-noconfig (C# コンパイラ オプション)-noconfig (C# Compiler Options)

-noconfig オプションは、csc.exe ファイルと同じディレクトリにあり、このディレクトリから読み込まれた csc.rsp ファイルでコンパイルしないようにコンパイラに指示します。The -noconfig option tells the compiler not to compile with the csc.rsp file, which is located in and loaded from the same directory as the csc.exe file.

構文Syntax

-noconfig  

解説Remarks

csc.rsp ファイルは、.NET Framework に付属するすべてのアセンブリを参照します。The csc.rsp file references all the assemblies shipped with the .NET Framework. Visual Studio .NET 開発環境に含まれる実際の参照は、プロジェクトの種類によって異なります。The actual references that the Visual Studio .NET development environment includes depend on the project type.

csc.rsp ファイルを変更し、csc.exe 使ってコマンドラインからすべてのコンパイルに含める必要がある追加のコンパイラ オプションを指定できます ( -noconfig オプションを除きます)。You can modify the csc.rsp file and specify additional compiler options that should be included in every compilation from the command line with csc.exe (except the -noconfig option).

コンパイラは csc コマンドに最後に渡されるオプションを処理します。The compiler processes the options passed to the csc command last. そのため、コマンドラインで指定した任意のオプションが、csc.rsp ファイル内の同じオプションの設定をオーバーライドします。Therefore, any option on the command line overrides the setting of the same option in the csc.rsp file.

コンパイラで csc.rsp ファイル内の設定を検索して使用しない場合は、 -noconfig を指定します。If you do not want the compiler to look for and use the settings in the csc.rsp file, specify -noconfig.

このコンパイラ オプションは Visual Studio では使用できず、プログラムで変更することはできません。This compiler option is unavailable in Visual Studio and cannot be changed programmatically.

関連項目See also