-nostdlib (C# コンパイラ オプション)-nostdlib (C# Compiler Options)

-nostdlib は、System 名前空間の全体を定義する mscorlib.dll がインポートされないようにします。-nostdlib prevents the import of mscorlib.dll, which defines the entire System namespace.

構文Syntax

-nostdlib[+ | -]

RemarksRemarks

独自の System 名前空間およびオブジェクトを定義または作成する場合は、このオプションを使用します。Use this option if you want to define or create your own System namespace and objects.

/nostdlib を指定しない場合、( -nostdlib- を指定したことと同じで) mscorlib.dll がプログラムにインポートされます。If you do not specify -nostdlib, mscorlib.dll is imported into your program (same as specifying -nostdlib-). -nostdlib を指定することは、 -nostdlib+ を指定することと同じです。Specifying -nostdlib is the same as specifying -nostdlib+.

このコンパイラ オプションを Visual Studio で使用するにはTo set this compiler option in Visual Studio

注意

次の手順は、Visual Studio 2015 (および以前のバージョン) のみに適用されます。The following instructions apply to Visual Studio 2015 (and earlier versions) only. Do not reference mscorlib.dll ビルド プロパティは、新しいバージョンの Visual Studio には存在しません。The Do not reference mscorlib.dll build property doesn't exist in newer versions of Visual Studio.

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。Open the Properties page for the project.

  2. [ビルド] プロパティ ページをクリックします。Click the Build properties page.

  3. [詳細設定] ボタンをクリックします。Click the Advanced button.

  4. [mscorlib.dll を参照しない] プロパティを変更します。Modify the Do not reference mscorlib.dll property.

このコンパイラ オプションをコードから設定するにはTo set this compiler option programmatically

このコンパイラ オプションをプログラムで設定する方法については、「 NoStdLib」をご覧ください。For information on how to set this compiler option programmatically, see NoStdLib.

関連項目See also