dotnet コマンドdotnet command

この記事の対象: ✔️ .NET Core 2.1 SDK 以降のバージョンThis article applies to: ✔️ .NET Core 2.1 SDK and later versions

名前Name

dotnet - .NET CLI の汎用ドライバー。dotnet - The generic driver for the .NET CLI.

構文Synopsis

利用できるコマンドと環境に関する情報を取得するには:To get information about the available commands and the environment:

dotnet [--version] [--info] [--list-runtimes] [--list-sdks]

dotnet -h|--help

コマンドを実行するには (SDK のインストールが必要):To run a command (requires SDK installation):

dotnet <COMMAND> [-d|--diagnostics] [-h|--help] [--verbosity <LEVEL>]
    [command-options] [arguments]

アプリケーションを実行するには:To run an application:

dotnet [--additionalprobingpath <PATH>] [--additional-deps <PATH>]
    [--fx-version <VERSION>]  [--roll-forward <SETTING>]
    <PATH_TO_APPLICATION> [arguments]

dotnet exec [--additionalprobingpath] [--additional-deps <PATH>]
    [--fx-version <VERSION>]  [--roll-forward <SETTING>]
    <PATH_TO_APPLICATION> [arguments]

--roll-forward は、.NET Core 3.x 以降で利用できます。--roll-forward is available since .NET Core 3.x. .NET Core 2.x には --roll-forward-on-no-candidate-fx を使用します。Use --roll-forward-on-no-candidate-fx for .NET Core 2.x.

説明Description

dotnet コマンドには、次の 2 つの機能があります。The dotnet command has two functions:

  • .NET プロジェクトを操作するためのコマンドが用意されています。It provides commands for working with .NET projects.

    たとえば、dotnet build を使うと、プロジェクトをビルドできます。For example, dotnet build builds a project. 各コマンドには独自のオプションと引数が定義されています。Each command defines its own options and arguments. すべてのコマンドは、コマンドの使用方法に関する簡単なドキュメントを出力するための --help オプションをサポートしています。All commands support the --help option for printing out brief documentation about how to use the command.

  • .NET アプリケーションが実行されます。It runs .NET applications.

    アプリケーションを実行するには、アプリケーション .dll ファイルへのパスを指定します。You specify the path to an application .dll file to run the application. アプリケーションを実行するということは、エントリ ポイントを見つけて実行することを意味します。コンソール アプリの場合、これは Main メソッドです。To run the application means to find and execute the entry point, which in the case of console apps is the Main method. たとえば、dotnet myapp.dll を使うと、myapp アプリケーションが実行されます。For example, dotnet myapp.dll runs the myapp application. 展開オプションについては、.NET アプリケーションの展開に関する記事を参照してください。See .NET application deployment to learn about deployment options.

オプションOptions

dotnet 単独、コマンドの実行、アプリケーションの実行にはさまざまなオプションを使用できます。Different options are available for dotnet by itself, for running a command, and for running an application.

dotnet 単独のオプションOptions for dotnet by itself

次のオプションは、dotnet 単独のものです。The following options are for dotnet by itself. たとえば、dotnet --info のようにします。For example, dotnet --info. 環境に関する情報が出力されます。They print out information about the environment.

  • --info

    現在のオペレーティング システムや .NET バージョンのコミット SHA など、.NET のインストールとコンピューター環境に関する詳細を出力します。Prints out detailed information about a .NET installation and the machine environment, such as the current operating system, and commit SHA of the .NET version.

  • --version

    使用中の .NET SDK のバージョンを印刷します。Prints out the version of the .NET SDK in use.

  • --list-runtimes

    インストールされている .NET ランタイムの一覧が出力されます。Prints out a list of the installed .NET runtimes. x86 バージョンの SDK には x86 ランタイムのみが登録され、x64 バージョンの SDK には x64 ランタイムのみが登録されています。An x86 version of the SDK lists only x86 runtimes, and an x64 version of the SDK lists only x64 runtimes.

  • --list-sdks

    インストールされている .NET SDK の一覧が出力されます。Prints out a list of the installed .NET SDKs.

  • -h|--help

    使用できるコマンドの一覧が出力されます。Prints out a list of available commands.

コマンドを実行するための SDK のオプションSDK options for running a command

次のオプションは、コマンドを指定した dotnet 用です。The following options are for dotnet with a command. たとえば、dotnet build --help のようにします。For example, dotnet build --help.

  • -d|--diagnostics

    診断出力を有効にします。Enables diagnostic output.

  • -v|--verbosity <LEVEL>

    コマンドの詳細レベルを設定します。Sets the verbosity level of the command. 指定できる値は、q[uiet]m[inimal]n[ormal]d[etailed]、および diag[nostic] です。Allowed values are q[uiet], m[inimal], n[ormal], d[etailed], and diag[nostic]. すべてのコマンドでサポートされているわけではありません。Not supported in every command. このオプションを使用できるかどうかについては、そのコマンド ページを参照してください。See specific command page to determine if this option is available.

  • -h|--help

    dotnet build --help など、特定のコマンドのドキュメントを出力します。Prints out documentation for a given command, such as dotnet build --help.

  • command options

    各コマンドには、そのコマンドに固有のオプションが定義されています。Each command defines options specific to that command. 使用できるオプションの一覧については、そのコマンドのページを参照してください。See specific command page for a list of available options.

ランタイム オプションRuntime options

次のオプションは、dotnet でアプリケーションを実行するときに使用できます。The following options are available when dotnet runs an application. たとえば、dotnet myapp.dll --roll-forward Major のようにします。For example, dotnet myapp.dll --roll-forward Major.

  • --additionalprobingpath <PATH>

    プローブ ポリシーとプローブするアセンブリを含むパスです。Path containing probing policy and assemblies to probe.

  • --additional-deps <PATH>

    追加の .deps.json ファイルへのパス。Path to an additional .deps.json file. deps.json ファイルには、依存関係、コンパイル依存関係、アセンブリ競合に対処するためのバージョン情報の一覧が含まれています。A deps.json file contains a list of dependencies, compilation dependencies, and version information used to address assembly conflicts. 詳細については、GitHub の「Runtime Configuration Files」 (ランタイム構成ファイル) を参照してください。For more information, see Runtime Configuration Files on GitHub.

  • --depsfile <PATH_TO_DEPSFILE>

    deps.json ファイルへのパス。Path to the deps.json file. deps. json ファイルは、アプリケーションの実行に必要な依存関係に関する情報を含む構成ファイルです。A deps.json file is a configuration file that contains information about dependencies necessary to run the application. このファイルは、.NET SDK によって生成されます。This file is generated by the .NET SDK.

  • --runtimeconfig

    runtimeconfig.json ファイルへのパス。Path to a runtimeconfig.json file. runtimeconfig.json ファイルは、ランタイム設定を含む構成ファイルです。A runtimeconfig.json file is a configuration file that contains run-time settings. 詳細については、.NET ランタイム構成設定に関する記事を参照してください。For more information, see .NET run-time configuration settings.

  • --roll-forward <SETTING> .NET Core SDK 3.0 以降で使用できます。--roll-forward <SETTING> Available starting with .NET Core SDK 3.0.

    アプリにロール フォ ワードを適用する方法を制御します。Controls how roll forward is applied to the app. SETTING には次のいずれかの値を指定できます。The SETTING can be one of the following values. 指定しない場合の既定は、Minor です。If not specified, Minor is the default.

    • LatestPatch - 最新のパッチ バージョンにロール フォワードします。LatestPatch - Roll forward to the highest patch version. これで、マイナー バージョンのロールフォワードが無効になります。This disables minor version roll forward.
    • Minor - 要求されたマイナー バージョンが見つからない場合は、それよりも高い最小マイナー バージョンにロール フォワードします。Minor - Roll forward to the lowest higher minor version, if requested minor version is missing. 要求されたマイナー バージョンが存在する場合は、LatestPatch ポリシーが使用されます。If the requested minor version is present, then the LatestPatch policy is used.
    • Major - 要求されたメジャー バージョンが見つからない場合は、それよりも高い最小メジャー バージョンで最小マイナー バージョンにロール フォワードします。Major - Roll forward to lowest higher major version, and lowest minor version, if requested major version is missing. 要求されたメジャー バージョンが存在する場合は、Minor ポリシーが使用されます。If the requested major version is present, then the Minor policy is used.
    • LatestMinor - 要求されたマイナー バージョンが存在する場合でも、最上位のマイナー バージョンにロール フォワードします。LatestMinor - Roll forward to highest minor version, even if requested minor version is present. コンポーネント ホスティング シナリオを対象としています。Intended for component hosting scenarios.
    • LatestMajor - 要求されたメジャーが存在する場合でも、最上位のメジャー バージョンで最上位のマイナー バージョンにロール フォワードします。LatestMajor - Roll forward to highest major and highest minor version, even if requested major is present. コンポーネント ホスティング シナリオを対象としています。Intended for component hosting scenarios.
    • Disable - ロール フォワードしません。Disable - Don't roll forward. 指定されたバージョンにのみバインドします。Only bind to specified version. このポリシーは、最新のパッチにロールフォワードする機能が無効になるため、一般的な使用にはお勧めできません。This policy isn't recommended for general use because it disables the ability to roll forward to the latest patches. この値はテスト用にのみ推奨されます。This value is only recommended for testing.

    Disable を除いて、すべての設定は使用できる最高のパッチ バージョンを使用します。With the exception of Disable, all settings will use the highest available patch version.

    ロール フォワード動作は、プロジェクト ファイル プロパティ、ランタイム構成ファイル プロパティ、および環境変数でも構成できます。Roll forward behavior can also be configured in a project file property, a run-time configuration file property, and an environment variable. 詳細については、「メジャーバージョン ランタイムのロールフォワード」を参照してください。For more information, see Major-version runtime roll forward.

  • --roll-forward-on-no-candidate-fx <N> .NET Core 2.x SDK で使用できます。--roll-forward-on-no-candidate-fx <N> Available in .NET Core 2.x SDK.

    必要な共有フレームワークが利用できない場合の動作を定義します。Defines behavior when the required shared framework is not available. N には以下があります。N can be:

    • 0 - マイナー バージョンのロールフォワードでも無効にします。0 - Disable even minor version roll forward.
    • 1 - マイナー バージョンはロール フォワードしますが、メジャー バージョンはしません。1 - Roll forward on minor version, but not on major version. これが既定の動作です。This is the default behavior.
    • 2 - マイナー バージョンとメジャー バージョンをロール フォワードします。2 - Roll forward on minor and major versions.

    詳細については、「Roll forward」(ロールフォワード) を参照してください。For more information, see Roll forward.

    .NET Core 3.0 以降では、このオプションは --roll-forward に置き換えられており、代わりにこのオプションを使用する必要があります。Starting with .NET Core 3.0, this option is superseded by --roll-forward, and that option should be used instead.

  • --fx-version <VERSION>

    アプリケーションを実行するために使用する .NET ランタイムのバージョン。Version of the .NET runtime to use to run the application.

    このオプションは、アプリケーションの .runtimeconfig.json ファイル内の最初のフレームワーク参照のバージョンをオーバーライドします。This option overrides the version of the first framework reference in the application's .runtimeconfig.json file. つまり、予期したとおりに動作するのは、フレームワーク参照が 1 つの場合のみです。This means it only works as expected if there's just one framework reference. アプリケーションに複数のフレームワーク参照がある場合、このオプションを使用するとエラーが発生する可能性があります。If the application has more than one framework reference, using this option may cause errors.

dotnet コマンドdotnet commands

全般General

コマンドCommand 関数Function
dotnet builddotnet build .NET アプリケーションをビルドします。Builds a .NET application.
dotnet build-serverdotnet build-server ビルドによって起動されたサーバーとやり取りします。Interacts with servers started by a build.
dotnet cleandotnet clean クリーン ビルド出力です。Clean build outputs.
dotnet helpdotnet help コマンドのより詳細なドキュメントをオンラインで表示します。Shows more detailed documentation online for the command.
dotnet migratedotnet migrate 有効な Preview 2 プロジェクトを .NET Core SDK 1.0 プロジェクトに移行します。Migrates a valid Preview 2 project to a .NET Core SDK 1.0 project.
dotnet msbuilddotnet msbuild MSBuild コマンド ラインへのアクセスを提供します。Provides access to the MSBuild command line.
dotnet newdotnet new 指定されたテンプレートの C# または F# プロジェクトを初期化します。Initializes a C# or F# project for a given template.
dotnet packdotnet pack コードの NuGet パッケージを作成します。Creates a NuGet package of your code.
dotnet publishdotnet publish .NET Framework に依存するアプリケーションまたは自己完結型アプリケーションを発行します。Publishes a .NET framework-dependent or self-contained application.
dotnet restoredotnet restore 指定されたアプリケーションの依存関係を復元します。Restores the dependencies for a given application.
dotnet rundotnet run ソースからアプリケーションを実行します。Runs the application from source.
dotnet slndotnet sln ソリューション ファイルのプロジェクトを追加、削除、一覧表示するオプション。Options to add, remove, and list projects in a solution file.
dotnet storedotnet store ランタイム パッケージ ストアにアセンブリを格納します。Stores assemblies in the runtime package store.
dotnet testdotnet test テスト ランナーを使用してテストを実行します。Runs tests using a test runner.

プロジェクト参照Project references

コマンドCommand 関数Function
dotnet add referencedotnet add reference プロジェクト参照を追加します。Adds a project reference.
dotnet list referencedotnet list reference プロジェクト参照をリストします。Lists project references.
dotnet remove referencedotnet remove reference プロジェクト参照を削除します。Removes a project reference.

NuGet パッケージNuGet packages

コマンドCommand 関数Function
dotnet add packagedotnet add package NuGet パッケージを追加します。Adds a NuGet package.
dotnet remove packagedotnet remove package NuGet パッケージを削除します。Removes a NuGet package.

NuGet コマンドNuGet commands

コマンドCommand 関数Function
dotnet nuget deletedotnet nuget delete サーバーからパッケージを削除または一覧から削除します。Deletes or unlists a package from the server.
dotnet nuget pushdotnet nuget push パッケージをサーバーにプッシュして発行します。Pushes a package to the server and publishes it.
dotnet nuget localsdotnet nuget locals HTTP 要求キャッシュ、一時的なキャッシュ、コンピューター全体のグローバル パッケージ フォルダーなどのローカルの NuGet リソースをクリアまたは一覧表示します。Clears or lists local NuGet resources such as http-request cache, temporary cache, or machine-wide global packages folder.
dotnet nuget add sourcedotnet nuget add source NuGet ソースを追加します。Adds a NuGet source.
dotnet nuget disable sourcedotnet nuget disable source NuGet ソースを無効にします。Disables a NuGet source.
dotnet nuget enable sourcedotnet nuget enable source NuGet ソースを有効にします。Enables a NuGet source.
dotnet nuget list sourcedotnet nuget list source 構成されている NuGet ソースをすべて一覧表示します。Lists all configured NuGet sources.
dotnet nuget remove sourcedotnet nuget remove source NuGet ソースを削除します。Removes a NuGet source.
dotnet nuget update sourcedotnet nuget update source NuGet ソースを更新します。Updates a NuGet source.

グローバル、ツールパス、およびローカル ツールのコマンドGlobal, tool-path, and local tools commands

ツールは、NuGet パッケージからインストールされ、コマンド プロンプトから呼び出されるコンソール アプリケーションです。Tools are console applications that are installed from NuGet packages and are invoked from the command prompt. ツールは自分で作成することも、サードパーティによって作成されたツールをインストールすることもできます。You can write tools yourself or install tools written by third parties. ツールは、グローバル ツール、ツールパス ツール、およびローカル ツールとも呼ばれます。Tools are also known as global tools, tool-path tools, and local tools. 詳細については、.NET ツールの概要に関するページを参照してください。For more information, see .NET tools overview. グローバル ツールとツールパス ツールは、.NET Core SDK 2.1 以降使用できます。Global and tool-path tools are available starting with .NET Core SDK 2.1. ローカル ツールは、.NET Core SDK 3.0 以降使用できます。Local tools are available starting with .NET Core SDK 3.0.

コマンドCommand 関数Function
dotnet tool installdotnet tool install ツールをお使いのコンピューターにインストールします。Installs a tool on your machine.
dotnet tool listdotnet tool list コンピューターに現在インストールされているグローバル、ツールパス、またはローカル ツールをすべて一覧表示します。Lists all global, tool-path, or local tools currently installed on your machine.
dotnet tool searchdotnet tool search 名前またはメタデータ内に指定された検索用語が含まれるツールを NuGet.org で検索します。Searches NuGet.org for tools that have the specified search term in their name or metadata.
dotnet tool uninstalldotnet tool uninstall ツールをお使いのコンピューターからアンインストールします。Uninstalls a tool from your machine.
dotnet tool updatedotnet tool update コンピューターにインストールされているツールを更新します。Updates a tool that is installed on your machine.

その他のツールAdditional tools

.NET Core SDK 2.1.300 以降では、DotnetCliToolReference を使用してプロジェクト単位でのみ入手可能であった複数のツールを .NET SDK の一部として入手できるようになりました。Starting with .NET Core SDK 2.1.300, a number of tools that were available only on a per project basis using DotnetCliToolReference are now available as part of the .NET SDK. これらのツールを次の表に示します。These tools are listed in the following table:

ツールTool 関数Function
dev-certsdev-certs 開発証明書を作成および管理します。Creates and manages development certificates.
efef Entity Framework Core コマンドライン ツールです。Entity Framework Core command-line tools.
sql-cachesql-cache SQL Server キャッシュ コマンドライン ツールです。SQL Server cache command-line tools.
user-secretsuser-secrets 開発ユーザーのシークレットを管理します。Manages development user secrets.
watchwatch ファイルが変化するとコマンドを実行するファイル ウォッチャーを起動します。Starts a file watcher that runs a command when files change.

各ツールの詳細については、dotnet <tool-name> --help と入力してください。For more information about each tool, type dotnet <tool-name> --help.

使用例Examples

新しい .NET コンソール アプリケーションを作成します。Create a new .NET console application:

dotnet new console

指定されたディレクトリにプロジェクトとその依存関係をビルドします。Build a project and its dependencies in a given directory:

dotnet build

アプリケーションを実行します。Run an application:

dotnet myapp.dll

環境変数Environment variables

  • DOTNET_ROOT, DOTNET_ROOT(x86)DOTNET_ROOT, DOTNET_ROOT(x86)

    .NET ランタイムが既定の場所にインストールされていない場合、その場所を指定します。Specifies the location of the .NET runtimes, if they are not installed in the default location. Windows 上の既定の場所は C:\Program Files\dotnet です。The default location on Windows is C:\Program Files\dotnet. Linux と macOS 上の既定の場所は /usr/share/dotnet です。The default location on Linux and macOS is /usr/share/dotnet. この環境変数は、生成された実行可能ファイル (apphosts) を介してアプリを実行する場合にのみ使用されます。This environment variable is used only when running apps via generated executables (apphosts). 64 ビット OS 上で 32 ビット実行可能ファイルを実行する場合は、代わりに DOTNET_ROOT(x86) が使用されます。DOTNET_ROOT(x86) is used instead when running a 32-bit executable on a 64-bit OS.

  • NUGET_PACKAGES

    グローバル パッケージ フォルダー。The global packages folder. 設定されていない場合は、既定で ~/.nuget/packages (Unix の場合) または %userprofile%\.nuget\packages (Windows の場合) になります。If not set, it defaults to ~/.nuget/packages on Unix or %userprofile%\.nuget\packages on Windows.

  • DOTNET_SERVICING

    ランタイムの読み込み時に共有ホストで使用するサービス インデックスの場所を指定します。Specifies the location of the servicing index to use by the shared host when loading the runtime.

  • DOTNET_NOLOGO

    最初の実行時に .NET のようこそとテレメトリのメッセージを表示するかどうかを指定します。Specifies whether .NET welcome and telemetry messages are displayed on first run. true に設定すると、これらのメッセージは表示されません (値 true1、または yes が受け入れられます)。false に設定すると許可されます (値 false0、または no が受け入れられます)。Set to true to mute these messages (values true, 1, or yes accepted) or set to false to allow (values false, 0, or no accepted). 設定しない場合、既定値は false であり、最初の実行時にメッセージが表示されます。If not set, the default is false and the messages will be displayed on first run. このフラグはテレメトリには影響しません (テレメトリの送信のオプトアウトについては DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT を参照)。This flag has no effect on telemetry (see DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT for opting out of sending telemetry).

  • DOTNET_CLI_TELEMETRY_OPTOUT

    .NET ツールの使用に関するデータを収集し、Microsoft に送信するかどうかを指定します。Specifies whether data about the .NET tools usage is collected and sent to Microsoft. true に設定するとテレメトリ機能が無効になります (指定できる値は true1、または yes です)。Set to true to opt-out of the telemetry feature (values true, 1, or yes accepted). それ以外の場合は false に設定します。この場合、テレメトリ機能が有効になります (指定できる値は false0、または no です)。Otherwise, set to false to opt into the telemetry features (values false, 0, or no accepted). 設定されていない場合、既定で false になり、テレメトリ機能はアクティブになります。If not set, the default is false and the telemetry feature is active.

  • DOTNET_MULTILEVEL_LOOKUP

    .NET ランタイム、共有フレームワーク、または SDK がグローバルな場所から解決されるかどうかを指定します。Specifies whether .NET runtime, shared framework, or SDK are resolved from the global location. 設定されていない場合、既定値は 1 (論理 true) です。If not set, it defaults to 1 (logical true). グローバルな場所から解決せず、.NET インストールを分離するには、0 (論理 false) に設定します。Set to 0 (logical false) to not resolve from the global location and have isolated .NET installations. 複数レベルのルックアップの詳細については、「Multi-level SharedFX Lookup」 (複数レベルの SharedFX ルックアップ) を参照してください。For more information about multi-level lookup, see Multi-level SharedFX Lookup.

  • DOTNET_ROLL_FORWARD .NET Core 3.x 以降で使用できます。DOTNET_ROLL_FORWARD Available starting with .NET Core 3.x.

    ロール フォワード動作を決定します。Determines roll forward behavior. 詳細については、この記事で前述した --roll-forward オプションを参照してください。For more information, see the --roll-forward option earlier in this article.

  • DOTNET_ROLL_FORWARD_TO_PRERELEASE .NET Core 3.x 以降で使用できます。DOTNET_ROLL_FORWARD_TO_PRERELEASE Available starting with .NET Core 3.x.

    1 (有効) に設定した場合は、リリース バージョンからプレリリース バージョンへのロール フォワードが有効になります。If set to 1 (enabled), enables rolling forward to a pre-release version from a release version. 既定 (0 - 無効) では、.NET ランタイムのリリース バージョンが要求されるとき、インストールされているリリース バージョンのみがロール フォワードによって考慮されます。By default (0 - disabled), when a release version of .NET runtime is requested, roll-forward will only consider installed release versions.

    詳細については、「Roll forward」(ロールフォワード) を参照してください。For more information, see Roll forward.

  • DOTNET_ROLL_FORWARD_ON_NO_CANDIDATE_FX .NET Core 2.x で使用できます。DOTNET_ROLL_FORWARD_ON_NO_CANDIDATE_FX Available in .NET Core 2.x.

    0 に設定されている場合、マイナー バージョンのロールフォワードを無効にします。Disables minor version roll forward, if set to 0. 詳細については、「Roll forward」(ロールフォワード) を参照してください。For more information, see Roll forward.

    この設定は、.NET Core 3.0 では、DOTNET_ROLL_FORWARD によって置き換えられます。This setting is superseded in .NET Core 3.0 by DOTNET_ROLL_FORWARD. 代わりに、新しい設定を使用する必要があります。The new settings should be used instead.

  • DOTNET_CLI_UI_LANGUAGE

    en-us などのロケール値を使用して、CLI UI の言語を設定します。Sets the language of the CLI UI using a locale value such as en-us. サポートされている値は、Visual Studio の場合と同じです。The supported values are the same as for Visual Studio. 詳細については、Visual Studio のインストール ドキュメントのインストーラーの言語を変更する方法に関するセクションを参照してください。For more information, see the section on changing the installer language in the Visual Studio installation documentation. .NET リソース マネージャーの規則が適用されるため、完全一致を選択する必要はありません。CultureInfo ツリーで子孫を選択することもできます。The .NET resource manager rules apply, so you don't have to pick an exact match—you can also pick descendants in the CultureInfo tree. たとえば、fr-CA に設定すると、CLI によって fr の翻訳が検索され、使用されます。For example, if you set it to fr-CA, the CLI will find and use the fr translations. サポートされていない言語に設定すると、CLI は英語にフォールバックします。If you set it to a language that is not supported, the CLI falls back to English.

  • DOTNET_DISABLE_GUI_ERRORS

    GUI 対応の生成された実行可能ファイルの場合、通常は特定のクラスのエラーに対して表示されるダイアログ ポップアップが無効になります。For GUI-enabled generated executables - disables dialog popup, which normally shows for certain classes of errors. この場合、stderr にのみ書き込まれ、終了します。It only writes to stderr and exits in those cases.

  • DOTNET_ADDITIONAL_DEPS

    CLI オプション --additional-deps に相当します。Equivalent to CLI option --additional-deps.

  • DOTNET_RUNTIME_ID

    検出された RID をオーバーライドします。Overrides the detected RID.

  • DOTNET_SHARED_STORE

    アセンブリの解決がフォールバックする "共有ストア" の場所。Location of the "shared store" which assembly resolution falls back to in some cases.

  • DOTNET_STARTUP_HOOKS

    スタートアップ フックを読み込み、実行するアセンブリの一覧。List of assemblies to load and execute startup hooks from.

  • DOTNET_BUNDLE_EXTRACT_BASE_DIR .NET Core 3.x 以降で使用できます。DOTNET_BUNDLE_EXTRACT_BASE_DIR Available starting with .NET Core 3.x.

    単一ファイル アプリケーションが実行前に抽出されるディレクトリを指定します。Specifies a directory to which a single-file application is extracted before it is executed.

    詳細については、「単一ファイルの実行可能ファイル」を参照してください。For more information, see Single-file executables.

  • COREHOST_TRACE, COREHOST_TRACEFILE, COREHOST_TRACE_VERBOSITYCOREHOST_TRACE, COREHOST_TRACEFILE, COREHOST_TRACE_VERBOSITY

    dotnet.exehostfxrhostpolicy などのホスティング コンポーネントからの診断トレースを制御します。Controls diagnostics tracing from the hosting components, such as dotnet.exe, hostfxr, and hostpolicy.

    • COREHOST_TRACE=[0/1] - 既定値は 0 で、トレースは無効です。COREHOST_TRACE=[0/1] - default is 0 - tracing disabled. 1 に設定すると、診断トレースが有効になります。If set to 1, diagnostics tracing is enabled.
    • COREHOST_TRACEFILE=<file path> - COREHOST_TRACE=1 によってトレースが有効になっている場合のみ使用されます。COREHOST_TRACEFILE=<file path> - only has effect if tracing is enabled via COREHOST_TRACE=1. 設定すると、指定したファイルにトレース情報が書き込まれます。それ以外の場合、トレース情報は stderr に書き込まれます。When set, the tracing information is written to the specified file, otherwise the tracing information is written to stderr. .NET Core 3.x 以降で使用できます。Available starting with .NET Core 3.x.
    • COREHOST_TRACE_VERBOSITY=[1/2/3/4] - 規定値は 4 です。COREHOST_TRACE_VERBOSITY=[1/2/3/4] - default is 4. この設定は、COREHOST_TRACE=1 によってトレースが有効になっている場合にのみ使用されます。The setting is used only when tracing is enabled via COREHOST_TRACE=1. .NET Core 3.x 以降で使用できます。Available starting with .NET Core 3.x.
      • 4 - すべてのトレース情報が書き込まれます。4 - all tracing information is written
      • 3 - 情報、警告、およびエラー メッセージのみが書き込まれます。3 - only informational, warning and error messages are written
      • 2 - 警告およびエラー メッセージのみが書き込まれます。2 - only warning and error messages are written
      • 1 - エラー メッセージのみが書き込まれます。1 - only error messages are written

    アプリケーションの起動に関して詳しいトレース情報を取得する一般的な方法は、COREHOST_TRACE=1COREHOST_TRACEFILE=host_trace.txt を設定してアプリケーションを実行することです。The typical way to get detailed trace information about application startup is to set COREHOST_TRACE=1 and COREHOST_TRACEFILE=host_trace.txt and then run the application. 詳細情報を含む新しいファイル host_trace.txt が現在のディレクトリに作成されます。A new file host_trace.txt will be created in the current directory with the detailed information.

関連項目See also