-optimize (C# コンパイラ オプション)-optimize (C# Compiler Options)

-optimize オプションは、コンパイラで実行する最適化を有効または無効にします。最適化を実行すると、出力ファイルのサイズが小さくなり、速度と効率が向上します。The -optimize option enables or disables optimizations performed by the compiler to make your output file smaller, faster, and more efficient.

構文Syntax

-optimize[+ | -]  

解説Remarks

-optimize は実行時にコードを最適化するように共通言語ランタイムに指示します。-optimize also tells the common language runtime to optimize code at runtime.

既定では、最適化が無効になります。By default, optimizations are disabled. -optimize+ を指定して最適化を有効にします。Specify -optimize+ to enable optimizations.

モジュールをアセンブリで使用するように作成する場合は、アセンブリと同じ -optimize 設定を使用します。When building a module to be used by an assembly, use the same -optimize settings as those of the assembly.

-o-optimize の省略形です。-o is the short form of -optimize.

-optimize オプションと -debug オプションを結合することができます。It is possible to combine the -optimize and -debug options.

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するにはTo set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。Open the project's Properties page.

  2. [ビルド] プロパティ ページをクリックします。Click the Build property page.

  3. コードの最適化プロパティを変更します。Modify the Optimize Code property.

このコンパイラ オプションをプログラムで設定する方法については、「Optimize」を参照してください。For information on how to set this compiler option programmatically, see Optimize.

Example

t2.cs をコンパイルしてコンパイラの最適化を有効にします。Compile t2.cs and enable compiler optimizations:

csc t2.cs -optimize  

関連項目See also