add (C# リファレンス)add (C# Reference)

add コンテキスト キーワードは、カスタム イベント アクセサーを定義するときに使用されます。このアクセサーは、クライアント コードがイベントをサブスクライブするときに呼び出されます。The add contextual keyword is used to define a custom event accessor that is invoked when client code subscribes to your event. カスタムの add アクセサーを指定するときは、remove アクセサーも指定する必要があります。If you supply a custom add accessor, you must also supply a remove accessor.

Example

次の例は、カスタムの add アクセサーと remove アクセサーが指定されているイベントを示しています。The following example shows an event that has custom add and remove accessors. 完全な例については、「方法: インターフェイス イベントを実装する」をご覧ください。For the full example, see How to: Implement Interface Events.

class Events : IDrawingObject
{
    event EventHandler PreDrawEvent;

    event EventHandler IDrawingObject.OnDraw
    {
        add => PreDrawEvent += value;
        remove => PreDrawEvent -= value;
    }
}

通常は、独自のカスタム イベント アクセサーを提供する必要はありません。You do not typically need to provide your own custom event accessors. イベントを宣言するときにコンパイラで自動生成されるアクセサーは、ほとんどのシナリオで利用することができます。The accessors that are automatically generated by the compiler when you declare an event are sufficient for most scenarios.

関連項目See also