dotnet-install スクリプト リファレンスdotnet-install scripts reference

名前Name

dotnet-install.ps1 | dotnet-install.sh - .NET Core SDK と共有ランタイムをインストールするために使うスクリプトです。dotnet-install.ps1 | dotnet-install.sh - Script used to install the .NET Core SDK and the shared runtime.

構文Synopsis

Windows の場合:Windows:

dotnet-install.ps1 [-Architecture <ARCHITECTURE>] [-AzureFeed]
    [-Channel <CHANNEL>] [-DryRun] [-FeedCredential]
    [-InstallDir <DIRECTORY>] [-JSonFile <JSONFILE>]
    [-NoCdn] [-NoPath] [-ProxyAddress] [-ProxyBypassList <LIST_OF_URLS>]
    [-ProxyUseDefaultCredentials] [-Runtime <RUNTIME>]
    [-SkipNonVersionedFiles] [-UncachedFeed] [-Verbose]
    [-Version <VERSION>]

Get-Help ./dotnet-install.ps1

Linux/macOS:Linux/macOS:

dotnet-install.sh  [--architecture <ARCHITECTURE>] [--azure-feed]
    [--channel <CHANNEL>] [--dry-run] [--feed-credential]
    [--install-dir <DIRECTORY>] [--jsonfile <JSONFILE>]
    [--no-cdn] [--no-path] [--runtime <RUNTIME>] [--runtime-id <RID>]
    [--skip-non-versioned-files] [--uncached-feed] [--verbose]
    [--version <VERSION>]

dotnet-install.sh --help

bash スクリプトは PowerShell のスイッチも読み取るので、Linux/macOS システムのスクリプトで PowerShell のスイッチを使うことができます。The bash script also reads PowerShell switches, so you can use PowerShell switches with the script on Linux/macOS systems.

説明Description

dotnet-install スクリプトによって、.NET Core CLI や共有ランタイムを含む .NET Core SDK の非管理者インストールが実行されます。The dotnet-install scripts perform a non-admin installation of the .NET Core SDK, which includes the .NET Core CLI and the shared runtime. 次の 2 つのスクリプトがあります。There are two scripts:

  • Windows 上で動作する PowerShell スクリプト。A PowerShell script that works on Windows.
  • Linux/macOS で動作する bash スクリプト。A bash script that works on Linux/macOS.

目的Purpose

このスクリプトの用途は本来、次のような継続的インテグレーション (CI) シナリオ向けとして意図されています。The intended use of the scripts is for Continuous Integration (CI) scenarios, where:

  • ユーザーの操作と管理者権限なしで SDK をインストールする必要がある。The SDK needs to be installed without user interaction and without admin rights.

  • SDK インストールを複数の CI 実行間で保持する必要がない。The SDK installation doesn't need to persist across multiple CI runs.

    イベントの一般的なシーケンス:The typical sequence of events:

    • CI がトリガーされます。CI is triggered.
    • CI により、これらのスクリプトの 1 つを利用して SDK がインストールされます。CI installs the SDK using one of these scripts.
    • CI でその作業が完了し、SDK インストールを含む、一時的なデータが消去されます。CI finishes its work and clears temporary data including the SDK installation.

開発環境を設定するか、アプリを実行するには、これらのスクリプトではなく、インストーラーを使用します。To set up a development environment or to run apps, use the installers rather than these scripts.

安定したバージョンのスクリプトを使用することをお勧めします。We recommend that you use the stable version of the scripts:

スクリプトの動作Script behavior

スクリプトの動作は両方とも同じです。Both scripts have the same behavior. CLI ビルド ドロップから ZIP/tarball ファイルをダウンロードし、既定の場所または -InstallDir|--install-dir で指定された場所へのインストールに進みます。They download the ZIP/tarball file from the CLI build drops and proceed to install it in either the default location or in a location specified by -InstallDir|--install-dir.

既定では、インストール スクリプトは SDK をダウンロードしてインストールします。By default, the installation scripts download the SDK and install it. 共有ランタイムの取得だけを行いたい場合は、-Runtime|--runtime 引数を指定します。If you wish to only obtain the shared runtime, specify the -Runtime|--runtime argument.

既定では、スクリプトはインストールの場所を現在のセッションの $PATH に追加します。By default, the script adds the install location to the $PATH for the current session. -NoPath|--no-path 引数を指定することによってこの既定の動作をオーバーライドします。Override this default behavior by specifying the -NoPath|--no-path argument. スクリプトでは、DOTNET_ROOT 環境変数は設定されません。The script doesn't set the DOTNET_ROOT environment variable.

スクリプトを実行する前に、必要な依存関係をすべてインストールします。Before running the script, install the required dependencies.

-Version|--version 引数を使用して、特定のバージョンをインストールすることができます。You can install a specific version using the -Version|--version argument. バージョンには 3 つの部分からなるバージョン番号 (2.1.0 など) を指定する必要があります。The version must be specified as a three-part version number, such as 2.1.0. バージョンが指定されていない場合、スクリプトでは latest バージョンがインストールされます。If the version isn't specified, the script installs the latest version.

インストール スクリプトでは、Windows 上のレジストリは更新されません。The install scripts do not update the registry on Windows. zip 形式のバイナリがダウンロードされて、フォルダーにコピーされるだけです。They just download the zipped binaries and copy them to a folder. レジストリ キーの値を更新する必要がある場合は、.NET Core インストーラーを使用します。If you want registry key values to be updated, use the .NET Core installers.

オプションOptions

  • -Architecture|--architecture <ARCHITECTURE>

    インストールする .NET Core バイナリのアーキテクチャです。Architecture of the .NET Core binaries to install. 指定できる値は、<auto>amd64x64x86arm64、および arm です。Possible values are <auto>, amd64, x64, x86, arm64, and arm. 既定値は <auto> です。これは実行中の OS アーキテクチャを示します。The default value is <auto>, which represents the currently running OS architecture.

  • -AzureFeed|--azure-feed

    Azure フィードの URL をインストーラーに指定します。Specifies the URL for the Azure feed to the installer. この値は変更しないことをお勧めします。We recommended that you don't change this value. 既定値は https://dotnetcli.azureedge.net/dotnet です。The default value is https://dotnetcli.azureedge.net/dotnet.

  • -Channel|--channel <CHANNEL>

    インストールのソース チャネルを指定します。Specifies the source channel for the installation. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • Current - 最新リリース。Current - Most current release.
    • LTS - 長期的なサポート チャネル (サポートされている最新リリース)。LTS - Long-Term Support channel (most current supported release).
    • 特定のリリースを表す X.Y 形式の 2 部構成のバージョン (たとえば、2.1 または 3.0)。Two-part version in X.Y format representing a specific release (for example, 2.1 or 3.0).
    • ブランチ名: たとえば、release/3.1.1xx または master (夜間リリース用)Branch name: for example, release/3.1.1xx or master (for nightly releases). プレビュー チャネルからバージョンをインストールするには、このオプションを使用します。Use this option to install a version from a preview channel. インストーラーとバイナリ」に記載されているチャネルの名前を使用します。Use the name of the channel as listed in Installers and Binaries.

    既定値は LTS です。The default value is LTS. .NET のサポート チャネルの詳細については、「.NET Support Policy」(.NET のサポート ポリシー) ページを参照してください。For more information on .NET support channels, see the .NET Support Policy page.

  • -DryRun|--dry-run

    設定すると、スクリプトでインストールは実行されません。If set, the script won't perform the installation. 代わりに、現在要求されているバージョンの .NET Core CLI を一貫してインストールするために使用するコマンド ラインが表示されます。Instead, it displays what command line to use to consistently install the currently requested version of the .NET Core CLI. たとえば、バージョン latest を指定すると、そのバージョンのリンクが表示されるので、ビルド スクリプトで確定的にこのコマンドを使用できます。For example, if you specify version latest, it displays a link with the specific version so that this command can be used deterministically in a build script. また、自分でインストールまたはダウンロードしたい場合、バイナリの場所も表示されます。It also displays the binary's location if you prefer to install or download it yourself.

  • -FeedCredential|--feed-credential

    Azure フィードに付加するクエリ文字列として使用されます。Used as a query string to append to the Azure feed. 非公開の BLOB ストレージ アカウントを使用するように URL を変更することができます。It allows changing the URL to use non-public blob storage accounts.

  • --help

    スクリプトのヘルプを出力します。Prints out help for the script. bash スクリプトのみに適用されます。Applies only to bash script. PowerShell の場合、Get-Help ./dotnet-install.ps1 を使用します。For PowerShell, use Get-Help ./dotnet-install.ps1.

  • -InstallDir|--install-dir <DIRECTORY>

    インストール パスを指定します。Specifies the installation path. 存在しない場合は、ディレクトリが作成されます。The directory is created if it doesn't exist. 既定値は、 %LocalAppData%\Microsoft\dotnet (Windows) または /usr/share/dotnet (Linux と macOS) です。The default value is %LocalAppData%\Microsoft\dotnet on Windows and /usr/share/dotnet on Linux/macOS. バイナリは、このディレクトリに直接配置されます。Binaries are placed directly in this directory.

  • -JSonFile|--jsonfile <JSONFILE>

    SDK バージョンを決定するために使用される global.json ファイルへのパスを指定します。Specifies a path to a global.json file that will be used to determine the SDK version. global.json ファイルには sdk:version の値が必要です。The global.json file must have a value for sdk:version.

  • -NoCdn|--no-cdn

    Azure Content Delivery Network (CDN) からのダウンロードを無効にし、キャッシュされていないフィードを直接使用します。Disables downloading from the Azure Content Delivery Network (CDN) and uses the uncached feed directly.

  • -NoPath|--no-path

    設定すると、インストール フォルダーは現在のセッションのパスにはエクスポートされません。If set, the installation folder isn't exported to the path for the current session. 既定では、スクリプトによって PATH が変更されます。これにより、インストール後すぐに .NET Core CLI を使用できるようになります。By default, the script modifies the PATH, which makes the .NET Core CLI available immediately after install.

  • -ProxyAddress

    設定すると、インストーラーで Web 要求を行うときにプロキシが使われます。If set, the installer uses the proxy when making web requests. (Windows でのみ有効)。(Only valid for Windows.)

  • -ProxyBypassList <LIST_OF_URLS>

    ProxyAddress で設定されている場合、プロキシをバイパスする URL をコンマ区切りの一覧で提供します。If set with ProxyAddress, provides a list of comma-separated urls that will bypass the proxy. (Windows でのみ有効)。(Only valid for Windows.)

  • ProxyUseDefaultCredentials

    設定すると、プロキシ アドレスの使用時に、インストーラーでは現在のユーザーの資格情報が使用されます。If set, the installer uses the credentials of the current user when using proxy address. (Windows でのみ有効)。(Only valid for Windows.)

  • -Runtime|--runtime <RUNTIME>

    SDK 全体ではなく共有ランタイムのみがインストールされます。Installs just the shared runtime, not the entire SDK. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • dotnet - Microsoft.NETCore.App 共有ランタイム。dotnet - the Microsoft.NETCore.App shared runtime.
    • aspnetcore - Microsoft.AspNetCore.App 共有ランタイム。aspnetcore - the Microsoft.AspNetCore.App shared runtime.
    • windowsdesktop - Microsoft.WindowsDesktop.App 共有ランタイム。windowsdesktop - the Microsoft.WindowsDesktop.App shared runtime.
  • --runtime-id <RID>

    ツールのインストール先のランタイム識別子を指定します。Specifies the runtime identifier for which the tools are being installed. Portable Linux には linux-x64 を使用します。Use linux-x64 for portable Linux. (Linux または macOS でのみ有効)。(Only valid for Linux/macOS.)

  • -SharedRuntime|--shared-runtime

    注意

    このパラメーターは非推奨であり、今後のバージョンのスクリプトでは削除される可能性があります。This parameter is obsolete and may be removed in a future version of the script. 別の方法として、-Runtime|--runtime オプションを使用することをお勧めします。The recommended alternative is the -Runtime|--runtime option.

    SDK 全体ではなく共有ランタイム ビットのみがインストールされます。Installs just the shared runtime bits, not the entire SDK. このオプションは、-Runtime|--runtime dotnet を指定することと同じです。This option is equivalent to specifying -Runtime|--runtime dotnet.

  • -SkipNonVersionedFiles|--skip-non-versioned-files

    dotnet.exe など、バージョン管理されていないファイルが既に存在する場合は、そのインストールをスキップします。Skips installing non-versioned files, such as dotnet.exe, if they already exist.

  • -UncachedFeed|--uncached-feed

    このインストーラーで使用されている、キャッシュされていないフィードの URL を変更することを許可します。Allows changing the URL for the uncached feed used by this installer. この値は変更しないことをお勧めします。We recommended that you don't change this value.

  • -Verbose|--verbose

    診断情報を表示します。Displays diagnostics information.

  • -Version|--version <VERSION>

    特定のビルド バージョンを表します。Represents a specific build version. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • latest - チャネルの最新ビルド (-Channel オプションで使用)。latest - Latest build on the channel (used with the -Channel option).
    • coherent - チャネルの最新のコヒーレント ビルド。最新の安定版パッケージの組み合わせを使用します (ブランチ名の -Channel オプションで使用)。coherent - Latest coherent build on the channel; uses the latest stable package combination (used with Branch name -Channel options).
    • 特定のビルド バージョンを表す X.Y.Z 形式の 3 部構成のバージョン。-Channel オプションよりも優先されます。Three-part version in X.Y.Z format representing a specific build version; supersedes the -Channel option. たとえば、2.0.0-preview2-006120 のように指定します。For example: 2.0.0-preview2-006120.

    指定しない場合、-Version の既定値は latest です。If not specified, -Version defaults to latest.

使用例Examples

  • 最新の長期サポート (LST) バージョンを既定の場所にインストールします。Install the latest long-term supported (LTS) version to the default location:

    Windows の場合:Windows:

    ./dotnet-install.ps1 -Channel LTS
    

    macOS/Linux の場合:macOS/Linux:

    ./dotnet-install.sh --channel LTS
    
  • 3.1 チャネルから、最新バージョンを指定した場所にインストールします。Install the latest version from 3.1 channel to the specified location:

    Windows の場合:Windows:

    ./dotnet-install.ps1 -Channel 3.1 -InstallDir C:\cli
    

    macOS/Linux の場合:macOS/Linux:

    ./dotnet-install.sh --channel 3.1 --install-dir ~/cli
    
  • 共有ランタイムの 3.0.0 バージョンをインストールします。Install the 3.0.0 version of the shared runtime:

    Windows の場合:Windows:

    ./dotnet-install.ps1 -Runtime dotnet -Version 3.0.0
    

    macOS/Linux の場合:macOS/Linux:

    ./dotnet-install.sh --runtime dotnet --version 3.0.0
    
  • スクリプトを入手し、会社のプロキシの背後に 2.1.2 バージョンをインストールします (Windows のみ)。Obtain script and install the 2.1.2 version behind a corporate proxy (Windows only):

    Invoke-WebRequest 'https://dot.net/v1/dotnet-install.ps1' -Proxy $env:HTTP_PROXY -ProxyUseDefaultCredentials -OutFile 'dotnet-install.ps1';
    ./dotnet-install.ps1 -InstallDir '~/.dotnet' -Version '2.1.2' -ProxyAddress $env:HTTP_PROXY -ProxyUseDefaultCredentials;
    
  • スクリプトを入手し、.NET Core CLI の 1 行コードのサンプルをインストールします。Obtain script and install .NET Core CLI one-liner examples:

    Windows の場合:Windows:

    # Run a separate PowerShell process because the script calls exit, so it will end the current PowerShell session.
    &powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "[Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12; &([scriptblock]::Create((Invoke-WebRequest -UseBasicParsing 'https://dot.net/v1/dotnet-install.ps1'))) <additional install-script args>"
    

    macOS/Linux の場合:macOS/Linux:

    curl -sSL https://dot.net/v1/dotnet-install.sh | bash /dev/stdin <additional install-script args>
    

関連項目See also