれます。A networked XML document is comprised of chunks of data, aggregated using various W3C standard inclusion mechanisms, and therefore contains nodes that come from different places. DTD エンティティは、この集計データの例ですが、Dtd に限定されません。DTD entities are an example of this aggregated data, but it is not limited to DTDs. プロパティBaseURIは、これらのノードの発信元を示します。The BaseURI property tells you where these nodes originate from.

たとえば、XML データがからhttp://server/mydata.xml読み込まれた場合、プロパティはBaseURIhttp://server/mydata.xml返します。For example, if the XML data is loaded from http://server/mydata.xml, the BaseURI property returns http://server/mydata.xml.

注意

XPathNavigatorクラスを使用して作成されBaseURIたノードは、がXPathNavigator作成された XML ドキュメントと同じです。Nodes created using the XPathNavigator class have the same BaseURI as the XML document the XPathNavigator was created from.

適用対象