XmlILIndex クラス

定義

キー値によってインデックス付けされた、入力ドキュメントのノードを管理します。 このクラスは xsl:key 命令によってインデックス付けされたノードのキャッシュとして使用され、これらのノードへの高速なアクセスを可能にします。

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class XmlILIndex sealed
public sealed class XmlILIndex
type XmlILIndex = class
Public NotInheritable Class XmlILIndex
継承
XmlILIndex

メソッド

Add(String, XPathNavigator)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

指定したキー値によりインデックス付けされたノードを追加します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Lookup(String)

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

指定したキー値によりインデックス付けされたノードのシーケンスを検索します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象