-checked (C# コンパイラ オプション)-checked (C# Compiler Options)

-checked オプションは、データ型の範囲外の値になる整数の算術ステートメントと、checked または unchecked キーワードのスコープ内に含まれない整数の算術ステートメントで、ランタイム例外が発生するかどうかを指定します。The -checked option specifies whether an integer arithmetic statement that results in a value that is outside the range of the data type, and that is not in the scope of a checked or unchecked keyword, causes a run-time exception.

構文Syntax

-checked[+ | -]  

解説Remarks

checked または unchecked キーワードのスコープ内に含まれる整数の算術ステートメントは、-checked オプションの作用の対象になりません。An integer arithmetic statement that is in the scope of a checked or unchecked keyword is not subject to the effect of the -checked option.

checked または unchecked キーワードのスコープ内に含まれない整数の算術ステートメントがデータ型の範囲外の値になり、-checked+ (または -checked) がコンパイル時に使用されている場合は、そのステートメントでランタイム例外が発生します。If an integer arithmetic statement that is not in the scope of a checked or unchecked keyword results in a value outside the range of the data type, and -checked+ (or -checked) is used in the compilation, that statement causes an exception at run time. -checked- がコンパイル時に使用された場合、そのステートメントでランタイム例外は発生しません。If -checked- is used in the compilation, that statement does not cause an exception at run time.

このオプションの既定値は -checked- です。オーバーフロー チェックは無効になっています。The default value for this option is -checked-; overflow checking is disabled.

場合によっては、大規模アプリケーションの構築に使用される自動化ツールによって -checked が + に設定されます。Sometimes, automated tools that are used to build large applications set -checked to +. -checked- を使用する場合のシナリオの 1 つは、-checked- を指定してツールのグローバルな既定値をオーバーライドすることです。One scenario for using -checked- is to override the tool's global default by specifying -checked-.

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するにはTo set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。Open the project's Properties page. 詳細については、「Build Page, Project Designer (C#)」([ビルド] ページ (プロジェクト デザイナー) (C#)) を参照してください。For more information, see Build Page, Project Designer (C#).

  2. [ビルド] プロパティ ページをクリックします。Click the Build property page.

  3. [詳細設定] ボタンをクリックします。Click the Advanced button.

  4. [演算のオーバーフローおよびアンダーフローのチェック] プロパティを変更します。Modify the Check for arithmetic overflow/underflow property.

プログラムによってこのコンパイラ オプションにアクセスする方法については、CheckForOverflowUnderflow に関する記事をご覧ください。To access this compiler option programmatically, see CheckForOverflowUnderflow.

Example

次のコマンドは t2.cs をコンパイルします。The following command compiles t2.cs. コマンドで使用されている -checked は、ファイル内の整数の算術ステートメントのうち、checked または unchecked キーワードのスコープ内に含まれず、データ型の範囲外の値になるステートメントで、ランタイム例外が発生することを指定します。The use of -checked in the command specifies that any integer arithmetic statement in the file that is not in the scope of a checked or unchecked keyword, and that results in a value that is outside the range of the data type, causes an exception at run time.

csc t2.cs -checked  

関連項目See also