C# リファレンスC# reference

このセクションでは、C# のキーワード、演算子、特殊文字、プリプロセッサ ディレクティブ、コンパイラ オプション、およびコンパイラのエラーと警告に関する参考資料を紹介します。This section provides reference material about C# keywords, operators, special characters, preprocessor directives, compiler options, and compiler errors and warnings.

このセクションの内容In this section

C# のキーワードC# Keywords
C# のキーワードと構文に関する情報へのリンクを示します。Provides links to information about C# keywords and syntax.

C# 演算子C# Operators
C# の演算子と構文に関する情報へのリンクを示します。Provides links to information about C# operators and syntax.

C# 特殊文字C# Special Characters
C# のコンテキスト特殊文字とその使用方法に関する情報へのリンクを提供します。Provides links to information about special contextual characters in C# and their usage.

C# プリプロセッサ ディレクティブC# Preprocessor Directives
C# ソース コード内に埋め込むためのコンパイラ コマンドに関する情報へのリンクを提供します。Provides links to information about compiler commands for embedding in C# source code.

C# コンパイラ オプションC# Compiler Options
コンパイラ オプションとその使用方法について取り上げます。Includes information about compiler options and how to use them.

C# コンパイラ エラーC# Compiler Errors
C# コンパイラのエラーや警告の原因と修正法を示すコード スニペットを示します。Includes code snippets that demonstrate the cause and correction of C# compiler errors and warnings.

C# 言語仕様C# Language Specification
C# 6.0 の言語仕様です。The C# 6.0 language specification. これは、C# 6.0 言語に関するドラフト提案です。This is a draft proposal for the C# 6.0 language. このドキュメントは、ECMA C# 標準委員会との共同作業により改良されています。This document will be refined through work with the ECMA C# standards committee. バージョン 5.0 は、Standard ECMA-334 5th Edition ドキュメントとして 2017 年 12 月にリリースされています。Version 5.0 has been released in December 2017 as the Standard ECMA-334 5th Edition document.

C# 6.0 より後のバージョンで実装された機能は、言語仕様の提案に示されています。The features that have been implemented in C# versions after 6.0 are represented in language specification proposals. これらのドキュメントでは、言語仕様に加えた新機能の内容が説明されています。These documents describe the deltas to the language spec in order to add these new features. これらはドラフト提案の形式です。These are in draft proposal form. これらの仕様は、改良ののち、正式なレビューを行うために ECMA 標準委員会に提出され、C# 標準の今後のバージョンに組み込まれる予定です。These specifications will be refined and submitted to the ECMA standards committee for formal review and incorporation into a future version of the C# Standard.

C# 7.0 仕様の提案C# 7.0 Specification Proposals
C# 7.0 では多数の新機能が実装されます。There are a number of new features implemented in C# 7.0. これには、パターン マッチング、ローカル関数、out 変数宣言、throw 式、バイナリ リテラル、および桁区切り文字が含まれます。They include pattern matching, local functions, out variable declarations, throw expressions, binary literals, and digit separators. このフォルダーには、これらの各機能に関する仕様が含まれています。This folder contains the specifications for each of those features.

C# 7.1 仕様の提案C# 7.1 Specification Proposals
C#7.1 には新しい機能が追加されています。There are new features added in C# 7.1. まず、Task または Task<int> を返す Main メソッドを記述できます。First, you can write a Main method that returns Task or Task<int>. これにより、async 修飾子を Main に追加することができます。This enables you to add the async modifier to Main. 型を推論できる場所では型なしで default 式を使用することができます。The default expression can be used without a type in locations where the type can be inferred. また、タプルのメンバー名を推論することができます。Also, tuple member names can be inferred. 最後に、ジェネリックにはパターン マッチングを使用できます。Finally, pattern matching can be used with generics.

C# 7.2 仕様の提案C# 7.2 Specification Proposals
C#7.2 では小さな機能が複数追加されています。C# 7.2 added a number of small features. in キーワードを使用して readonly 参照によって引数を渡すことができます。You can pass arguments by readonly reference using the in keyword. Span および関連する型についてコンパイル時の安全性をサポートするために低レベルの変更が複数加えられました。There are a number of low-level changes to support compile-time safety for Span and related types. 名前付き引数を使用できます。この場合、状況によって、後の引数は位置指定引数となります。You can use named arguments where later arguments are positional, in some situations. private protected アクセス修飾子を使用すると、呼び出し元が同じアセンブリ内で実装された派生型に限定されるように指定することができます。The private protected access modifier enables you to specify that callers are limited to derived types implemented in the same assembly. ?: 演算子は変数への参照に解決される可能性があります。The ?: operator can resolve to a reference to a variable. 先頭の桁区切り記号を使用して 16 進数と 2 進数の書式を設定することもできます。You can also format hexadecimal and binary numbers using a leading digit separator.

C# 7.3 仕様の提案C# 7.3 Specification Proposals
C#7.3 は、いくつかの小規模な更新プログラムを含む別個のポイント リリースです。C# 7.3 is another point release that includes several small updates. ジェネリック型パラメーターに対して新しい制約を使用できます。You can use new constraints on generic type parameters. その他の変更により、fixed フィールドの操作が簡単になります。これには、stackalloc 割り当ての使用も含まれます。Other changes make it easier to work with fixed fields, including using stackalloc allocations. ref キーワードを使用して参照されるローカル変数は、新しいストレージを参照するように再割り当てされる場合があります。Local variables declared with the ref keyword may be reassigned to refer to new storage. コンパイラによって生成されたバッキング フィールドを対象とする自動実装プロパティに属性を配置することができます。You can place attributes on auto-implemented properties that target the compiler-generated backing field. 初期化子内で式の変数を使用できます。Expression variables can be used in initializers. タプルは、等値 (または非等値) を確認するために比較することができます。Tuples can be compared for equality (or inequality). オーバーロードの解決法に対してもいくつかの改良が行われました。There have also been some improvements to overload resolution.

C# 8.0 仕様の提案C# 8.0 Specification Proposals
C# 8.0 は .NET Core 3.0 で使用できます。C# 8.0 is available with .NET Core 3.0. null 許容参照型、再帰的なパターン マッチング、既定のインターフェイス メソッド、非同期ストリーム、範囲とインデックス、using および using 宣言に基づくパターン、null 合体演算子割り当て、読み取り専用インスタンス メンバーなどの機能が含まれています。The features include nullable reference types, recursive pattern matching, default interface methods, async streams, ranges and indexes, pattern based using and using declarations, null coalescing assignment, and readonly instance members.

Visual C# 開発環境の使用Using the Visual Studio Development Environment for C#
IDE およびエディターについて説明する概念トピックおよびタスク トピックへのリンクを提供します。Provides links to conceptual and task topics that describe the IDE and Editor.

C# プログラミング ガイドC# Programming Guide
C# プログラミング言語の使用方法について説明します。Includes information about how to use the C# programming language.