dotnet cleandotnet clean

このトピックの対象: ✓ .NET Core 1.x SDK 以降のバージョンThis topic applies to: ✓ .NET Core 1.x SDK and later versions

nameName

dotnet clean - プロジェクトの出力を消去します。dotnet clean - Cleans the output of a project.

構文Synopsis

dotnet clean [<PROJECT>|<SOLUTION>] [-c|--configuration] [-f|--framework] [--interactive] [-o|--output] [-r|--runtime] [-v|--verbosity]
dotnet clean [-h|--help]

説明Description

dotnet clean コマンドは、以前のビルドの出力を消去します。The dotnet clean command cleans the output of the previous build. MSBuild ターゲットとして実装されます。そのため、コマンドの実行時にプロジェクトが評価されます。It's implemented as an MSBuild target, so the project is evaluated when the command is run. ビルド中に作成された出力のみが消去されます。Only the outputs created during the build are cleaned. 中間 (obj) と最終出力 (bin) フォルダーの両方が消去されます。Both intermediate (obj) and final output (bin) folders are cleaned.

引数Arguments

PROJECT | SOLUTION

クリーンにする MSBuild プロジェクトまたはソリューション。The MSBuild project or solution to clean. プロジェクトまたはソリューションのファイルを指定しない場合、MSBuild は、現在の作業ディレクトリから proj または sln のどちらかで終わるファイル拡張子を持つファイルを検索して、そのファイルを使います。If a project or solution file is not specified, MSBuild searches the current working directory for a file that has a file extension that ends in proj or sln, and uses that file.

オプションOptions

  • -c|--configuration {Debug|Release}

    ビルド構成を定義します。Defines the build configuration. 既定値は Debug です。The default value is Debug. このオプションは、ビルド時に指定した場合にのみ、消去時にも必要です。This option is only required when cleaning if you specified it during build time.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ビルド時に指定されたフレームワークです。The framework that was specified at build time. フレームワークは、プロジェクト ファイルで定義する必要があります。The framework must be defined in the project file. ビルド時にフレームワークを指定した場合は、消去時にフレームワークを指定する必要があります。If you specified the framework at build time, you must specify the framework when cleaning.

  • -h|--help

    コマンドの短いヘルプを印刷します。Prints out a short help for the command.

  • --interactive

    コマンドを停止して、ユーザーの入力または操作のために待機させることができます。Allows the command to stop and wait for user input or action. たとえば、認証を完了する場合があります。For example, to complete authentication. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

  • -o|--output <OUTPUT_DIRECTORY>

    クリーンにするビルド成果物を含むディレクトリ。The directory that contains the build artifacts to clean. プロジェクトのビルド時にフレームワークを指定した場合、出力ディレクトリ スイッチと共に -f|--framework <FRAMEWORK> スイッチを指定します。Specify the -f|--framework <FRAMEWORK> switch with the output directory switch if you specified the framework when the project was built.

  • -r|--runtime <RUNTIME_IDENTIFIER>

    指定したランタイムの出力フォルダーをクリーンアップします。Cleans the output folder of the specified runtime. これは、自己完結型の展開が作成された場合に使用されます。This is used when a self-contained deployment was created. .NET Core 2.0 SDK 以降、使用できるオプションです。Option available since .NET Core 2.0 SDK.

  • -v|--verbosity <LEVEL>

    MSBuild の詳細レベルを設定します。Sets the MSBuild verbosity level. 指定できる値は、q[uiet]m[inimal]n[ormal]d[etailed]、および diag[nostic] です。Allowed values are q[uiet], m[inimal], n[ormal], d[etailed], and diag[nostic]. 既定値は、normal です。The default is normal.

使用例Examples

  • プロジェクトの既定のビルドを消去します。Clean a default build of the project:

    dotnet clean
    
  • リリース構成を使用してビルドされたプロジェクトを消去します。Clean a project built using the Release configuration:

    dotnet clean --configuration Release