.NET 開発者向けの主要な Azure サービス

Azure には 100 を超えるサービスが含まれていますが、次の Azure サービスは、.NET 開発者が最も頻繁に使用するサービスです。

アイコン サービス 説明
App Service アイコン Azure App Service Azure App Service は、Azure で Web アプリケーションと API をホストするための完全に管理されたプラットフォームです。 高可用性環境での自動負荷分散および自動スケール機能を備えています。 使用するコンピューティング リソースに対してのみ課金され、Free レベルを利用できます。
Azure Functions アイコン Azure Functions サーバーレス コンピューティング サービスである Azure Functions を使用すると、サーバーやランタイムを管理することなく、スケーラブルでコスト効率の高い方法で実行できる、小さな個別のコード セグメントを記述できます。 関数は、さまざまなイベントによって呼び出すことができ、入力と出力のバインドを使用して、他の Azure サービスと簡単に統合できます。
Azure SQL アイコン Azure SQL Azure SQL は、完全に管理されたクラウドベースのバージョンの SQL Server です。 Azure により、修正プログラムの適用やバックアップなどの従来の管理タスクが自動的に実行され、組み込みの高可用性が実現されます。
Cosmos DB アイコン Azure Cosmos DB Azure Cosmos DB は、完全に管理された NoSQL データベースで、1 桁の応答時間、自動スケーリング、および MongoDB と互換性のある API を特長とします。
Azure Storage Blob アイコン Azure Blob Storage Azure Blob Storage を使用すると、アプリケーションによってクラウドでファイルを格納および取得できます。 Azure Storage では、高い拡張性により大量のデータを格納でき、高可用性を確保するためにデータが冗長に格納されます。
Azure Service Bus アイコン Azure Service Bus Azure Service Bus は、ポイント ツー ポイントとパブリッシュ/サブスクライブの両方の統合をサポートする、完全に管理されたエンタープライズ メッセージ ブローカーです。 分離されたアプリケーションのビルド、キューベースの負荷平準化、またはマイクロサービス間の通信の促進に最適です。
Azure Key Vault アイコン Azure Key Vault すべてのアプリケーションでは、接続文字列や API キーなどのアプリケーション シークレットを格納する必要があります。 Azure Key Vault を使用すると、アクセス権が制限された暗号化コンテナーにこれらのシークレットを安全に格納し、これらに安全にアクセスして、シークレットとアプリケーションが侵害されないようにすることができます。
Cognitive Services アイコン Cognitive Services Azure Cognitive Services は、アプリケーションに AI ベースの機能を追加できるクラウドベースのサービスのコレクションです。 例としては、コンピューター ビジョン、音声認識、言語理解、異常検出などがあります。

Azure の製品とサービスの完全な一覧については、Azure のドキュメントのホームページを参照してください。

次のステップ

Azure アカウントを作成して Azure 開発環境の構成を開始する