dotnet nuget locals

この記事の対象: ✔️ .NET Core 2.x SDK 以降のバージョン

名前

dotnet nuget locals - ローカル NuGet リソースをクリアまたはリストします。

構文

dotnet nuget locals <CACHE_LOCATION> [(-c|--clear)|(-l|--list)] [--force-english-output]

dotnet nuget locals -h|--help

説明

dotnet nuget locals コマンドは、HTTP 要求キャッシュ、一時的なキャッシュ、コンピューター全体のグローバル パッケージ フォルダーのローカルの NuGet リソースをクリアまたは一覧表示します。

引数

  • CACHE_LOCATION

    一覧表示またはクリアするキャッシュの場所。 次のいずれかの値を受け入れます。

    • all - 指定された操作をすべてのキャッシュの種類 (HTTP 要求キャッシュ、グローバル パッケージ キャッシュ、一時的なキャッシュ) に適用することを指定します。
    • http-cache - 指定した操作を HTTP 要求キャッシュのみに適用することを指定します。 その他のキャッシュの場所には影響しません。
    • global-packages - 指定した操作をグローバル パッケージ キャッシュのみに適用することを指定します。 その他のキャッシュの場所には影響しません。
    • temp - 指定した操作を一時キャッシュのみに適用することを指定します。 その他のキャッシュの場所には影響しません。

オプション

  • --force-english-output

    インバリアントの英語ベースのカルチャを使用して、アプリケーションの実行を強制します。

  • -?|-h|--help

    コマンドの使用方法を示した説明を出力します。

  • -c|--clear

    クリア オプションは、指定されたキャッシュの種類でクリア操作を実行します。 キャッシュ ディレクトリの内容は、再帰的に削除されます。 実行中のユーザー/グループには、キャッシュ ディレクトリ内のファイルへのアクセス許可が必要です。 アクセス許可がない場合は、ファイル/フォルダーがクリアされなかったことを示すエラーが表示されます。

  • -l|--list

    一覧表示オプションは、指定されたキャッシュの種類の場所を表示するために使用されます。

  • すべてのローカルのキャッシュ ディレクトリ (HTTP キャッシュ ディレクトリ、グローバル パッケージ キャッシュ ディレクトリ、および一時的なキャッシュ ディレクトリ) のパスを表示します。

    dotnet nuget locals all -l
    
  • ローカルの HTTP キャッシュ ディレクトリのパスを表示します。

    dotnet nuget locals http-cache --list
    
  • すべてのローカルのキャッシュ ディレクトリ (HTTP キャッシュ ディレクトリ、グローバル パッケージ キャッシュ ディレクトリ、および一時的なキャッシュ ディレクトリ) からすべてのファイルをクリアします。

    dotnet nuget locals all --clear
    
  • ローカルのグローバル キャッシュ ディレクトリのファイルをすべてクリアします。

    dotnet nuget locals global-packages -c
    
  • ローカルの一時的なキャッシュ ディレクトリのファイルをすべてクリアします。

    dotnet nuget locals temp -c
    

トラブルシューティング

dotnet nuget locals コマンドを使うときの一般的な問題やエラーについては、「dotnet nuget locals」 (NuGet キャッシュを管理する) をご覧ください。