dotnet newdotnet new

この記事の対象: ✔️ .NET Core 2.0 SDK 以降のバージョンThis article applies to: ✔️ .NET Core 2.0 SDK and later versions

名前Name

dotnet new - 指定したテンプレートに基づいて、新しいプロジェクト、構成ファイル、またはソリューションを作成します。dotnet new - Creates a new project, configuration file, or solution based on the specified template.

構文Synopsis

dotnet new <TEMPLATE> [--dry-run] [--force] [-i|--install {PATH|NUGET_ID}]
    [-lang|--language {"C#"|"F#"|VB}] [-n|--name <OUTPUT_NAME>]
    [--nuget-source <SOURCE>] [-o|--output <OUTPUT_DIRECTORY>]
    [-u|--uninstall] [--update-apply] [--update-check] [Template options]

dotnet new <TEMPLATE> [-l|--list] [--type <TYPE>]

dotnet new -h|--help

説明Description

dotnet new コマンドは、テンプレートに基づいて、.NET Core プロジェクトまたはその他の成果物を作成します。The dotnet new command creates a .NET Core project or other artifacts based on a template.

このコマンドは、テンプレート エンジンを呼び出し、指定されたテンプレートとオプションに基づいて、ディスク上に成果物を作成します。The command calls the template engine to create the artifacts on disk based on the specified template and options.

暗黙的な復元Implicit restore

dotnet restore を実行する必要がなくなりました。復元を必要とするすべてのコマンド (dotnet newdotnet builddotnet rundotnet testdotnet publishdotnet pack など) によって暗黙的に実行されるためです。You don't have to run dotnet restore because it's run implicitly by all commands that require a restore to occur, such as dotnet new, dotnet build, dotnet run, dotnet test, dotnet publish, and dotnet pack. 暗黙的な復元を無効にするには、--no-restore オプションを使用します。To disable implicit restore, use the --no-restore option.

Azure DevOps Services の継続的インテグレーション ビルドなどの、明示的な復元が意味のある一部のシナリオや、復元が行われるタイミングを明示的に制御する必要があるビルド システムでは、dotnet restore は引き続き有用なコマンドです。The dotnet restore command is still useful in certain scenarios where explicitly restoring makes sense, such as continuous integration builds in Azure DevOps Services or in build systems that need to explicitly control when the restore occurs.

NuGet フィードの管理方法については、dotnet restore のドキュメントをご覧ください。For information about how to manage NuGet feeds, see the dotnet restore documentation.

引数Arguments

  • TEMPLATE

    コマンドが呼び出されたときにインスタンス化するテンプレート。The template to instantiate when the command is invoked. 各テンプレートには、渡すことができるオプションが存在する場合があります。Each template might have specific options you can pass. 詳細については、テンプレートのオプションを参照してください。For more information, see Template options.

    dotnet new --list または dotnet new -l を実行すると、インストールされているすべてのテンプレートの一覧を表示できます。You can run dotnet new --list or dotnet new -l to see a list of all installed templates. TEMPLATE の値が返されたテーブルの「テンプレート」列または「短い形式の名前」列のテキストと完全に一致しない場合、それら 2 つの列で部分文字列一致が実行されます。If the TEMPLATE value isn't an exact match on text in the Templates or Short Name column from the returned table, a substring match is performed on those two columns.

    .NET Core 3.0 SDK 以降では、次の条件で dotnet new コマンドを呼び出すと、CLI によって NuGet.org 内のテンプレートが検索されます。Starting with .NET Core 3.0 SDK, the CLI searches for templates in NuGet.org when you invoke the dotnet new command in the following conditions:

    • dotnet new の呼び出し時に、CLI でテンプレートの一致を (部分的にも) 検出できない場合。If the CLI can't find a template match when invoking dotnet new, not even partial.
    • テンプレートの新しいバージョンが利用可能な場合。If there's a newer version of the template available. この場合、プロジェクトまたは成果物が作成されますが、更新されたバージョンのテンプレートについて、CLI によって警告が表示されます。In this case, the project or artifact is created but the CLI warns you about an updated version of the template.

    次の表は、.NET Core SDK にプレインストールされているテンプレートの一覧です。The following table shows the templates that come pre-installed with the .NET Core SDK. テンプレートの既定の言語は、角かっこで示されます。The default language for the template is shown inside the brackets. 短い名前のリンクをクリックすると、特定のテンプレート オプションが表示されます。Click on the short name link to see the specific template options.

テンプレートTemplates 短い名前Short name 言語Language TagsTags 導入時期Introduced
コンソール アプリケーションConsole Application consoleconsole [C#], F#, VB[C#], F#, VB Common/ConsoleCommon/Console 11.0
クラス ライブラリClass library classlibclasslib [C#], F#, VB[C#], F#, VB Common/LibraryCommon/Library 11.0
WPF アプリケーションWPF Application wpfwpf [C#][C#] Common/WPFCommon/WPF 3.03.0
WPF クラス ライブラリWPF Class library wpflibwpflib [C#][C#] Common/WPFCommon/WPF 3.03.0
WPF カスタム コントロール ライブラリWPF Custom Control Library wpfcustomcontrollibwpfcustomcontrollib [C#][C#] Common/WPFCommon/WPF 3.03.0
WPF ユーザー コントロール ライブラリWPF User Control Library wpfusercontrollibwpfusercontrollib [C#][C#] Common/WPFCommon/WPF 3.03.0
Windows フォーム (WinForms) アプリケーションWindows Forms (WinForms) Application winformswinforms [C#][C#] Common/WinFormsCommon/WinForms 3.03.0
Windows フォーム (WinForms) クラス ライブラリWindows Forms (WinForms) Class library winformslibwinformslib [C#][C#] Common/WinFormsCommon/WinForms 3.03.0
Worker ServiceWorker Service workerworker [C#][C#] Common/Worker/WebCommon/Worker/Web 3.03.0
単体テスト プロジェクトUnit Test Project mstestmstest [C#], F#, VB[C#], F#, VB Test/MSTestTest/MSTest 11.0
NUnit 3 テスト プロジェクトNUnit 3 Test Project nunitnunit [C#], F#, VB[C#], F#, VB Test/NUnitTest/NUnit 2.1.4002.1.400
NUnit 3 テスト項目NUnit 3 Test Item nunit-test [C#], F#, VB[C#], F#, VB Test/NUnitTest/NUnit 2.22.2
xUnit テスト プロジェクトxUnit Test Project xunitxunit [C#], F#, VB[C#], F#, VB Test/xUnitTest/xUnit 11.0
Razor コンポーネントRazor Component razorcomponent [C#][C#] Web/ASP.NETWeb/ASP.NET 3.03.0
Razor ページRazor Page pagepage [C#][C#] Web/ASP.NETWeb/ASP.NET 2.02.0
MVC ViewImportsMVC ViewImports viewimportsviewimports [C#][C#] Web/ASP.NETWeb/ASP.NET 2.02.0
MVC ViewStartMVC ViewStart viewstart [C#][C#] Web/ASP.NETWeb/ASP.NET 2.02.0
Blazor サーバー アプリ Server App blazorserverblazorserver [C#][C#] Web/BlazorWeb/Blazor 3.03.0
Blazor WebAssembly アプリ WebAssembly App blazorwasm [C#][C#] Web/Blazor/WebAssemblyWeb/Blazor/WebAssembly 3.1.3003.1.300
ASP.NET Core 空ASP.NET Core Empty webweb [C#], F#[C#], F# Web/EmptyWeb/Empty 11.0
ASP.NET Core Web アプリ (モデル ビュー コントローラー)ASP.NET Core Web App (Model-View-Controller) mvcmvc [C#], F#[C#], F# Web/MVCWeb/MVC 11.0
ASP.NET Core Web アプリASP.NET Core Web App webapp、razorwebapp, razor [C#][C#] Web/MVC/Razor PagesWeb/MVC/Razor Pages 2.2、2.02.2, 2.0
Angular 付きの ASP.NET CoreASP.NET Core with Angular angularangular [C#][C#] Web/MVC/SPAWeb/MVC/SPA 2.02.0
React.js 付きの ASP.NET CoreASP.NET Core with React.js reactreact [C#][C#] Web/MVC/SPAWeb/MVC/SPA 2.02.0
React.js および Redux 付きの ASP.NET CoreASP.NET Core with React.js and Redux reactreduxreactredux [C#][C#] Web/MVC/SPAWeb/MVC/SPA 2.02.0
Razor クラス ライブラリRazor Class Library razorclasslibrazorclasslib [C#][C#] Web/Razor/Library/Razor Class LibraryWeb/Razor/Library/Razor Class Library 2.12.1
ASP.NET Core Web APIASP.NET Core Web API webapiwebapi [C#], F#[C#], F# Web/WebAPIWeb/WebAPI 11.0
ASP.NET Core gRPC サービスASP.NET Core gRPC Service grpcgrpc [C#][C#] Web/gRPCWeb/gRPC 3.03.0
dotnet gitignore ファイルdotnet gitignore file gitignore 構成Config 3.03.0
global.json fileglobal.json file globaljsonglobaljson 構成Config 2.02.0
NuGet 構成NuGet Config nugetconfig 構成Config 11.0
dotnet ローカル ツール マニフェスト ファイルDotnet local tool manifest file tool-manifest 構成Config 3.03.0
Web 構成Web Config webconfig 構成Config 11.0
ソリューション ファイルSolution File sln ソリューションSolution 11.0
プロトコル バッファー ファイルProtocol Buffer File protoproto Web/gRPCWeb/gRPC 3.03.0

オプションOptions

  • --dry-run

    指定されたコマンドが実行されてテンプレートが作成された場合に起きることの概要が表示されます。Displays a summary of what would happen if the given command were run if it would result in a template creation. .NET Core 2.2 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 2.2 SDK.

  • --force

    既存のファイルを変更する場合でも、コンテンツが強制的に生成されます。Forces content to be generated even if it would change existing files. これは、選択されたテンプレートによって出力ディレクトリ内の既存のファイルがオーバーライドされる場合に必要です。This is required when the template chosen would override existing files in the output directory.

  • -h|--help

    コマンドのヘルプを印刷します。Prints out help for the command. dotnet new コマンド自体、または任意のテンプレートに対して呼び出すことができます。It can be invoked for the dotnet new command itself or for any template. たとえば、dotnet new mvc --help のようにします。For example, dotnet new mvc --help.

  • -i|--install <PATH|NUGET_ID>

    指定された PATH または NUGET_ID からテンプレート パックがインストールされます。Installs a template pack from the PATH or NUGET_ID provided. テンプレート パッケージのプレリリース版をインストールする場合は、<package-name>::<package-version> の形式でバージョンを指定する必要があります。If you want to install a prerelease version of a template package, you need to specify the version in the format of <package-name>::<package-version>. 既定では、dotnet new は、バージョンに対して * を渡します。これは最後の安定したパッケージのバージョンを表します。By default, dotnet new passes * for the version, which represents the latest stable package version. 使用例」のセクションで、例をご覧ください。See an example in the Examples section.

    このコマンドの実行時にテンプレートのバージョンが既にインストールされていたら、テンプレートは指定されたバージョンか、最新の安定したバージョン (バージョンが指定されていない場合) に更新されます。If a version of the template was already installed when you run this command, the template will be updated to the specified version, or to the latest stable version if no version was specified.

    カスタム テンプレートの作成方法については、「dotnet new のカスタム テンプレート」 を参照してください。For information on creating custom templates, see Custom templates for dotnet new.

  • -l|--list

    指定した名前を含むテンプレートを列挙します。Lists templates containing the specified name. 名前が指定されていない場合、すべてのテンプレートが一覧表示されます。If no name is specified, lists all templates.

  • -lang|--language {C#|F#|VB}

    作成するテンプレートの言語。The language of the template to create. 使用できる言語は、テンプレートによって異なります (引数の既定値を参照してください)。The language accepted varies by the template (see defaults in the arguments section). 一部のテンプレートでは無効です。Not valid for some templates.

    注意

    一部のシェルは # を特殊文字として解釈します。Some shells interpret # as a special character. そのような場合は、言語パラメーター値を引用符で囲みます。In those cases, enclose the language parameter value in quotes. たとえば、dotnet new console -lang "F#" のようにします。For example, dotnet new console -lang "F#".

  • -n|--name <OUTPUT_NAME>

    作成される出力の名前です。The name for the created output. 名前が指定されていない場合、現在のディレクトリの名前が使用されます。If no name is specified, the name of the current directory is used.

  • --nuget-source <SOURCE>

    インストール中に使用する NuGet ソースを 1 つ指定します。Specifies a NuGet source to use during install. .NET Core 2.1 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 2.1 SDK.

  • -o|--output <OUTPUT_DIRECTORY>

    生成された出力を配置する場所。Location to place the generated output. 既定値は、現在のディレクトリです。The default is the current directory.

  • --type <TYPE>

    使用可能な種類に基づいて、テンプレートをフィルター処理します。Filters templates based on available types. 事前定義されている値は projectitemother です。Predefined values are project, item, and other.

  • -u|--uninstall [PATH|NUGET_ID]

    指定された PATH または NUGET_ID でテンプレート パックがアンインストールされます。Uninstalls a template pack at the PATH or NUGET_ID provided. <PATH|NUGET_ID> 値が指定されないと、現在インストールされているすべてのテンプレート パックとそれらに関連付けられているテンプレートが表示されます。When the <PATH|NUGET_ID> value isn't specified, all currently installed template packs and their associated templates are displayed. NUGET_ID を指定した場合、バージョン番号は含めないでください。When specifying NUGET_ID, don't include the version number.

    このオプションにパラメーターを指定しないと、コマンドによって、インストールされたテンプレートとそれらに関する詳細が表示されます。If you don't specify a parameter to this option, the command lists the installed templates and details about them.

    注意

    PATH を使用してテンプレートをアンインストールするには、完全修飾パスを使用する必要があります。To uninstall a template using a PATH, you need to fully qualify the path. たとえば、C:/Users/<USER>/Documents/Templates/GarciaSoftware.ConsoleTemplate.CSharp は有効ですが、 ./GarciaSoftware.ConsoleTemplate.CSharp が含まれるフォルダーから、そのパスを指定することはできません。For example, C:/Users/<USER>/Documents/Templates/GarciaSoftware.ConsoleTemplate.CSharp will work, but ./GarciaSoftware.ConsoleTemplate.CSharp from the containing folder will not. テンプレートのパスの最後にある終端ディレクトリのスラッシュは含めないでください。Don't include a final terminating directory slash on your template path.

  • --update-apply

    現在インストールされているテンプレート パックに利用できる更新プログラムがあるかどうか確認され、それらがインストールされます。Checks if there are updates available for the template packs that are currently installed and installs them. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

  • --update-check

    現在インストールされているテンプレート パックに利用できる更新プログラムがあるかどうか確認されます。Checks if there are updates available for the template packs that are currently installed. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

テンプレート オプションTemplate options

プロジェクト テンプレートはそれぞれ、追加のオプションが与えられている場合があります。Each project template may have additional options available. コア テンプレートの場合、次のオプションが追加されています。The core templates have the following additional options:

consoleconsole

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
  • --langVersion <VERSION_NUMBER>

    作成されたプロジェクト ファイルの LangVersion プロパティが設定されます。Sets the LangVersion property in the created project file. たとえば、C# 7.3 を使うには --langVersion 7.3 を使います。For example, use --langVersion 7.3 to use C# 7.3. F# に対してはサポートされません。Not supported for F#. .NET Core 2.2 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 2.2 SDK.

    既定の C# バージョンの一覧については、「既定値」をご覧ください。For a list of default C# versions, see Defaults.

  • --no-restore

    指定した場合、プロジェクトの作成中には暗黙的な復元が実行されません。If specified, doesn't execute an implicit restore during project creation. .NET Core 2.2 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 2.2 SDK.


classlibclasslib

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. 値: .NET Core クラス ライブラリを作成するには netcoreapp<version>、.NET 標準クラス ライブラリを作成するには netstandard<version> です。Values: netcoreapp<version> to create a .NET Core Class Library or netstandard<version> to create a .NET Standard Class Library. 既定値は netstandard2.0 です。The default value is netstandard2.0.

  • --langVersion <VERSION_NUMBER>

    作成されたプロジェクト ファイルの LangVersion プロパティが設定されます。Sets the LangVersion property in the created project file. たとえば、C# 7.3 を使うには --langVersion 7.3 を使います。For example, use --langVersion 7.3 to use C# 7.3. F# に対してはサポートされません。Not supported for F#. .NET Core 2.2 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 2.2 SDK.

    既定の C# バージョンの一覧については、「既定値」をご覧ください。For a list of default C# versions, see Defaults.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


wpf、wpflib、wpfcustomcontrollib、wpfusercontrollibwpf, wpflib, wpfcustomcontrollib, wpfusercontrollib

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. 既定値は netcoreapp3.1 です。The default value is netcoreapp3.1. .NET Core 3.1 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 3.1 SDK.

  • --langVersion <VERSION_NUMBER>

    作成されたプロジェクト ファイルの LangVersion プロパティが設定されます。Sets the LangVersion property in the created project file. たとえば、C# 7.3 を使うには --langVersion 7.3 を使います。For example, use --langVersion 7.3 to use C# 7.3.

    既定の C# バージョンの一覧については、「既定値」をご覧ください。For a list of default C# versions, see Defaults.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


winforms、winformslibwinforms, winformslib

  • --langVersion <VERSION_NUMBER>

    作成されたプロジェクト ファイルの LangVersion プロパティが設定されます。Sets the LangVersion property in the created project file. たとえば、C# 7.3 を使うには --langVersion 7.3 を使います。For example, use --langVersion 7.3 to use C# 7.3.

    既定の C# バージョンの一覧については、「既定値」をご覧ください。For a list of default C# versions, see Defaults.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


worker、grpcworker, grpc

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. 既定値は netcoreapp3.1 です。The default value is netcoreapp3.1. .NET Core 3.1 SDK 以降で利用できます。Available since .NET Core 3.1 SDK.

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


mstest、xunitmstest, xunit

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 3.0 SDK 以降で利用できるオプションです。Option available since .NET Core 3.0 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
  • -p|--enable-pack

    dotnet pack を使用してプロジェクトのパッケージ化が有効化されます。Enables packaging for the project using dotnet pack.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


nunitnunit

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
    2.22.2 netcoreapp2.2
    2.12.1 netcoreapp2.1
  • -p|--enable-pack

    dotnet pack を使用してプロジェクトのパッケージ化が有効化されます。Enables packaging for the project using dotnet pack.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


ページ (page)page

  • -na|--namespace <NAMESPACE_NAME>

    生成されるコードの名前空間です。Namespace for the generated code. 既定値は MyApp.Namespace です。The default value is MyApp.Namespace.

  • -np|--no-pagemodel

    PageModel なしでページが作成されます。Creates the page without a PageModel.


viewimports、protoviewimports, proto

  • -na|--namespace <NAMESPACE_NAME>

    生成されるコードの名前空間です。Namespace for the generated code. 既定値は MyApp.Namespace です。The default value is MyApp.Namespace.


blazorserverblazorserver

  • -au|--auth <AUTHENTICATION_TYPE>

    使う認証の種類。The type of authentication to use. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • None - 認証は行われません (既定)。None - No authentication (Default).
    • Individual - 個別認証です。Individual - Individual authentication.
    • IndividualB2C - Azure AD B2C での個別認証。IndividualB2C - Individual authentication with Azure AD B2C.
    • SingleOrg - 単一のテナントに対する組織認証。SingleOrg - Organizational authentication for a single tenant.
    • MultiOrg - 複数のテナントに対する組織認証です。MultiOrg - Organizational authentication for multiple tenants.
    • Windows - Windows 認証。Windows - Windows authentication.
  • --aad-b2c-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory B2C インスタンス。The Azure Active Directory B2C instance to connect to. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/tfp/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/tfp/.

  • -ssp|--susi-policy-id <ID>

    このプロジェクト用のサインインおよびサインアップ ポリシー ID です。The sign-in and sign-up policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • -rp|--reset-password-policy-id <ID>

    このプロジェクトのリセット パスワード ポリシー ID です。The reset password policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • -ep|--edit-profile-policy-id <ID>

    このプロジェクトの編集プロファイル ポリシー ID です。The edit profile policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • --aad-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory インスタンスです。The Azure Active Directory instance to connect to. SingleOrg 認証または MultiOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg or MultiOrg authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/.

  • --client-id <ID>

    このプロジェクトのクライアント ID です。The Client ID for this project. IndividualB2C 認証、SingleOrg 認証、または MultiOrg 認証で使用します。Use with IndividualB2C, SingleOrg, or MultiOrg authentication. 既定値は 11111111-1111-1111-11111111111111111 です。The default value is 11111111-1111-1111-11111111111111111.

  • --domain <DOMAIN>

    ディレクトリ テナントのドメインです。The domain for the directory tenant. SingleOrg 認証または IndividualB2C 認証で使用します。Use with SingleOrg or IndividualB2C authentication. 既定値は qualified.domain.name です。The default value is qualified.domain.name.

  • --tenant-id <ID>

    接続先のディレクトリの TenantId ID です。The TenantId ID of the directory to connect to. SingleOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg authentication. 既定値は 22222222-2222-2222-2222-222222222222 です。The default value is 22222222-2222-2222-2222-222222222222.

  • --callback-path <PATH>

    リダイレクト URI のアプリケーションの基本パス内の要求パスです。The request path within the application's base path of the redirect URI. SingleOrg 認証または IndividualB2C 認証で使用します。Use with SingleOrg or IndividualB2C authentication. 既定値は /signin-oidc です。The default value is /signin-oidc.

  • -r|--org-read-access

    このアプリケーションにディレクトリへの読み取りアクセスを許可します。Allows this application read-access to the directory. SingleOrg 認証または MultiOrg 認証にのみ適用されます。Only applies to SingleOrg or MultiOrg authentication.

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS. このオプションは、IndividualIndividualB2CSingleOrg、または MultiOrg--auth 用に使用されない場合にのみ適用されます。This option only applies if Individual, IndividualB2C, SingleOrg, or MultiOrg aren't being used for --auth.

  • -uld|--use-local-db

    SQLite ではなく LocalDB が使用されるように指定されます。Specifies LocalDB should be used instead of SQLite. Individual 認証または IndividualB2C 認証にのみ適用されます。Only applies to Individual or IndividualB2C authentication.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


Webweb

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 2.2 SDK では使用できません。Option not available in .NET Core 2.2 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
    2.12.1 netcoreapp2.1
  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS.


mvc、webappmvc, webapp

  • -au|--auth <AUTHENTICATION_TYPE>

    使う認証の種類。The type of authentication to use. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • None - 認証は行われません (既定)。None - No authentication (Default).
    • Individual - 個別認証です。Individual - Individual authentication.
    • IndividualB2C - Azure AD B2C での個別認証。IndividualB2C - Individual authentication with Azure AD B2C.
    • SingleOrg - 単一のテナントに対する組織認証。SingleOrg - Organizational authentication for a single tenant.
    • MultiOrg - 複数のテナントに対する組織認証です。MultiOrg - Organizational authentication for multiple tenants.
    • Windows - Windows 認証。Windows - Windows authentication.
  • --aad-b2c-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory B2C インスタンス。The Azure Active Directory B2C instance to connect to. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/tfp/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/tfp/.

  • -ssp|--susi-policy-id <ID>

    このプロジェクト用のサインインおよびサインアップ ポリシー ID です。The sign-in and sign-up policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • -rp|--reset-password-policy-id <ID>

    このプロジェクトのリセット パスワード ポリシー ID です。The reset password policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • -ep|--edit-profile-policy-id <ID>

    このプロジェクトの編集プロファイル ポリシー ID です。The edit profile policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • --aad-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory インスタンスです。The Azure Active Directory instance to connect to. SingleOrg 認証または MultiOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg or MultiOrg authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/.

  • --client-id <ID>

    このプロジェクトのクライアント ID です。The Client ID for this project. IndividualB2C 認証、SingleOrg 認証、または MultiOrg 認証で使用します。Use with IndividualB2C, SingleOrg, or MultiOrg authentication. 既定値は 11111111-1111-1111-11111111111111111 です。The default value is 11111111-1111-1111-11111111111111111.

  • --domain <DOMAIN>

    ディレクトリ テナントのドメインです。The domain for the directory tenant. SingleOrg 認証または IndividualB2C 認証で使用します。Use with SingleOrg or IndividualB2C authentication. 既定値は qualified.domain.name です。The default value is qualified.domain.name.

  • --tenant-id <ID>

    接続先のディレクトリの TenantId ID です。The TenantId ID of the directory to connect to. SingleOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg authentication. 既定値は 22222222-2222-2222-2222-222222222222 です。The default value is 22222222-2222-2222-2222-222222222222.

  • --callback-path <PATH>

    リダイレクト URI のアプリケーションの基本パス内の要求パスです。The request path within the application's base path of the redirect URI. SingleOrg 認証または IndividualB2C 認証で使用します。Use with SingleOrg or IndividualB2C authentication. 既定値は /signin-oidc です。The default value is /signin-oidc.

  • -r|--org-read-access

    このアプリケーションにディレクトリへの読み取りアクセスを許可します。Allows this application read-access to the directory. SingleOrg 認証または MultiOrg 認証にのみ適用されます。Only applies to SingleOrg or MultiOrg authentication.

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS. このオプションは、IndividualIndividualB2CSingleOrg、または MultiOrg が使用されない場合にのみ適用されます。This option only applies if Individual, IndividualB2C, SingleOrg, or MultiOrg aren't being used.

  • -uld|--use-local-db

    SQLite ではなく LocalDB が使用されるように指定されます。Specifies LocalDB should be used instead of SQLite. Individual 認証または IndividualB2C 認証にのみ適用されます。Only applies to Individual or IndividualB2C authentication.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 3.0 SDK 以降で利用できるオプションです。Option available since .NET Core 3.0 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.

  • --use-browserlink

    プロジェクトに BrowserLink を含めます。Includes BrowserLink in the project. .NET Core 2.2 および 3.1 SDK では使用できません。Option not available in .NET Core 2.2 and 3.1 SDK.

  • -rrc|--razor-runtime-compilation

    デバッグ ビルドで Razor ランタイム コンパイルを使用するようにプロジェクトが構成されているかどうかを判断します。Determines if the project is configured to use Razor runtime compilation in Debug builds. .NET Core 3.1.201 SDK 以降で利用できるオプションです。Option available since .NET Core 3.1.201 SDK.


angular、reactangular, react

  • -au|--auth <AUTHENTICATION_TYPE>

    使う認証の種類。The type of authentication to use. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

    次の値を指定できます。The possible values are:

    • None - 認証は行われません (既定)。None - No authentication (Default).
    • Individual - 個別認証です。Individual - Individual authentication.
  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS. このオプションは、認証が None の場合にのみ適用されます。This option only applies if authentication is None.

  • -uld|--use-local-db

    SQLite ではなく LocalDB が使用されるように指定されます。Specifies LocalDB should be used instead of SQLite. Individual 認証または IndividualB2C 認証にのみ適用されます。Only applies to Individual or IndividualB2C authentication. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 2.2 SDK では使用できません。Option not available in .NET Core 2.2 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
    2.12.1 netcoreapp2.0

reactreduxreactredux

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 2.2 SDK では使用できません。Option not available in .NET Core 2.2 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
    2.12.1 netcoreapp2.0
  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS.


razorclasslibrazorclasslib

  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.

  • -s|--support-pages-and-views

    このライブラリへのコンポーネントに加え、従来の Razor ページとビューの追加がサポートされます。Supports adding traditional Razor pages and Views in addition to components to this library. .NET Core 3.0 SDK 以降で使用できます。Available since .NET Core 3.0 SDK.


webapiwebapi

  • -au|--auth <AUTHENTICATION_TYPE>

    使う認証の種類。The type of authentication to use. 次の値を指定できます。The possible values are:

    • None - 認証は行われません (既定)。None - No authentication (Default).
    • IndividualB2C - Azure AD B2C での個別認証。IndividualB2C - Individual authentication with Azure AD B2C.
    • SingleOrg - 単一のテナントに対する組織認証。SingleOrg - Organizational authentication for a single tenant.
    • Windows - Windows 認証。Windows - Windows authentication.
  • --aad-b2c-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory B2C インスタンス。The Azure Active Directory B2C instance to connect to. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/tfp/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/tfp/.

  • -ssp|--susi-policy-id <ID>

    このプロジェクト用のサインインおよびサインアップ ポリシー ID です。The sign-in and sign-up policy ID for this project. IndividualB2C 認証で使用します。Use with IndividualB2C authentication.

  • --aad-instance <INSTANCE>

    接続先の Azure Active Directory インスタンスです。The Azure Active Directory instance to connect to. SingleOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg authentication. 既定値は https://login.microsoftonline.com/ です。The default value is https://login.microsoftonline.com/.

  • --client-id <ID>

    このプロジェクトのクライアント ID です。The Client ID for this project. IndividualB2C 認証または SingleOrg 認証で使用します。Use with IndividualB2C or SingleOrg authentication. 既定値は 11111111-1111-1111-11111111111111111 です。The default value is 11111111-1111-1111-11111111111111111.

  • --domain <DOMAIN>

    ディレクトリ テナントのドメインです。The domain for the directory tenant. IndividualB2C 認証または SingleOrg 認証で使用します。Use with IndividualB2C or SingleOrg authentication. 既定値は qualified.domain.name です。The default value is qualified.domain.name.

  • --tenant-id <ID>

    接続先のディレクトリの TenantId ID です。The TenantId ID of the directory to connect to. SingleOrg 認証で使用します。Use with SingleOrg authentication. 既定値は 22222222-2222-2222-2222-222222222222 です。The default value is 22222222-2222-2222-2222-222222222222.

  • -r|--org-read-access

    このアプリケーションにディレクトリへの読み取りアクセスを許可します。Allows this application read-access to the directory. SingleOrg 認証にのみ適用されます。Only applies to SingleOrg authentication.

  • --exclude-launch-settings

    生成されたテンプレートから launchSettings.json が除外されます。Excludes launchSettings.json from the generated template.

  • --no-https

    HTTPS を無効にします。Turns off HTTPS. app.UseHstsapp.UseHttpsRedirectionStartup.Configure に追加されません。app.UseHsts and app.UseHttpsRedirection aren't added to Startup.Configure. このオプションは、IndividualB2C または SingleOrg が認証用に使用されない場合にのみ適用されます。This option only applies if IndividualB2C or SingleOrg aren't being used for authentication.

  • -uld|--use-local-db

    SQLite ではなく LocalDB が使用されるように指定されます。Specifies LocalDB should be used instead of SQLite. IndividualB2C 認証にのみ適用されます。Only applies to IndividualB2C authentication.

  • -f|--framework <FRAMEWORK>

    ターゲットにするフレームワークが指定されます。Specifies the framework to target. .NET Core 2.2 SDK では使用できません。Option not available in .NET Core 2.2 SDK.

    次の表は、使用する SDK バージョン番号に対応した既定値を示しています。The following table lists the default values according to the SDK version number you're using:

    SDK バージョンSDK version 既定値Default value
    3.13.1 netcoreapp3.1
    3.03.0 netcoreapp3.0
    2.12.1 netcoreapp2.1
  • --no-restore

    プロジェクトの作成中に暗黙的な復元は実行されません。Doesn't execute an implicit restore during project creation.


globaljsonglobaljson

  • --sdk-version <VERSION_NUMBER>

    global.json ファイル内で使用する .NET Core SDK のバージョンが指定されます。Specifies the version of the .NET Core SDK to use in the global.json file.


使用例Examples

  • テンプレート名を指定することによって、C# コンソール アプリケーション プロジェクトを作成します。Create a C# console application project by specifying the template name:

    dotnet new "Console Application"
    
  • 現在のディレクトリに、F# コンソール アプリケーション プロジェクトを作成します。Create an F# console application project in the current directory:

    dotnet new console -lang "F#"
    
  • 指定されたディレクトリ内に .NET Standard クラス ライブラリ プロジェクトが作成されます。Create a .NET Standard class library project in the specified directory:

    dotnet new classlib -lang VB -o MyLibrary
    
  • 認証なしで、現在のディレクトリに新しい ASP.NET Core C# MVC プロジェクトを作成します。Create a new ASP.NET Core C# MVC project in the current directory with no authentication:

    dotnet new mvc -au None
    
  • 新しい xUnit プロジェクトを作成します。Create a new xUnit project:

    dotnet new xunit
    
  • シングル ページ アプリケーション (SPA) テンプレートに使用できるすべてのテンプレートを一覧表示します。List all templates available for Single Page Application (SPA) templates:

    dotnet new spa -l
    
  • 部分文字列 we に一致するすべてのテンプレートの一覧を取得します。List all templates matching the we substring. 完全一致が見つからないので、短い名前と名前の両方の列に対して部分文字列一致が実行されます。No exact match is found, so substring matching runs against both the short name and name columns.

    dotnet new we -l
    
  • ng に一致するテンプレートの呼び出しを試みます。Attempt to invoke the template matching ng. 一致が 1 つだけでない場合、部分的に一致するテンプレートの一覧を取得します。If a single match can't be determined, list the templates that are partial matches.

    dotnet new ng
    
  • ASP.NET Core 用の SPA テンプレートのバージョン 2.0 がインストールされます。Install version 2.0 of the SPA templates for ASP.NET Core:

    dotnet new -i Microsoft.DotNet.Web.Spa.ProjectTemplates::2.0.0
    
  • インストールされているテンプレートとそれらに関する詳細や、それらのアンインストール方法を一覧表示します。List the installed templates and details about them, including how to uninstall them:

    dotnet new -u
    
  • 現在のディレクトリに global.json が作成され、SDK バージョンが 3.1.101 に設定されます。Create a global.json in the current directory setting the SDK version to 3.1.101:

    dotnet new globaljson --sdk-version 3.1.101
    

関連項目See also