XsltArgumentList XsltArgumentList XsltArgumentList XsltArgumentList Class

定義

XSLT パラメーターまたは拡張オブジェクトで、可変な数の引数を格納します。Contains a variable number of arguments which are either XSLT parameters or extension objects.

public ref class XsltArgumentList
public class XsltArgumentList
type XsltArgumentList = class
Public Class XsltArgumentList
継承
XsltArgumentListXsltArgumentListXsltArgumentListXsltArgumentList

注釈

このクラスは、 Transformメソッドによって使用されます。This class is used by the Transform method. スタイルシート内からパラメーターと拡張オブジェクトを呼び出すことができます。It allows parameters and extension objects to be invoked from within the style sheet.

パラメーターとオブジェクトがにXsltArgumentList追加されると、これらはそれぞれ、名前空間の修飾名と名前空間 URI に関連付けられます。When the parameters and objects are added to the XsltArgumentList, they are associated with a namespace qualified name and a namespace URI, respectively.

次に、などの埋め込みスクリプト<msxsl:script>を使用するのではなく、オブジェクトを渡す利点を示します。The following are advantages to passing an object rather than using an embedded script such as <msxsl:script>:

  • クラスをより効果的にカプセル化および再利用できます。Provides better encapsulation and reuse of classes.

  • スタイルシートを小さくして、より簡単に管理できるようにします。Allows style sheets to be smaller and more easily maintained.

  • では、 XPathNavigatorを通じてノードフラグメントをスタイルシートに渡すことができます。Supports passing node fragments (through the XPathNavigator) to the style sheet.

XsltArgumentList使用方法の詳細については、「 xslt 拡張オブジェクトxslt パラメーター」を参照してください。For more information about using the XsltArgumentList, see XSLT Extension Objects and XSLT Parameters.

コンストラクター

XsltArgumentList() XsltArgumentList() XsltArgumentList() XsltArgumentList()

XsltArgumentList の新しいインスタンスを実装します。Implements a new instance of the XsltArgumentList.

メソッド

AddExtensionObject(String, Object) AddExtensionObject(String, Object) AddExtensionObject(String, Object) AddExtensionObject(String, Object)

新しいオブジェクトを XsltArgumentList に追加し、それを名前空間 URI に関連付けます。Adds a new object to the XsltArgumentList and associates it with the namespace URI.

AddParam(String, String, Object) AddParam(String, String, Object) AddParam(String, String, Object) AddParam(String, String, Object)

パラメーターを XsltArgumentList に追加し、それを名前空間限定名に関連付けます。Adds a parameter to the XsltArgumentList and associates it with the namespace qualified name.

Clear() Clear() Clear() Clear()

XsltArgumentList からすべてのパラメーターと拡張オブジェクトを削除します。Removes all parameters and extension objects from the XsltArgumentList.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetExtensionObject(String) GetExtensionObject(String) GetExtensionObject(String) GetExtensionObject(String)

指定した名前空間に関連付けられているオブジェクトを取得します。Gets the object associated with the given namespace.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetParam(String, String) GetParam(String, String) GetParam(String, String) GetParam(String, String)

名前空間限定名に関連付けられているパラメーターを取得します。Gets the parameter associated with the namespace qualified name.

GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
RemoveExtensionObject(String) RemoveExtensionObject(String) RemoveExtensionObject(String) RemoveExtensionObject(String)

XsltArgumentList から名前空間 URI を持つオブジェクトを削除します。Removes the object with the namespace URI from the XsltArgumentList.

RemoveParam(String, String) RemoveParam(String, String) RemoveParam(String, String) RemoveParam(String, String)

XsltArgumentList からパラメーターを削除します。Removes the parameter from the XsltArgumentList.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

イベント

XsltMessageEncountered XsltMessageEncountered XsltMessageEncountered XsltMessageEncountered

スタイル シートに xsl:message 要素でメッセージが指定されている場合に発生します。Occurs when a message is specified in the style sheet by the xsl:message element.

適用対象