View.VerticalOptions プロパティ

定義

レイアウト サイクルで要素がどのように配置されるかを定義する LayoutOptions を取得または設定します。 これはバインド可能なプロパティです。

public Xamarin.Forms.LayoutOptions VerticalOptions { get; set; }
member this.VerticalOptions : Xamarin.Forms.LayoutOptions with get, set

プロパティ値

LayoutOptions

LayoutOptions要素をレイアウトする方法を定義する。 特に記載のない限り、既定値はになり Fill ます。

注釈

垂直オプションを割り当てると、親レイアウトから Y 軸に沿って使用できる余分な領域がある場合に、要素のレイアウトが変更されます。 さらに、要素が親レイアウトから Y 軸の空き領域を使用する必要があるかどうかを指定します。 レイアウトの複数の子が展開するように設定されている場合は、余分なスペースが均等に配分されます。

この例では、4つのビューを作成してスタックに追加し、それぞれが異なる方法でレイアウトします。

private View CreateButtons ()
{
  var button1 = new Button {Text = "TopAligned", VerticalOptions=LayoutOptions.Start};
  var button2 = new Button {Text = "CenterAligned", VerticalOptions=LayoutOptions.Center};
  var button3 = new Button {Text = "BottomAligned", VerticalOptions=LayoutOptions.End};
  var button4 = new Button {Text = "Fill", VerticalOptions=LayoutOptions.Fill};

  StackLayout stack = new StackLayout {
    Orientation = StackOrientation.Horizontal,
    Children = {
      button1,
      button2,
      button3,
      button4
    }
  };

  return stack;
}

適用対象