StackLayout クラス

定義

子要素を 1 行に配置する Layout<T>。この行は縦横どちらにも向けることができます。

public class StackLayout : Xamarin.Forms.Layout<Xamarin.Forms.View>, Xamarin.Forms.IElementConfiguration<Xamarin.Forms.StackLayout>
type StackLayout = class
    inherit Layout<View>
    interface IElementConfiguration<StackLayout>
継承
実装

注釈

レイアウトによって StackLayout 子要素の境界がオーバーライドされるため、アプリケーション開発者はそれらの境界を設定しないでください。

次のコード例は、 フォームギャラリー の例から、 StackLayout のレイアウト動作の多くを調べる子を持つ新しいを作成する方法を示してい StackLayout ます。

StackLayout stackLayout = new StackLayout
{
    Spacing = 0,
    VerticalOptions = LayoutOptions.FillAndExpand,
    Children = 
    {
        new Label
        {
            Text = "StackLayout",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.Start
        },
        new Label
        {
            Text = "stacks its children",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.Center
        },
        new Label
        {
            Text = "vertically",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.End
        },
        new Label
        {
            Text = "by default,",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.Center
        },
        new Label
        {
            Text = "but horizontal placement",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.Start
        },
        new Label
        {
            Text = "can be controlled with",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.Center
        },
        new Label
        {
            Text = "the HorizontalOptions property.",
            HorizontalOptions = LayoutOptions.End
        },
        new Label
        {
            Text = "An Expand option allows one or more children " +
                   "to occupy the an area within the remaining " +
                   "space of the StackLayout after it's been sized " +
                   "to the height of its parent.",
            VerticalOptions = LayoutOptions.CenterAndExpand,
            HorizontalOptions = LayoutOptions.End
        },
        new StackLayout
        {
            Spacing = 0,
            Orientation = StackOrientation.Horizontal,
            Children = 
            {
                new Label
                {
                    Text = "Stacking",
                },
                new Label
                {
                    Text = "can also be",
                    HorizontalOptions = LayoutOptions.CenterAndExpand
                },
                new Label
                {
                    Text = "horizontal.",
                },
            }
        }
    }
};

コンストラクター

StackLayout()

StackLayout クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

OrientationProperty

バインド可能なプロパティ Orientation を示します。

SpacingProperty

バインド可能なプロパティ Spacing を示します。

プロパティ

AnchorX

すべての変換の中心点の X 座標を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
AnchorY

すべての変換の中心点の Y 座標を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
AutomationId

自動化フレームワークがこの要素を見つけ、対話することを可能にする値を取得または設定します。

(継承元 Element)
Background (継承元 VisualElement)
BackgroundColor

VisualElement の背景を塗りつぶす色を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Batched

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
Behaviors

この要素に関連付けられている動作の一覧を取得します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
BindingContext

バインドされたプロパティのうち、この BindableObject に属するプロパティの対象となるプロパティが含まれるオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 BindableObject)
Bounds

要素の範囲を取得します。

(継承元 VisualElement)
CascadeInputTransparent

透過性が true の場合に、子要素がthis レイアウトの入力の透過性を継承するかどうかを制御する値を取得または設定します。

(継承元 Layout)
Children

レイアウトの子要素の IList<View> を取得します。

(継承元 Layout<T>)
class (継承元 NavigableElement)
ClassId

意味的に同類の要素の集合を識別するために使用される値を取得または設定します。

(継承元 Element)
Clip (継承元 VisualElement)
DisableLayout

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
Dispatcher (継承元 BindableObject)
EffectControlProvider

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
Effects

この項目に適用される効果の一覧。

(継承元 Element)
FlowDirection

レイアウトのフロー方向を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
GestureController

ビューのジェスチャのコントローラーを取得します。

(継承元 View)
GestureRecognizers

このビューに関連付けられているジェスチャ レコグナイザーのコレクション。

(継承元 View)
Height

この要素の描画時の現在の高さを取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
HeightRequest

この要素の必要な高さオーバーライドを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
HorizontalOptions

レイアウト サイクルで要素がどのように配置されるかを定義する LayoutOptions を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 View)
Id

アプリケーションの実行により要素を一意に識別するために使用できる値を取得します。

(継承元 Element)
InputTransparent

この要素をユーザー インターフェイス サイクルに含めるかどうかを示す値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsClippedToBounds

レイアウトがその子を境界にクリップする必要があるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 Layout)
IsEnabled

この要素をユーザー インターフェイスで有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsFocused

この要素に現在フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsInNativeLayout

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
IsNativeStateConsistent

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
IsPlatformEnabled

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
IsTabStop

この要素がタブ ナビゲーションに含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
IsVisible

要素をビジュアル ツリーに含めるかどうかを決定する値を取得します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
LogicalChildren

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
Margin

ビューの余白を取得または設定します。

(継承元 View)
MinimumHeightRequest

レイアウト時に要素によって要求される高さの最小値をオーバーライドする値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
MinimumWidthRequest

レイアウト時に要素によって要求される最小幅をオーバーライドする値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Navigation (継承元 NavigableElement)
NavigationProxy (継承元 NavigableElement)
Opacity

描画時に要素に適用する不透明度値を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
Orientation

子要素が配置されている方向を示す値を取得または設定します。

Padding

レイアウトの内側のパディングを取得または設定します。

(継承元 Layout)
Parent

要素の親要素を取得または設定します。

(継承元 Element)
ParentView
互換性のために残されています。

この要素の最も近い祖先 (すなわち VisualElement) である要素を取得します。

(継承元 Element)
Platform
互換性のために残されています。
(継承元 Element)
RealParent

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
Resources

ローカルのリソース ディクショナリを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Rotation

要素の描画時に、Z 軸を中心とする回転 (アフィン回転) (度単位) を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
RotationX

要素の描画時に、X 軸を中心とする回転 (パースペクティブ回転) (度単位) を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
RotationY

要素の描画時に、Y 軸を中心とする回転 (パースペクティブ回転) (度単位) を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Scale

要素に適用するスケール ファクターを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
ScaleX

X 方向に適用するスケールの値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
ScaleY

Y 方向に適用するスケールの値を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Spacing

各子要素の間の間隔を示す値を取得または設定します。

Style (継承元 NavigableElement)
StyleClass (継承元 NavigableElement)
StyleId

要素を一意に識別するユーザー定義の値を取得または設定します。

(継承元 Element)
TabIndex (継承元 VisualElement)
TranslationX

要素の X 変換差分を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
TranslationY

要素の Y 変換差分を取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
Triggers

この要素に関連付けられているトリガーの一覧を取得します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 VisualElement)
VerticalOptions

レイアウト サイクルで要素がどのように配置されるかを定義する LayoutOptions を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

(継承元 View)
Visual (継承元 VisualElement)
Width

この要素の描画時の現在の幅を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
WidthRequest

この要素の必要な幅オーバーライドを取得または設定します。

(継承元 VisualElement)
X

この要素の現在の X 位置を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)
Y

この要素の現在の Y 位置を取得します。 これはバインド可能な読み取り専用プロパティです。

(継承元 VisualElement)

メソッド

ApplyBindings()

BindingContext にバインディングを適用します。

(継承元 BindableObject)
BatchBegin()

要素のプロパティに対する変更のバッチの開始を通知します。

(継承元 VisualElement)
BatchCommit()

要素へのコマンドのバッチが終端に達したこと、およびこれらのコマンドを今コミットする必要があることを通知します。

(継承元 VisualElement)
ChangeVisualState()

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
ClearValue(BindableProperty)

propertySetValue によって設定された値を消去します。

(継承元 BindableObject)
ClearValue(BindablePropertyKey)

propertyKey によって識別されるプロパティの SetValue によって設定される値を消去します。

(継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindableProperty) (継承元 BindableObject)
CoerceValue(BindablePropertyKey) (継承元 BindableObject)
Descendants()

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
EffectIsAttached(String)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
FindByName(String)

指定した名前を持つ要素を返します。

(継承元 Element)
Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 VisualElement)
ForceLayout()

要素とそのすべての子孫にレイアウト サイクルを強制的に実行します。

(継承元 Layout)
GetChildElements(Point)

視覚的に、指定した point の下にある要素の子を返します。

(継承元 View)
GetSizeRequest(Double, Double)
互換性のために残されています。

レイアウトの SizeRequest を返します。 このメソッドを呼び出すと、レイアウト サイクルの測定パスが開始されます。

(継承元 Layout)
GetValue(BindableProperty)

BindableProperty に含まれる値を返します。

(継承元 BindableObject)
GetValues(BindableProperty, BindableProperty)
互換性のために残されています。

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
GetValues(BindableProperty, BindableProperty, BindableProperty)
互換性のために残されています。

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
InvalidateLayout()

現在のレイアウトを無効にします。

(継承元 Layout)
InvalidateMeasure()

この VisualElement のレイアウトを無効にするために呼び出されるメソッド。 MeasureInvalidated イベントを発生させます。

(継承元 VisualElement)
InvalidateMeasureNonVirtual(InvalidationTrigger)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
IsSet(BindableProperty)

ターゲット プロパティが存在し、設定されている場合、true を返します。

(継承元 BindableObject)
Layout(Rectangle)

レイアウト サイクル中に要素の境界を更新します。

(継承元 VisualElement)
LayoutChildren(Double, Double, Double, Double)

StackLayout の子を配置し、サイズを調整します。

LowerChild(View)

子をビジュアル スタックの背面に移動します。

(継承元 Layout)
Measure(Double, Double, MeasureFlags)

ビジュアル要素をデバイスに表示するために必要な最小サイズを返します。

(継承元 VisualElement)
NativeSizeChanged()

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
On<T>()

開発者がレイアウト用にプラットフォーム固有のメソッドを呼び出すのに使用できる構成オブジェクトが返されます。

OnAdded(T)

子がレイアウトに追加されたときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 Layout<T>)
OnBindingContextChanged()

View のバインド コンテキストが変更されるたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 View)
OnChildAdded(Element)

アプリケーション開発者は、子が追加されると応答するようにこのメソッドをオーバーライドすることができます。

(継承元 Layout<T>)
OnChildMeasureInvalidated()

レイアウトの子が MeasureInvalidated を生成するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 Layout)
OnChildMeasureInvalidated(Object, EventArgs)

レイアウトの子が MeasureInvalidated を生成するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 Layout)
OnChildRemoved(Element)
互換性のために残されています。

アプリケーション開発者は、子が削除されると応答するようにこのメソッドをオーバーライドすることができます。

(継承元 Layout<T>)
OnChildRemoved(Element, Int32) (継承元 Layout<T>)
OnChildrenReordered()

ChildrenReordered イベントが生成される直前に毎回呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 VisualElement)
OnMeasure(Double, Double)

レイアウト測定が発生すると呼び出されるメソッド。

(継承元 VisualElement)
OnParentSet() (継承元 NavigableElement)
OnPropertyChanged(String)

バインドされたプロパティが変更されたときに呼び出されるメソッド。

(継承元 Element)
OnPropertyChanging(String)

子クラスからこのメソッドを呼び出し、プロパティで変更が行われることを通知します。

(継承元 BindableObject)
OnRemoved(T)

レイアウトから子が削除されたときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 Layout<T>)
OnSizeAllocated(Double, Double)

レイアウト サイクル中に要素のサイズが設定されると、このメソッドが呼び出されます。 このメソッドは、SizeChanged イベントが生成される直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 Layout)
OnSizeRequest(Double, Double)
互換性のために残されています。

このメソッドは、StackLayout の目的のサイズを取得するために、レイアウト サイクルの測定パス中に呼び出されます。

OnTabIndexPropertyChanged(Int32, Int32) (継承元 VisualElement)
OnTabStopPropertyChanged(Boolean, Boolean) (継承元 VisualElement)
RaiseChild(View)

子をビジュアル スタックの先頭に移動します。

(継承元 Layout)
RemoveBinding(BindableProperty)

以前に設定されたバインディングを削除します。

(継承元 BindableObject)
RemoveDynamicResource(BindableProperty)

以前に設定された動的リソースを削除します

(継承元 Element)
ResolveLayoutChanges() (継承元 Layout)
SetBinding(BindableProperty, BindingBase)

プロパティにバインディングを割り当てます。

(継承元 BindableObject)
SetDynamicResource(BindableProperty, String)

キーを指定した DynamicResource を介して更新するこの要素の BindableProperty プロパティを設定します。

(継承元 Element)
SetValue(BindableProperty, Object)

指定したプロパティの値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValue(BindablePropertyKey, Object)

propertyKey の値を設定します。

(継承元 BindableObject)
SetValueCore(BindableProperty, Object, SetValueFlags)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
SetValueFromRenderer(BindablePropertyKey, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
ShouldInvalidateOnChildAdded(View)

実装すると、childInvalidateMeasure() を呼び出す必要がある場合には trueが返され、呼び出す必要がない場合は false が返されます。

(継承元 Layout)
ShouldInvalidateOnChildRemoved(View)

実装すると、削除時に childInvalidateMeasure() を呼び出す必要がある場合には true が返され、呼び出す必要がない場合は false が返されます。

(継承元 Layout)
SizeAllocated(Double, Double)

SizeAllocated は、サブツリー レイアウトの開始を通知するためにレイアウト サイクル中に呼び出されます。

(継承元 VisualElement)
TabIndexDefaultValueCreator() (継承元 VisualElement)
TabStopDefaultValueCreator() (継承元 VisualElement)
UnapplyBindings()

以前に設定されたバインディングをすべて解除します。

(継承元 BindableObject)
Unfocus()

この要素へのフォーカスを設定解除します。

(継承元 VisualElement)
UpdateChildrenLayout()

すべての子を再レイアウトするようにレイアウトに指示します。

(継承元 Layout)

イベント

BatchCommitted

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
BindingContextChanged

BindingContext プロパティが変更されるたびに発生します。

(継承元 BindableObject)
ChildAdded

子要素が要素に追加されるたびに発生します。

(継承元 Element)
ChildRemoved

子要素が要素から削除されるたびに発生します。

(継承元 Element)
ChildrenReordered

VisualElement の子の順序が変更されると発生します。

(継承元 VisualElement)
DescendantAdded

子要素が要素サブツリーに追加されるたびに発生します。

(継承元 Element)
DescendantRemoved

子要素が要素サブツリーから削除されるたびに発生します。

(継承元 Element)
FocusChangeRequested

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 VisualElement)
Focused

要素がフォーカスを受け取ると発生します。

(継承元 VisualElement)
LayoutChanged

子要素の Bounds のいずれかが変更された場合に、レイアウト サイクルの最後に発生します。

(継承元 Layout)
MeasureInvalidated

ビジュアル要素のレイアウトが無効になったときに発生するイベント。

(継承元 VisualElement)
PlatformSet
互換性のために残されています。
(継承元 Element)
PropertyChanged

プロパティが変更されたときに発生します。

(継承元 BindableObject)
PropertyChanging

プロパティが変更されようとしているときに発生します。

(継承元 BindableObject)
SizeChanged

この要素の Width プロパティまたは Height プロパティの値が変更されると発生します。

(継承元 VisualElement)
Unfocused

要素がフォーカスを失ったときに発生します。

(継承元 VisualElement)

明示的なインターフェイスの実装

IDynamicResourceHandler.SetDynamicResource(BindableProperty, String)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 BindableObject)
IElementController.SetValueFromRenderer(BindableProperty, Object)

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 Element)
IGestureController.CompositeGestureRecognizers

Xamarin.Forms プラットフォームによる内部使用向け。

(継承元 View)
INameScope.RegisterName(String, Object)

内部使用のみ。

(継承元 Element)
IVisualElementController.EffectiveFlowDirection

ロケールと論理フローの設定を考慮して、プラットフォームでの要素の効果的なビジュアル フロー方向を取得します。

(継承元 VisualElement)
IVisualElementController.InvalidateMeasure(InvalidationTrigger)

このメソッドは、内部で使用します。

(継承元 VisualElement)

拡張メソッド

AbortAnimation(IAnimatable, String)

アニメーションを停止します。

Animate(IAnimatable, String, Action<Double>, Double, Double, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate(IAnimatable, String, Action<Double>, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate(IAnimatable, String, Animation, UInt32, UInt32, Easing, Action<Double,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

Animate<T>(IAnimatable, String, Func<Double,T>, Action<T>, UInt32, UInt32, Easing, Action<T,Boolean>, Func<Boolean>)

指定のパラメーターを設定し、アニメーションを開始します。

AnimateKinetic(IAnimatable, String, Func<Double,Double,Boolean>, Double, Double, Action)

指定のパラメーターを設定し、運動アニメーションを開始します。

AnimationIsRunning(IAnimatable, String)

handle で指定されたアニメーションが実行されているかどうかを示すブール値を返します。

Batch(IAnimatable)
GetPropertyIfSet<T>(BindableObject, BindableProperty, T)
SetAppThemeColor(BindableObject, BindableProperty, Color, Color)
SetBinding(BindableObject, BindableProperty, String, BindingMode, IValueConverter, String)

プロパティにバインドを作成し、適用します。

SetBinding<TSource>(BindableObject, BindableProperty, Expression<Func<TSource,Object>>, BindingMode, IValueConverter, String)
互換性のために残されています。

式からバインドを作成し適用します。

SetOnAppTheme<T>(BindableObject, BindableProperty, T, T)
FindByName<T>(Element, String)

element を含むスコープに name という名前を持つ型 T のインスタンスを返します。

FindNextElement(ITabStopElement, Boolean, IDictionary<Int32,List<ITabStopElement>>, Int32)
GetSortedTabIndexesOnParentPage(VisualElement)
GetTabIndexesOnParentPage(ITabStopElement, Int32)
FadeTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

opacitylengtheasing パラメーターで表現されるフェードを実行するタスクを返します。

LayoutTo(VisualElement, Rectangle, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElementbounds パラメーターによって指定される四角形のバインディングを簡単にするタスクを返します。

RelRotateTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement をその現在のローテーションから drotation だけ回転させます。

RelScaleTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement をその現在のスケールから dscale に変更するタスクを返します。

RotateTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

rotationlengtheasing パラメーターで記述された回転を実行するタスクを返します。

RotateXTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

Y 軸を opacity だけ斜めにするタスクを返します。時間 length を取り、easing を使用します。

RotateYTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

X 軸を opacity だけ斜めにするタスクを返します。時間 length を取り、easing を使用します。

ScaleTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)

view によって指定される VisualElement を絶対倍率 scale にスケールするタスクを返します。

ScaleXTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)
ScaleYTo(VisualElement, Double, UInt32, Easing)
TranslateTo(VisualElement, Double, Double, UInt32, Easing)

要素 TranslationX と TranslationY のプロパティを現在の値から新しい値にアニメーション化します。 これにより、入力レイアウトが視覚レイアウトと同じ位置になります。

HasVisualStateGroups(VisualElement)

element に 1 つまたは複数の表示状態グループが関連付けられている場合、true。 それ以外の場合、false を返します。

適用対象