XslTransform XslTransform XslTransform XslTransform Class

定義

警告

この API は現在使われていません。

XSLT (Extensible Stylesheet Language Transformations) スタイル シートを使用して XML データを変換します。Transforms XML data using an Extensible Stylesheet Language for Transformations (XSLT) style sheet.

public ref class XslTransform sealed
[System.Obsolete("This class has been deprecated. Please use System.Xml.Xsl.XslCompiledTransform instead. http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=14202")]
public sealed class XslTransform
type XslTransform = class
Public NotInheritable Class XslTransform
継承
XslTransformXslTransformXslTransformXslTransform
属性

次の例では、指定された XML ドキュメントを変換し、結果をコンソールに出力します。The following example transforms the specified XML document and outputs the result to the console.

//Create a new XslTransform object.
XslTransform xslt = new XslTransform();

//Load the stylesheet.
xslt.Load("http://server/favorite.xsl");

//Create a new XPathDocument and load the XML data to be transformed.
XPathDocument mydata = new XPathDocument("inputdata.xml");

//Create an XmlTextWriter which outputs to the console.
XmlWriter writer = new XmlTextWriter(Console.Out);

//Transform the data and send the output to the console.
xslt.Transform(mydata,null,writer, null);
'Create a new XslTransform object.
Dim xslt As New XslTransform()

'Load the stylesheet.
xslt.Load(CType("http://server/favorite.xsl", String))

'Create a new XPathDocument and load the XML data to be transformed.
Dim mydata As New XPathDocument("inputdata.xml")

'Create an XmlTextWriter which outputs to the console.
Dim writer As New XmlTextWriter(Console.Out)

'Transform the data and send the output to the console.
xslt.Transform(mydata, Nothing, writer, Nothing)

注釈

注意

クラスXslTransformは、Microsoft .NET Framework バージョン2.0 では廃止されています。The XslTransform class is obsolete in the Microsoft .NET Framework version 2.0. XslCompiledTransformクラスは、新しい XSLT プロセッサです。The XslCompiledTransform class is the new XSLT processor. 詳細については、「 XslCompiledTransform クラスの使用」および「 XslTransform クラスからの移行」を参照してください。For more information, see Using the XslCompiledTransform Class and Migrating From the XslTransform Class.

XslTransformでは、XSLT 1.0 構文がサポートされています。XslTransform supports the XSLT 1.0 syntax. XSLT スタイルシートでは、名前空間http://www.w3.org/1999/XSL/Transformを使用する必要があります。The XSLT style sheet must use the namespace http://www.w3.org/1999/XSL/Transform.

XsltArgumentListクラスを使用して、追加の引数をスタイルシートに追加することもできます。Additional arguments can also be added to the style sheet using the XsltArgumentList class. このクラスには、スタイルシートと拡張オブジェクトの入力パラメーターが含まれています。これは、スタイルシートから呼び出すことができます。This class contains input parameters for the style sheet and extension objects which can be called from the style sheet.

XML データを変換するには:To transform XML data:

  1. オブジェクトをXslTransform作成します。Create an XslTransform object.

  2. Loadメソッドを使用して、変換のスタイルシートを読み込みます。Use the Load method to load the style sheet for the transformation. このメソッドにはいくつかのオーバーロードがあり、 XmlReader IXPathNavigableXPathNavigator、、またはファイルの場所を含む URL を使用してスタイルシートを読み込むことができます。This method has several overloads and can load a style sheet using an XmlReader, XPathNavigator, IXPathNavigable, or a URL with the location of the file.

  3. XML データTransformを変換するには、メソッドを使用します。Use the Transform method to transform the XML data. このメソッドにはいくつかのオーバーロードがあり、さまざまな種類の入力と出力を処理できます。This method has several overloads and can handle different types of input and output. 変換中に入力とXsltArgumentListして使用する追加の引数を含むを指定することもできます。You can also specify an XsltArgumentList containing additional arguments to use as input during the transformation.

セキュリティの考慮事項Security Considerations

XslTransform クラスを使用するアプリケーションを作成するときには、次の項目とその関連事項に注意する必要があります。When creating an application that uses the XslTransform class, you should be aware of the following items and their implications:

  • 拡張オブジェクトは既定で有効になっています。Extension objects are enabled by default. 拡張オブジェクトを含む XsltArgumentList オブジェクトが Transform メソッドに渡されると、拡張オブジェクトは使用されます。If an XsltArgumentList object containing extension objects is passed to the Transform method, they are utilized.

  • XSLT スタイル シートには、他のファイルへの参照や埋め込みのスクリプト ブロックを含めることができます。XSLT style sheets can include references to other files and embedded script blocks. 悪意のあるユーザーがこの問題を悪用する可能性があります。これを実行すると、コンピューターがリソース不足になるまでシステムが処理されるデータまたはスタイルシートが提供されます。A malicious user can exploit this by supplying you with data or style sheets that when executed will cause your system to process until the computer runs low on resources.

  • 混在信頼環境で動作する XSLT アプリケーションは、スタイル シートのなりすましを引き起こす可能性があります。XSLT applications that run in a mixed trust environment can result in style sheet spoofing. たとえば、悪意のあるユーザーは、有害なスタイル シートを含むオブジェクトを読み込み、それを Transform メソッドを呼び出して変換を実行する別のユーザーに渡す可能性があります。For example, a malicious user can load an object with a harmful style sheet and hand it off to another user who subsequently calls the Transform method and executes the transformation.

これらのセキュリティの問題は、オブジェクト、 XslTransform XSLT スタイルシート、または信頼されていないソースからの XML ソースデータを受け入れないことで軽減できます。These security issues can be mitigated by not accepting XslTransform objects, XSLT style sheets, or XML source data from untrusted sources.

スクリプトのサポートScripting Support

このクラスは、要素を使用msxsl:scriptした埋め込みスクリプトをサポートしています。This class supports embedded scripting using the msxsl:script element.

.NET Framework のバージョン1.1 では、スタイルシートの証拠によって、埋め込みスクリプトに与えられるアクセス許可が決定されます。In version 1.1 of the .NET Framework, the evidence of the style sheet determines what permissions are given to embedded scripts.

  • スタイルシートが Uniform Resource Identifier (URI) から読み込まれた場合は、URI が証拠の作成に使用されます。If the style sheet was loaded from a Uniform Resource Identifier (URI), the URI is used to create the evidence. この証拠には、URI とそのサイトとゾーンが含まれます。This evidence includes the URI along with its site and zone.

  • 別のソースを使用してスタイルシートを読み込んだ場合は、 System.Security.Policy.Evidence Loadメソッドにオブジェクトを渡すことによって証拠を提供できます。If the style sheet was loaded using another source, you can provide evidence by passing a System.Security.Policy.Evidence object to the Load method. それ以外の場合、スクリプトアセンブリには完全な信頼が与えられます。Otherwise, the script assembly has full trust.

信頼されていUnmanagedCodeない呼び出し元: 埋め込みスクリプトをコンパイルするには、アクセス許可が必要です。Semi-trusted callers: UnmanagedCode permission is required to compile the embedded script. ControlEvidenceメソッドにを提供Evidenceするには、 Loadアクセス許可が必要です。ControlEvidence permission is required to provide Evidence to the Load method. 呼び出しSecurityException元に必要なアクセス許可がない場合は、がスローされます。A SecurityException is thrown if the caller does not have the necessary permissions. 詳細については、「System.Security.Permissions.SecurityPermission」および「System.Security.Permissions.SecurityPermissionFlag」を参照してください。See System.Security.Permissions.SecurityPermission and System.Security.Permissions.SecurityPermissionFlag for more information.

msxsl:script要素には、次の要件があります。The msxsl:script element has the following requirements:

  • 要素msxsl:scripturn:schemas-microsoft-com:xslt名前空間に属します。The msxsl:script element belongs to the urn:schemas-microsoft-com:xslt namespace. スタイルシートには、名前空間のxmlns:msxsl=urn:schemas-microsoft-com:xslt宣言が含まれている必要があります。The style sheet must include the namespace declaration xmlns:msxsl=urn:schemas-microsoft-com:xslt.

  • 要素msxsl:scriptには、使用languageするスクリプト言語を指定する属性を含めることができます。The msxsl:script element can include a language attribute that specifies the scripting language to use. language属性の値は、次のいずれかである必要があります。C#、CSharp、VB、Visual Basic、JScript、または JavaScript。The value of the language attribute must be one of the following: C#, CSharp, VB, VisualBasic, JScript, or JavaScript. 言語名では大文字と小文字が区別されないため、JavaScript と javascript は両方とも有効です。Because the language name is not case-sensitive, JavaScript and javascript are both valid. language属性が指定されていない場合は、既定で JScript に設定されます。If a language attribute is not specified, it defaults to JScript.

  • 要素msxsl:scriptには、スクリプトimplements-prefixブロックに関連付けられている名前空間を表すプレフィックスを含む属性を含める必要があります。The msxsl:script element must include an implements-prefix attribute that contains the prefix representing the namespace associated with the script block. この名前空間は、スタイルシート内で定義する必要があります。This namespace must be defined within the style sheet. スタイルシートには、名前空間によってグループ化された複数のスクリプトブロックを含めることができます。A style sheet can include multiple script blocks which are grouped by namespace. 同じ名前空間内に複数の言語のスクリプトブロックを含めることはできません。You cannot have script blocks with multiple languages within the same namespace. スクリプトブロックは、別のスクリプトブロックで定義されている関数を呼び出すことができます。これは、同じ名前空間内にスクリプトブロックが存在する場合に使用します。Script blocks can call a function defined in another script block, provided the script blocks reside within the same namespace. スクリプトブロックの内容は、スクリプト言語の規則と構文 ( language属性で指定) に従って解析されます。The contents of a script block are parsed according to the rules and syntax of the scripting language (supplied by the language attribute). たとえば、スクリプトブロックがC#ある場合、コメントの先頭には文字が//付きます。For example, if you had a C# script block, comments would be prefixed by the // characters. コメントは、有効な XML コンテンツである必要があります。The comments must be valid XML content.

注意

スクリプトブロックを CDATA セクションにラップすることをお勧めします。It is recommended that you wrap script blocks in a CDATA section.

<msxsl:script implements-prefix='xy' language='C#'>  
 <![CDATA[  
 // Add code here.  
 ]]>
</msxsl:script>  

関数は、msxsl:script 要素内で宣言できます。Functions can be declared within the msxsl:script element. 既定でサポートされる名前空間を次の表に示します。The following table shows the namespaces that are supported by default.

サポートされている名前空間Supported Namespaces 説明Description
System システムクラス。System classes.
System.Collection コレクション クラスCollection classes.
System.Text テキスト処理クラス。Text handling classes.
System.Xml コア XML クラスCore XML classes.
System.Xml.Xsl XSLT クラスXSLT classes.
System.Xml.XPath XPath (XML Path Language) クラスXML Path Language (XPath) classes.

スクリプト関数によって定義される引数と戻り値は、以下に示す World Wide Web コンソーシアム (W3C) のいずれかの型である必要があります。The supplied arguments and return values defined by the script functions must be one of the World Wide Web Consortium (W3C) types listed below. 次の表では、W3C 型 (XPath または XSLT) と、対応する .NET Framework クラスとの間のマッピングについて説明します。The following table details the mapping between the W3C types, either XPath or XSLT, and the corresponding .NET Framework classes.

W3C 型W3C Type 同等の .NET クラスEquivalent .NET class
String (XPath)String (XPath) System.String
ブール値 (XPath)Boolean (XPath) System.Boolean
数値 (XPath)Number (XPath) System.Double
結果ツリーフラグメント (XSLT)Result Tree Fragment (XSLT) System.Xml.XPath.XPathNavigator
ノードセット (XPath)Node Set (XPath) System.Xml.XPath.XPathNodeIterator

スクリプト関数が数値型Int16、UInt16、Int32、UInt32、Int64、UInt64、Single、または Decimal では、これらの型は Double に変換され、W3C XPath 型の数値にマップされます。If the script function utilizes one of the following numeric types: Int16, UInt16, Int32, UInt32, Int64, UInt64, Single, or Decimal, these types are coerced to Double, which maps to the W3C XPath type number.

例外は、引数の結果を必要な型の1つに変換できない関数が呼び出された場合にスローされます。An exception is thrown when a function is called that cannot convert the argument result to one of the required types.

注意

msxsl:scriptmsxsl:node-listは、 XslTransformクラスでサポートさurn:schemas-microsoft-com:xsltれている名前空間の唯一の関数です。msxsl:script and msxsl:node-list are the only functions from the urn:schemas-microsoft-com:xslt namespace that are supported by the XslTransform class.

XslTransformには、拡張機構として共通言語ランタイム (CLR) コードを使用する機能があります。XslTransform has the ability to utilize common language runtime (CLR) code as an extension mechanism. これを実現するには、クラスのインスタンスをXslTransformクラスに渡し、XSLT スタイルシート内でそのパブリックメソッドを呼び出します。This is accomplished by passing an instance of a class to the XslTransform class and calling its public methods within an XSLT style sheet. paramsキーワードを使用して定義されたメソッドは、指定された数のパラメーターを渡すことができますが、このシナリオでは正しく機能しません。Methods that are defined with the params keyword, which allows an unspecified number of parameters to be passed, do not work correctly in this scenario. 詳細については、「 params 」を参照してください。See params for more details.

詳細については、「XslTransform クラスを使用した XSLT 変換」を参照してください。For more information see XSLT Transformations with the XslTransform Class.

コンストラクター

XslTransform() XslTransform() XslTransform() XslTransform()

XslTransform クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the XslTransform class.

プロパティ

XmlResolver XmlResolver XmlResolver XmlResolver

XmlResolver メソッドの呼び出し時に外部リソースの解決に使用する Transform を設定します。Sets the XmlResolver used to resolve external resources when the Transform method is called.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
Load(IXPathNavigable) Load(IXPathNavigable) Load(IXPathNavigable) Load(IXPathNavigable)

IXPathNavigable に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the IXPathNavigable.

Load(IXPathNavigable, XmlResolver) Load(IXPathNavigable, XmlResolver) Load(IXPathNavigable, XmlResolver) Load(IXPathNavigable, XmlResolver)

IXPathNavigable に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the IXPathNavigable.

Load(IXPathNavigable, XmlResolver, Evidence) Load(IXPathNavigable, XmlResolver, Evidence) Load(IXPathNavigable, XmlResolver, Evidence) Load(IXPathNavigable, XmlResolver, Evidence)

IXPathNavigable に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the IXPathNavigable. このメソッドを使用すると、証拠を指定することによって、スタイル シートのアクセス許可を制限できます。This method allows you to limit the permissions of the style sheet by specifying evidence.

Load(String) Load(String) Load(String) Load(String)

URL で指定された XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet specified by a URL.

Load(String, XmlResolver) Load(String, XmlResolver) Load(String, XmlResolver) Load(String, XmlResolver)

URL で指定された XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet specified by a URL.

Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader) Load(XmlReader)

XmlReader に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XmlReader.

Load(XmlReader, XmlResolver) Load(XmlReader, XmlResolver) Load(XmlReader, XmlResolver) Load(XmlReader, XmlResolver)

XmlReader に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XmlReader.

Load(XmlReader, XmlResolver, Evidence) Load(XmlReader, XmlResolver, Evidence) Load(XmlReader, XmlResolver, Evidence) Load(XmlReader, XmlResolver, Evidence)

XmlReader に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XmlReader. このメソッドを使用すると、証拠を指定することによって、スタイル シートのアクセス許可を制限できます。This method allows you to limit the permissions of the style sheet by specifying evidence.

Load(XPathNavigator) Load(XPathNavigator) Load(XPathNavigator) Load(XPathNavigator)

XPathNavigator に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XPathNavigator.

Load(XPathNavigator, XmlResolver) Load(XPathNavigator, XmlResolver) Load(XPathNavigator, XmlResolver) Load(XPathNavigator, XmlResolver)

XPathNavigator に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XPathNavigator.

Load(XPathNavigator, XmlResolver, Evidence) Load(XPathNavigator, XmlResolver, Evidence) Load(XPathNavigator, XmlResolver, Evidence) Load(XPathNavigator, XmlResolver, Evidence)

XPathNavigator に格納されている XSLT スタイル シートを読み込みます。Loads the XSLT style sheet contained in the XPathNavigator. このメソッドを使用すると、証拠を指定することによって、スタイル シートのアクセス許可を制限できます。This method allows you to limit the permissions of the style sheet by specifying evidence.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を XmlReader に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to an XmlReader.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を Stream に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to a Stream.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を Stream に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to a Stream.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を TextWriter に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to a TextWriter.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を TextWriter に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to a TextWriter.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlResolver)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を XmlReader に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to an XmlReader.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を XmlWriter に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to an XmlWriter.

Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(IXPathNavigable, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver)

指定した args を使用して IXPathNavigable の XML データを変換し、その結果を XmlWriter に出力します。Transforms the XML data in the IXPathNavigable using the specified args and outputs the result to an XmlWriter.

Transform(String, String) Transform(String, String) Transform(String, String) Transform(String, String)

XML データを入力ファイルに変換し、その結果を出力ファイルに出力します。Transforms the XML data in the input file and outputs the result to an output file.

Transform(String, String, XmlResolver) Transform(String, String, XmlResolver) Transform(String, String, XmlResolver) Transform(String, String, XmlResolver)

XML データを入力ファイルに変換し、その結果を出力ファイルに出力します。Transforms the XML data in the input file and outputs the result to an output file.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を XmlReader に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to an XmlReader.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を Stream に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to a Stream.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, Stream, XmlResolver)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を Stream に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to a Stream.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を TextWriter に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to a TextWriter.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, TextWriter, XmlResolver)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を TextWriter に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to a TextWriter.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlResolver)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を XmlReader に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to an XmlReader.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を XmlWriter に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to an XmlWriter.

Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver) Transform(XPathNavigator, XsltArgumentList, XmlWriter, XmlResolver)

指定した args を使用して XPathNavigator の XML データを変換し、その結果を XmlWriter に出力します。Transforms the XML data in the XPathNavigator using the specified args and outputs the result to an XmlWriter.

適用対象

スレッド セーフ

XslTransformオブジェクトは、変換操作に対してのみスレッドセーフです。XslTransform objects are only thread-safe for transform operations. 他の操作は、スレッドセーフであるとは限りません。Other operations are not guaranteed to be thread-safe. 読み込み操作中に、オブジェクトに対して他のメソッドが呼び出されないようにする必要があります。You must ensure that no other methods are called on the object during load operations.