RHEL に .NET SDK または .NET ランタイムをインストールするInstall the .NET SDK or the .NET Runtime on RHEL

.NET は RHEL でサポートされています。.NET is supported on RHEL. この記事では、RHEL に .NET をインストールする方法について説明します。This article describes how to install .NET on RHEL.

.NET アプリを開発する場合は、SDK をインストールします (これにはランタイムが含まれます)。Install the SDK (which includes the runtime) if you want to develop .NET apps. または、アプリを実行する必要があるだけの場合は、ランタイムをインストールします。Or, if you only need to run apps, install the Runtime. ランタイムをインストールする場合は、ASP.NET Core ランタイム をインストールすることをお勧めします。これには .NET と ASP.NET の Core ランタイムの両方が含まれているためです。If you're installing the Runtime, we suggest you install the ASP.NET Core Runtime as it includes both .NET and ASP.NET Core runtimes.

既に SDK またはランタイムをインストールしている場合は、dotnet --list-sdksdotnet --list-runtimes コマンドを使用して、インストールされているバージョンを確認します。If you've already installed the SDK or Runtime, use the dotnet --list-sdks and dotnet --list-runtimes commands to see which versions are installed. 詳細については、.NET が既にインストールされていることを確認する方法に関するページを参照してください。For more information, see How to check that .NET is already installed.

ご利用の Red Hat サブスクリプションを登録するRegister your Red Hat subscription

Red Hat から RHEL に .NET をインストールするには、まず、Red Hat Subscription Manager を使用して登録する必要があります。To install .NET from Red Hat on RHEL, you first need to register using the Red Hat Subscription Manager. ご利用のシステムでまだこれを行っていない場合、または不明な場合は、.NET 向けの Red Hat の製品ドキュメントを参照してください。If this hasn't been done on your system, or if you're unsure, see the Red Hat Product Documentation for .NET.

サポートされているディストリビューションSupported distributions

RHEL 7 と RHEL 8 の両方で現在サポートされている .NET のリリースの一覧は、次の表のとおりです。The following table is a list of currently supported .NET releases on both RHEL 7 and RHEL 8. これらのバージョンは、.NET のバージョンがサポート終了になるか、RHEL のバージョンがサポート終了になるまでサポートされます。These versions remain supported until either the version of .NET reaches end-of-support or the version of RHEL is no longer supported.

  • ✔️ は、RHEL または .NET のバージョンがまだサポートされていることを示します。A ✔️ indicates that the version of RHEL or .NET is still supported.
  • ❌ は、RHEL または .NET のバージョンがその RHEL のリリースではサポートされていないことを示しています。A ❌ indicates that the version of RHEL or .NET isn't supported on that RHEL release.
  • RHEL のバージョンと .NET のバージョンの両方に ✔️ が付いている場合、その OS と .NET の組み合わせはサポートされています。When both a version of RHEL and a version of .NET have ✔️, that OS and .NET combination is supported.
RHELRHEL .NET Core 2.1.NET Core 2.1 .NET Core 3.1.NET Core 3.1 .NET 5.0.NET 5.0
✔️ 8✔️ 8 ✔️ 2.1✔️ 2.1 ✔️ 3.1✔️ 3.1 ✔️ 5.0✔️ 5.0
✔️ 7✔️ 7 ✔️ 2.1✔️ 2.1 ✔️ 3.1✔️ 3.1 ✔️ 5.0✔️ 5.0

次のバージョンの .NET は、サポート対象外となりました。The following versions of .NET are no longer supported. これらのダウンロードは、まだ公開されています。The downloads for these still remain published:

  • 3.03.0
  • 2.22.2
  • 2.02.0

プレビュー バージョンの削除Remove preview versions

パッケージ マネージャーを使用して .NET のインストールを管理しているとき、以前、プレビュー リリースをインストールしている場合、競合が発生することがあります。When using a package manager to manage your installation of .NET, you may run into a conflict if you've previously installed a preview release. パッケージ マネージャーは、プレビューではないリリースを .NET の以前のバージョンとして解釈することがあります。The package manager may interpret the non-preview release as an earlier version of .NET. プレビューではないリリースをインストールするには、最初にプレビュー バージョンをアンインストールします。To install the non-preview release, first uninstall the preview versions. .NET をアンインストールする方法の詳細については、「.NET ランタイムと SDK を削除する方法」を参照してください。For more information about uninstalling .NET, see How to remove the .NET Runtime and SDK.

RHEL 8 ✔️RHEL 8 ✔️

.NET は、RHEL 8 用の AppStream リポジトリに含まれています。.NET is included in the AppStream repositories for RHEL 8.

SDK のインストールInstall the SDK

.NET SDK を使用すると、.NET を使用してアプリを開発できます。The .NET SDK allows you to develop apps with .NET. .NET SDK をインストールする場合、対応するランタイムをインストールする必要はありません。If you install the .NET SDK, you don't need to install the corresponding runtime. .NET SDK をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install the .NET SDK, run the following commands:

sudo dnf install dotnet-sdk-5.0

ランタイムをインストールするInstall the runtime

ASP.NET Core ランタイムを使用すると、ランタイムを提供しない .NET を使用して作成されたアプリを実行できます。The ASP.NET Core Runtime allows you to run apps that were made with .NET that didn't provide the runtime. 次のコマンドを実行すると、.NET の最も互換性の高いランタイムである ASP.NET Core ランタイムがインストールされます。The following commands install the ASP.NET Core Runtime, which is the most compatible runtime for .NET. ご利用のターミナルで、次のコマンドを実行します。In your terminal, run the following commands:

sudo dnf install aspnetcore-runtime-5.0

ASP.NET Core ランタイムの代替手段として、ASP.NET Core サポートを含まない .NET ランタイムをインストールできます。それには、前のコマンドの aspnetcore-runtime-5.0dotnet-runtime-5.0 で置き換えます。As an alternative to the ASP.NET Core Runtime, you can install the .NET Runtime, which doesn't include ASP.NET Core support: replace aspnetcore-runtime-5.0 in the previous command with dotnet-runtime-5.0:

sudo dnf install dotnet-runtime-5.0

RHEL 7 ✔️ .NET 5.0RHEL 7 ✔️ .NET 5.0

次のコマンドでは、scl-utils パッケージがインストールされます。The following command installs the scl-utils package:

sudo yum install scl-utils

SDK のインストールInstall the SDK

.NET SDK を使用すると、.NET を使用してアプリを開発できます。The .NET SDK allows you to develop apps with .NET . .NET SDK をインストールする場合、対応するランタイムをインストールする必要はありません。If you install the .NET SDK, you don't need to install the corresponding runtime. .NET SDK をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install .NET SDK, run the following commands:

subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-dotnet-rpms
yum install rh-dotnet50 -y
scl enable rh-dotnet50 bash

Red Hat では、rh-dotnet50 を永続的に有効にすることは推奨されません。他のプログラムに影響を与える可能性があるためです。Red Hat does not recommend permanently enabling rh-dotnet50 because it may affect other programs. rh-dotnet を永続的に有効にする場合は、 ~/.bashrc ファイルに次の行を追加します。If you want to enable rh-dotnet permanently, add the following line to your ~/.bashrc file.

source scl_source enable rh-dotnet50

ランタイムをインストールするInstall the runtime

.NET ランタイムを使用すると、ランタイムを含まない .NET を使用して作成されたアプリを実行できます。The .NET Runtime allows you to run apps that were made with .NET that didn't include the runtime. 次のコマンドを実行すると、.NET Core の最も互換性の高いランタイムである ASP.NET Core ランタイムがインストールされます。The commands below install the ASP.NET Core Runtime, which is the most compatible runtime for .NET Core. ご利用のターミナルで、次のコマンドを実行します。In your terminal, run the following commands.

subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-dotnet-rpms
yum install rh-dotnet50-aspnetcore-runtime-5.0 -y
scl enable rh-dotnet50 bash

Red Hat では、rh-dotnet50 を永続的に有効にすることは推奨されません。他のプログラムに影響を与える可能性があるためです。Red Hat does not recommend permanently enabling rh-dotnet50 because it may affect other programs. rh-dotnet50 を永続的に有効にする場合は、 ~/.bashrc ファイルに次の行を追加します。If you want to enable rh-dotnet50 permanently, add the following line to your ~/.bashrc file.

source scl_source enable rh-dotnet50

ASP.NET Core ランタイムの代替手段として、ASP.NET Core サポートを含まない .NET ランタイムをインストールできます。それには、前述のコマンドの rh-dotnet50-aspnetcore-runtime-5.0rh-dotnet50-dotnet-runtime-5.0 で置き換えます。As an alternative to the ASP.NET Core Runtime, you can install the .NET Runtime that doesn't include ASP.NET Core support: replace rh-dotnet50-aspnetcore-runtime-5.0 in the commands above with rh-dotnet50-dotnet-runtime-5.0.

RHEL 7 ✔️ .NET Core 3.1RHEL 7 ✔️ .NET Core 3.1

.NET をインストールする前に、次のコマンドを実行して、信頼されたキーの一覧に Microsoft パッケージ署名キーを追加し、Microsoft パッケージ リポジトリを追加します。Before you install .NET, run the following commands to add the Microsoft package signing key to your list of trusted keys and add the Microsoft package repository. ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。Open a terminal and run the following commands:

次のコマンドでは、scl-utils パッケージがインストールされます。The following command installs the scl-utils package:

sudo yum install scl-utils

SDK のインストールInstall the SDK

.NET Core SDK を使用すると、.NET Core を使用してアプリを開発できます。.NET Core SDK allows you to develop apps with .NET Core. .NET Core SDK をインストールする場合、対応するランタイムをインストールする必要はありません。If you install .NET Core SDK, you don't need to install the corresponding runtime. .NET Core SDK をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install .NET Core SDK, run the following commands:

subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-dotnet-rpms
yum install rh-dotnet31 -y
scl enable rh-dotnet31 bash

Red Hat では、rh-dotnet31 を永続的に有効にすることは推奨されません。他のプログラムに影響を与える可能性があるためです。Red Hat does not recommend permanently enabling rh-dotnet31 because it may affect other programs. たとえば、rh-dotnet31 には、ベースとなる RHEL のバージョンとは異なるバージョンの libcurl が含まれています。For example, rh-dotnet31 includes a version of libcurl that differs from the base RHEL version. これにより、異なるバージョンの libcurl を想定していないプログラムで問題が発生する可能性があります。This may lead to issues in programs that do not expect a different version of libcurl. rh-dotnet を永続的に有効にする場合は、 ~/.bashrc ファイルに次の行を追加します。If you want to enable rh-dotnet permanently, add the following line to your ~/.bashrc file.

source scl_source enable rh-dotnet31

ランタイムをインストールするInstall the runtime

.NET Core ランタイムを使用すると、ランタイムを含まない .NET Core を使用して作成されたアプリを実行できます。The .NET Core Runtime allows you to run apps that were made with .NET Core that didn't include the runtime. 次のコマンドを実行すると、.NET Core の最も互換性の高いランタイムである ASP.NET Core ランタイムがインストールされます。The commands below install the ASP.NET Core Runtime, which is the most compatible runtime for .NET Core. ご利用のターミナルで、次のコマンドを実行します。In your terminal, run the following commands.

subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-dotnet-rpms
yum install rh-dotnet31-aspnetcore-runtime-3.1 -y
scl enable rh-dotnet31 bash

Red Hat では、rh-dotnet31 を永続的に有効にすることは推奨されません。他のプログラムに影響を与える可能性があるためです。Red Hat does not recommend permanently enabling rh-dotnet31 because it may affect other programs. たとえば、rh-dotnet31 には、ベースとなる RHEL のバージョンとは異なるバージョンの libcurl が含まれています。For example, rh-dotnet31 includes a version of libcurl that differs from the base RHEL version. これにより、異なるバージョンの libcurl を想定していないプログラムで問題が発生する可能性があります。This may lead to issues in programs that do not expect a different version of libcurl. rh-dotnet31 を永続的に有効にする場合は、 ~/.bashrc ファイルに次の行を追加します。If you want to enable rh-dotnet31 permanently, add the following line to your ~/.bashrc file.

source scl_source enable rh-dotnet31

ASP.NET Core ランタイムの代替手段として、ASP.NET Core サポートを含まない .NET Core ランタイムをインストールできます。それには、前述のコマンドの rh-dotnet31-aspnetcore-runtime-3.1rh-dotnet31-dotnet-runtime-3.1 で置き換えます。As an alternative to the ASP.NET Core Runtime, you can install the .NET Core Runtime that doesn't include ASP.NET Core support: replace rh-dotnet31-aspnetcore-runtime-3.1 in the commands above with rh-dotnet31-dotnet-runtime-3.1.

依存関係Dependencies

パッケージ マネージャーを使用してインストールする場合、次のライブラリが自動的にインストールされます。When you install with a package manager, these libraries are installed for you. ただし、手動で .NET Core をインストールする場合、または自己完結型アプリを公開する場合は、次のライブラリがインストールされていることを確認する必要があります。But, if you manually install .NET Core or you publish a self-contained app, you'll need to make sure these libraries are installed:

  • krb5-libskrb5-libs
  • libiculibicu
  • openssl-libsopenssl-libs
  • zlibzlib

ターゲット ランタイム環境の OpenSSL バージョンが 1.1 以降である場合は、compat-openssl10 をインストールする必要があります。If the target runtime environment's OpenSSL version is 1.1 or newer, you'll need to install compat-openssl10.

依存関係の詳細については、「Self-contained Linux applications」(自己完結型 Linux アプリケーション) をご覧ください。For more information about the dependencies, see Self-contained Linux apps.

System.Drawing.Common アセンブリを使用する .NET Core アプリの場合は、次の依存関係も必要です。For .NET Core apps that use the System.Drawing.Common assembly, you'll also need the following dependency:

その他のバージョンをインストールする方法How to install other versions

.NET の他のリリースをインストールするために必要な手順については、.NET 向けの Red Hat のドキュメントを参照してください。Consult the Red Hat documentation for .NET on the steps required to install other releases of .NET.

次のステップNext steps