dotnet storedotnet store

このトピックの対象: ✓ .NET Core 2.0 SDK 以降のバージョンThis topic applies to: ✓ .NET Core 2.0 SDK and later versions

nameName

dotnet store - 指定したアセンブリをランタイム パッケージ ストアに格納します。dotnet store - Stores the specified assemblies in the runtime package store.

構文Synopsis

dotnet store -m|--manifest -f|--framework -r|--runtime [--framework-version] [-h|--help] [--output] [--skip-optimization] [--skip-symbols] [-v|--verbosity] [--working-dir]

説明Description

dotnet store - 指定したアセンブリをランタイム パッケージ ストアに格納します。dotnet store stores the specified assemblies in the runtime package store. 既定では、アセンブリは、ターゲット ランタイムとフレームワークに合わせて最適化されます。By default, assemblies are optimized for the target runtime and framework. 詳細については、「ランタイム パッケージ ストア」 を参照してください。For more information, see the runtime package store topic.

必須オプションRequired options

-f|--framework <FRAMEWORK>

ターゲット フレームワークを指定します。Specifies the target framework.

-m|--manifest <PATH_TO_MANIFEST_FILE>

"パッケージ ストア マニフェスト ファイル" は、格納するパッケージの一覧を含む XML ファイルです。The package store manifest file is an XML file that contains the list of packages to store. マニフェスト ファイルの形式は、SDK スタイル プロジェクト形式と互換性があります。The format of the manifest file is compatible with the SDK-style project format. そのため、必要なパッケージを参照するプロジェクト ファイルを -m|--manifest オプションと使用することで、ランタイム パッケージ ストアにアセンブリを格納することができます。So, a project file that references the desired packages can be used with the -m|--manifest option to store assemblies in the runtime package store. 複数のマニフェスト ファイルを指定するには、ファイルごとにオプションとパスを繰り返します。To specify multiple manifest files, repeat the option and path for each file. たとえば、--manifest packages1.csproj --manifest packages2.csproj のように指定します。For example: --manifest packages1.csproj --manifest packages2.csproj.

-r|--runtime <RUNTIME_IDENTIFIER>

ターゲットとするランタイム識別子The runtime identifier to target.

省略可能なオプションOptional options

--framework-version <FRAMEWORK_VERSION>

.NET Core SDK のバージョンを指定します。Specifies the .NET Core SDK version. このオプションでは、-f|--framework オプションで指定したフレームワーク以降の特定のフレームワーク バージョンを選択することができます。This option enables you to select a specific framework version beyond the framework specified by the -f|--framework option.

-h|--help

ヘルプ情報を表示します。Shows help information.

-o|--output <OUTPUT_DIRECTORY>

ランタイム パッケージ ストアへのパスを指定します。Specifies the path to the runtime package store. 指定しない場合、ユーザー プロファイル .NET Core インストール ディレクトリのサブディレクトリ store が既定値となります。If not specified, it defaults to the store subdirectory of the user profile .NET Core installation directory.

--skip-optimization

最適化フェーズをスキップします。Skips the optimization phase.

--skip-symbols

シンボルの生成をスキップします。Skips symbol generation. 現時点では、Windows と Linux 上でのみシンボルを生成することができます。Currently, you can only generate symbols on Windows and Linux.

-v|--verbosity <LEVEL>

コマンドの詳細レベルを設定します。Sets the verbosity level of the command. 指定できる値は、q[uiet]m[inimal]n[ormal]d[etailed]、および diag[nostic] です。Allowed values are q[uiet], m[inimal], n[ormal], d[etailed], and diag[nostic].

-w|--working-dir <INTERMEDIATE_WORKING_DIRECTORY>

コマンドで使用される作業ディレクトリです。The working directory used by the command. 指定しない場合、現在のディレクトリの obj サブディレクトリが使用されます。If not specified, it uses the obj subdirectory of the current directory.

使用例Examples

.NET Core 2.0.0 の packages.csproj プロジェクト ファイルで指定されたパッケージを格納します。Store the packages specified in the packages.csproj project file for .NET Core 2.0.0:

dotnet store --manifest packages.csproj --framework-version 2.0.0

packages.csproj で指定されたパッケージを最適化なしで格納します。Store the packages specified in the packages.csproj without optimization:

dotnet store --manifest packages.csproj --skip-optimization

関連項目See also