Linux における .NET Core の前提条件Prerequisites for .NET Core on Linux

この記事では、Linux で .NET Core アプリケーションを開発するために必要な依存関係を示します。This article shows the dependencies needed to develop .NET Core applications on Linux. 後述のサポートされている Linux ディストリビューション/バージョンと依存関係は、Linux で .NET Core アプリを開発する次の 2 つの方法に適用されます。The supported Linux distributions/versions, and dependencies that follow apply to the two ways of developing .NET Core apps on Linux:

サポートされている Linux バージョンSupported Linux versions

.NET Core 2.0 は、1 つのオペレーティング システムとして Linux を扱います。.NET Core 2.0 treats Linux as a single operating system. サポートされている Linux ディストリビューション用に、1 つの Linux ビルド (チップ アーキテクチャあたり) があります。There is a single Linux build (per chip architecture) for supported Linux distros.

.NET Core 2.x は、次の Linux 64 ビット (x86_64 または amd64) ディストリビューション/バージョンでサポートされています。NET Core 2.x is supported on the following Linux 64-bit (x86_64 or amd64) distributions/versions:

  • Red Hat Enterprise Linux 7Red Hat Enterprise Linux 7
  • CentOS 7CentOS 7
  • Oracle Linux 7Oracle Linux 7
  • Fedora 25、Fedora 26Fedora 25, Fedora 26
  • Debian 8.7 以降のバージョンDebian 8.7 or later versions
  • Ubuntu 17.04、Ubuntu 16.04、Ubuntu 14.04Ubuntu 17.04, Ubuntu 16.04, Ubuntu 14.04
  • Linux Mint 18、Linux Mint 17Linux Mint 18, Linux Mint 17
  • openSUSE 42.2 以降のバージョンopenSUSE 42.2 or later versions
  • SUSE Enterprise Linux (SLES) 12 SP2 以降のバージョンSUSE Enterprise Linux (SLES) 12 SP2 or later versions

.NET Core 2.x がサポートされているオペレーティング システム (サポートされている OS バージョン以外) の完全なリスト、およびライフサイクル ポリシーのリンクについては、「.NET Core 2.x Supported OS Versions」 (.NET Core 2.x がサポートされる OS のバージョン) を参照してください。See .NET Core 2.x Supported OS Versions for the complete list of .NET Core 2.x supported operating systems, out of support OS versions, and lifecycle policy links.

Linux ディストリビューションの依存関係Linux distribution dependencies

次に例を示します。The following are intended to be examples. 選択した Linux ディストリビューションで、バージョンと名前が多少異なる場合があります。The exact versions and names may vary slightly on your Linux distribution of choice.

UbuntuUbuntu

Ubuntu ディストリビューションには、次のライブラリがインストールされている必要があります。Ubuntu distributions require the following libraries installed:

  • libunwind8libunwind8
  • liblttng-ust0liblttng-ust0
  • libcurl3libcurl3
  • libssl1.0.0libssl1.0.0
  • libuuid1libuuid1
  • libkrb5-3libkrb5-3
  • zlib1gzlib1g
  • libicu52 (14.X 用)libicu52 (for 14.X)
  • libicu55 (16.X 用)libicu55 (for 16.X)
  • libicu57 (17.X 用)libicu57 (for 17.X)

CentOSCentOS

CentOS ディストリビューションには、次のライブラリがインストールされている必要があります。CentOS distributions require the following libraries installed:

  • libunwindlibunwind
  • lttng-ustlttng-ust
  • libcurllibcurl
  • openssl-libsopenssl-libs
  • libuuidlibuuid
  • krb5-libskrb5-libs
  • libiculibicu
  • zlibzlib

依存関係の詳細については、「Self-contained Linux applications (自己完結型 Linux アプリケーション)」をご覧ください。For more information about the dependencies, see Self-contained Linux applications.

ネイティブ インストーラーを使用した .NET Core の依存関係のインストールInstalling .NET Core dependencies with the native installers

.NET Core ネイティブ インストーラーは、サポートされている Linux ディストリビューション/バージョンに利用できます。.NET Core native installers are available for supported Linux distributions/versions. このネイティブ インストーラーは、サーバーへの admin (sudo) アクセスを必要とします。The native installers require admin (sudo) access to the server. ネイティブ インストーラーを使用することの利点は、.NET Core ネイティブの依存関係がすべてインストールされることです。The advantage of using a native installer is that all of the .NET Core native dependencies are installed. また、ネイティブ インストーラーでは、.NET Core SDK もシステム全体にインストールします。Native installers also install the .NET Core SDK system-wide.

Linux では、2 つのインストーラー パッケージから選択できます。On Linux, there are two installer package choices:

  • フィードベースのパッケージ マネージャー (Ubuntu では apt-get、CentOS/RHEL では yum など) を使用するUsing a feed-based package manager, such as apt-get for Ubuntu, or yum for CentOS/RHEL.
  • パッケージ自体 (DEB または RPM) を使用するUsing the packages themselves, DEB or RPM.

.NET Core インストーラー スクリプトを使用したスクリプトのインストールScripting Installs with the .NET Core installer script

dotnet-install スクリプトは、CLI ツールチェーンと共有ランタイムの非管理者インストールを実行するために使用されます。The dotnet-install scripts are used to perform a non-admin install of the CLI toolchain and the shared runtime. 次の場所からスクリプトをダウンロードできます: https://dot.net/v1/dotnet-install.shYou can download the script from: https://dot.net/v1/dotnet-install.sh

インストーラーの bash スクリプトは、自動化シナリオと管理者以外のインストールで使用されます。The installer bash script is used in automation scenarios and non-admin installations. このスクリプトは、PowerShell のスイッチも読み取るので、Linux/OS X システムのスクリプトで使うことができます。This script also reads PowerShell switches, so they can be used with the script on Linux/OS X systems.

重要

スクリプトを実行する前に、必要な依存関係をすべてインストールします。Before running the script, install the required dependencies.

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 用の .NET Core をインストールするInstall .NET Core for Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

RHEL 7 に .NET Core をインストールするには:To install .NET Core on RHEL 7:

  1. RHEL 7 サブスクリプションで利用できる Red Hat .NET チャネルを有効にします。Enable the Red Hat .NET channel, available under your RHEL 7 subscription.

    • Red Hat Enterprise 7 Server の場合は、次を使用します。For Red Hat Enterprise 7 Server, use:

      subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-dotnet-rpms
      
    • Red Hat Enterprise 7 Workstation の場合は、次を使用します。For Red Hat Enterprise 7 Workstation, use:

      subscription-manager repos --enable=rhel-7-workstation-dotnet-rpms
      
    • Red Hat Enterprise 7 HPC Compute Node の場合は、次を使用します。For Red Hat Enterprise 7 HPC Compute Node, use:

      subscription-manager repos --enable=rhel-7-hpc-node-dotnet-rpms
      
  2. scl ツールをインストールします。Install the scl tool.

    yum install scl-utils
    
  3. .NET Core をインストールします。Install .NET Core

.NET Core 2.0 SDK とランタイムをインストールします。Install .NET Core 2.0 SDK and Runtime:

yum install rh-dotnet20

環境に対して .NET Core 2.0 SDK/ランタイムを有効にします。Enable .NET Core 2.0 SDK/Runtime for your environment:

scl enable rh-dotnet20 bash
  1. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

Red Hat .NET チャネル アクセスの登録に関するヘルプについては、Red Hat の「Chapter 1 of the .NET Core 1.1 Getting Started Guide」 (.NET Core 1.1 ファースト ステップ ガイドの第 1 章) を参照してください。For Red Hat .NET channel access registration help, see Chapter 1 of the .NET Core 1.1 Getting Started Guide at Red Hat.

.NET Core for Ubuntu 14.04、Ubuntu 16.04、Ubuntu 16.10 および Linux Mint 17、Linux Mint 18 (64 ビット)Install .NET Core for Ubuntu 14.04, Ubuntu 16.04, Ubuntu 16.10 & Linux Mint 17, Linux Mint 18 (64 bit)

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.
  1. 信頼済みとして Microsoft プロダクト キーを登録します。Register the Microsoft Product key as trusted.

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
    sudo mv microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg
    
  2. 必要なバージョンのホスト パッケージ フィードを設定します。Set up the desired version host package feed.

    Ubuntu 17.10Ubuntu 17.10

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-ubuntu-artful-prod artful main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    sudo apt-get update
    

    Ubuntu 17.04Ubuntu 17.04

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-ubuntu-zesty-prod zesty main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    sudo apt-get update
    

    Ubuntu 16.04 / Linux Mint 18Ubuntu 16.04 / Linux Mint 18

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-ubuntu-xenial-prod xenial main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    sudo apt-get update
    

    Ubuntu 14.04 / Linux Mint 17Ubuntu 14.04 / Linux Mint 17

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-ubuntu-trusty-prod trusty main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    sudo apt-get update
    
  3. .NET Core をインストールします。Install .NET Core.

    sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1.4
    
  4. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

Debian 8 または Debian 9 (64 ビット) 用の .NET Core をインストールするInstall .NET Core for Debian 8 or Debian 9 (64 bit)

Debian 8 または Debian 9 (64 ビット) 用の .NET Core をインストールするには:To install .NET Core on Debian 8 or Debian 9 (64 bit):

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.

注意

tar.gz から Linux システムをインストールするには、ユーザー指定のディレクトリが必要です。A user-controlled directory is required for Linux system installs from tar.gz.

  1. システムのコンポーネントをインストールします。Install system components.

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install curl libunwind8 gettext apt-transport-https
    
  2. 信頼済みの Microsoft プロダクト キーを登録します。Register the trusted Microsoft Product key.

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
    sudo mv microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg
    
  3. Microsoft 製品フィードを登録します。Register the Microsoft Product feed.

    Debian 9 (Stretch)Debian 9 (Stretch)

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-stretch-prod stretch main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    

    Debian 8 (Jessie)Debian 8 (Jessie)

    sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-jessie-prod jessie main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    
  4. .NET Core SDK をインストールします。Install .NET Core SDK.

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install dotnet-sdk-2.0.0
    
  5. パスに dotnet を追加します。Add dotnet to your PATH.

    export PATH=$PATH:$HOME/dotnet
    
  6. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

.NET Core for Fedora 24、Fedora 25、または Fedora 26 (64 ビット) をインストールするInstall .NET Core for Fedora 24, Fedora 25, or Fedora 26 (64 bit)

.NET Core 2.x を Fedora 26 または Fedora 25 にインストールするか、.NET Core 1.x を Fedora 24 にインストールするには、次のようにします。To install .NET Core 2.x on Fedora 26 or Fedora 25, or .NET Core 1.x on Fedora 24:

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.

注意

tar.gz から Linux システムをインストールするには、ユーザー指定のディレクトリが必要です。A user-controlled directory is required for Linux system installs from tar.gz.

Fedora 26 または Fedora 25Fedora 26 or Fedora 25

  1. Microsoft 署名キーを登録します。Register the Microsoft signature key.

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
  2. dotnet 製品フィードを追加します。Add the dotnet product feed.

    sudo sh -c 'echo -e "[packages-microsoft-com-prod]\nname=packages-microsoft-com-prod \nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/microsoft-rhel7.3-prod\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/dotnetdev.repo'
    
  3. .NET Core SDK をインストールします。Install the .NET Core SDK.

    sudo dnf update
    sudo dnf install libunwind libicu
    sudo dnf install dotnet-sdk-2.0.0
    
  4. パスに dotnet を追加します。Add dotnet to your PATH.

    export PATH=$PATH:$HOME/dotnet
    
  1. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

CentOS 7.1 (64 bit) および Oracle Linux 7.1 (64 bit) 用の .NET Core をインストールするInstall .NET Core for CentOS 7.1 (64 bit) & Oracle Linux 7.1 (64 bit)

CentOS 7.1 (64 ビット) および Oracle Linux 7.1 (64 ビット) 用の .NET Core をインストールするには、次のようにします。To install .NET Core for CentOS 7.1 (64 bit) & Oracle Linux 7.1 (64 bit):

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.

注意

tar.gz から Linux システムをインストールするには、ユーザー指定のディレクトリが必要です。A user-controlled directory is required for Linux system installs from tar.gz.

  1. Microsoft 署名キーを登録します。Register the Microsoft signature key.

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
  2. Microsoft 製品フィードを追加します。Add the Microsoft Product feed.

    sudo sh -c 'echo -e "[packages-microsoft-com-prod]\nname=packages-microsoft-com-prod \nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/microsoft-rhel7.3-prod\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/dotnetdev.repo'
    
  3. .NET Core SDK をインストールします。Install the .NET Core SDK.

    sudo yum update
    sudo yum install libunwind libicu
    sudo yum install dotnet-sdk-2.0.0
    
  4. パスに dotnet を追加します。Add dotnet to your PATH

    export PATH=$PATH:$HOME/dotnet
    
  1. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

.NET Core for SUSE Linux Enterprise Server (64 ビット) をインストールするInstall .NET Core for SUSE Linux Enterprise Server (64 bit)

SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12 SP2 (64 ビット) 用の .NET Core 2.x をインストールするには、次のようにします。To install .NET Core 2.x for SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12 SP2 (64 bit):

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.

  2. dotnet 製品フィードを追加します。Add the dotnet product feed.

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    sudo sh -c 'echo -e "[packages-microsoft-com-prod]\nname=packages-microsoft-com-prod \nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/microsoft-rhel7.3-prod\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/zypp/repos.d/dotnetdev.repo'
    
  3. .NET Core SDK をインストールします。Install the .NET Core SDK.

    sudo zypper update
    sudo zypper install libunwind libicu
    sudo zypper install dotnet-sdk-2.0.0
    
  4. パスに dotnet を追加します。Add dotnet to your PATH.

    export PATH=$PATH:$HOME/dotnet
    
  5. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

.NET Core for openSUSE (64 ビット) をインストールするInstall .NET Core for openSUSE (64 bit)

openSUSE 用の .NET Core 2.x または openSUSE (64 ビット) 用の .NET Core 1.x をインストールするには、次のようにします。To install .NET Core 2.x for openSUSE or .NET Core 1.x for openSUSE (64 bit):

  1. システムから以前のプレビュー バージョンの .NET Core を削除します。Remove any previous preview versions of .NET Core from your system.

注意

tar.gz から Linux システムをインストールするには、ユーザー指定のディレクトリが必要です。A user-controlled directory is required for Linux system installs from tar.gz.

  1. Microsoft 署名キーを登録します。Register the Microsoft signature key.

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
  2. dotnet 製品フィードを追加します。Add the dotnet product feed.

    sudo sh -c 'echo -e "[packages-microsoft-com-prod]\nname=packages-microsoft-com-prod \nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/microsoft-rhel7.3-prod\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/zypp/repos.d/dotnetdev.repo'
    
  3. .NET Core SDK をインストールします。Install the .NET Core SDK.

    sudo zypper update
    sudo zypper install libunwind libicu
    sudo zypper install dotnet-sdk-2.0.0
    
  4. パスに dotnet を追加します。Add dotnet to your PATH.

    export PATH=$PATH:$HOME/dotnet
    
  1. dotnet --version コマンドを実行して、インストールが成功したことを確認します。Run the dotnet --version command to prove the installation succeeded.

    dotnet --version
    

重要

サポートされている Linux ディストリビューション/バージョンの .NET Core 2.x で問題が発生している場合は、インストールしたディストリビューション/バージョンに対する 2.0 の既知の問題を参照してください。If you have problems with the .NET Core 2.x installation on a supported Linux distribution/version, consult the 2.0 Known issues topic for your installed distributions/versions.

サポートされている Linux ディストリビューション/バージョンの .NET Core 1.x で問題が発生している場合は、インストールしたディストリビューション/バージョンに対する 1.0.0 の既知の問題1.0.1 の既知の問題を参照してください。If you have problems with the .NET Core 1.x installation on a supported Linux distribution/version, consult the 1.0.0 Known Issues and 1.0.1 Known Issues topics for your installed distributions/versions.