-resource (C# コンパイラ オプション)-resource (C# Compiler Options)

指定されたリソースを出力ファイルに埋め込みます。Embeds the specified resource into the output file.

構文Syntax

-resource:filename[,identifier[,accessibility-modifier]]  

引数Arguments

filename
出力ファイルに埋め込む .NET Framework リソース ファイルです。The .NET Framework resource file that you want to embed in the output file.

identifier (省略可能)identifier (optional)
リソースの論理名。リソースを読み込むために使われる名前です。The logical name for the resource; the name that is used to load the resource. 既定値はファイル名です。The default is the name of the file name.

accessibility-modifier (省略可能)accessibility-modifier (optional)
リソースのアクセシビリティ。パブリックまたはプライベートです。The accessibility of the resource: public or private. 既定値はパブリックです。The default is public.

解説Remarks

-linkresource を使用すると、リソースがアセンブリにリンクされ、リソース ファイルは出力ファイルに追加されません。Use -linkresource to link a resource to an assembly and not add the resource file to the output file.

既定では、リソースは、C# コンパイラを使用して作成されるときにアセンブリ内でパブリックになります。By default, resources are public in the assembly when they are created by using the C# compiler. リソースをプライベートにするには、アクセシビリティ修飾子として private を指定します。To make the resources private, specify private as the accessibility modifier. publicprivate 以外のアクセシビリティは使用できません。No other accessibility other than public or private is allowed.

filenameResgen.exe や開発環境などで作成された .NET Framework リソース ファイルである場合は、System.Resources 名前空間のメンバーを使ってそのファイルにアクセスできます。If filename is a .NET Framework resource file created, for example, by Resgen.exe or in the development environment, it can be accessed with members in the System.Resources namespace. 詳細については、System.Resources.ResourceManager を参照してください。For more information, see System.Resources.ResourceManager. それ以外のすべてのリソースに対しては、Assembly クラスの GetManifestResource メソッドを使用して、実行時にリソースにアクセスします。For all other resources, use the GetManifestResource methods in the Assembly class to access the resource at run time.

-res-resource の省略形です。-res is the short form of -resource.

出力ファイルにおけるリソースの順序は、コマンド ラインでの指定順序に基づいて決定されます。The order of the resources in the output file is determined from the order specified on the command line.

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するにはTo set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトにリソース ファイルを追加します。Add a resource file to your project.

  2. ソリューション エクスプローラーで、埋め込むファイルを選択します。Select the file that you want to embed in Solution Explorer.

  3. 選択したファイルの [プロパティ] ウィンドウで、 [ビルド アクション] を選択します。Select Build Action for the file in the Properties window.

  4. [ビルド アクション][埋め込まれたリソース] に設定します。Set Build Action to Embedded Resource.

このコンパイラ オプションをプログラムで設定する方法については、「BuildAction」を参照してください。For information about how to set this compiler option programmatically, see BuildAction.

Example

in.cs をコンパイルし、リソース ファイル rf.resource をアタッチします。Compile in.cs and attach resource file rf.resource:

csc -resource:rf.resource in.cs  

関連項目See also