-win32res (C# コンパイラ オプション)-win32res (C# Compiler Options)

-win32res オプションは、Win32 リソースを出力ファイルに挿入します。The -win32res option inserts a Win32 resource in the output file.

構文Syntax

-win32res:filename  

引数Arguments

filename
出力ファイルに追加するリソース ファイル。The resource file that you want to add to your output file.

解説Remarks

Win32 リソース ファイルは、リソース コンパイラを使用して作成できます。A Win32 resource file can be created with the Resource Compiler. リソース コンパイラは、Visual C++ プログラムをコンパイルするときに呼び出されます。 .res ファイルは .rc ファイルから作成されます。The Resource Compiler is invoked when you compile a Visual C++ program; a .res file is created from the .rc file.

Win32 リソースは、バージョンまたはビットマップ (アイコン) 情報を格納できます。エクスプローラーでアプリケーションを識別するのに役立ちます。A Win32 resource can contain version or bitmap (icon) information that would help identify your application in the File Explorer. -win32res を指定しない場合、コンパイラはアセンブリ バージョンに基づいてバージョン情報を生成します。If you do not specify -win32res, the compiler will generate version information based on the assembly version.

.NET Framework リソース ファイルの -linkresource (参照) または -resource (アタッチ) をご覧ください。See -linkresource (to reference) or -resource (to attach) a .NET Framework resource file.

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するにはTo set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ] ページを開きます。Open the project's Properties page.

  2. [アプリケーション] プロパティ ページをクリックします。Click the Application property page.

  3. [リソース ファイル] ボタンをクリックし、コンボ ボックスを利用してファイルを選択します。Click on the Resource File button and choose a file by using the combo box.

Example

in.cs をコンパイルし、Win32 リソース ファイル rf.res をアタッチし、in.exe を作成します。Compile in.cs and attach a Win32 resource file rf.res to produce in.exe:

csc -win32res:rf.res in.cs  

関連項目See also