macOS 用の apphost を生成する

macOS 上でビルドすると、.NET SDK によってアプリ プロジェクトの実行可能ファイルが生成されるようになりました。

.NET Core 3.0 以降、.NET SDK により、macOS 以外のオペレーティング システム上でビルドする際に、アプリ プロジェクトの実行可能ファイルが作成されていまました。 ただし、macOS 上では実行可能ファイルが作成されませんでした。これは、このバイナリが署名されていないためです。 その結果、OS によって危険と認識されたアプリが作成され、ユーザーが実行することが困難になりました。 .NET 6 SDK を使用すると、アプリの実行可能ファイルに署名できるので、既定で実行可能ファイルが生成されるようになりました。

導入されたバージョン

.NET SDK 6.0.100 Preview 6

以前の動作

apphost の実行可能ファイルは既定では生成されませんでした。 UseAppHost プロパティを true に設定することで、SDK に実行可能ファイルの生成を明示的に要求することができます。

新しい動作

apphost は既定で生成されるようになり、ネイティブのコマンドラインのコード署名を使用して署名されるため、ユーザーはバイナリを簡単に実行できるようになりました。

変更理由

実行可能ファイルのコード署名ができるように、HostModel に必要な変更を実装しました。

アプリが macOS をターゲットにしていて、apphost を生成したくない場合は、UseAppHost プロパティを false に設定して、SDK によってこのファイルが生成されないようにします。

影響を受ける API

N/A