if-else (C# リファレンス)

if ステートメントは、ブール式の値に基づいて実行するステートメントを決定します。 次の例では、 bool 変数 conditiontrue に設定してから、 if ステートメントにチェックインします。 出力は The variable is set to true.になります。

bool condition = true;

if (condition)
{
    Console.WriteLine("The variable is set to true.");
}
else
{
    Console.WriteLine("The variable is set to false.");
}

このトピックの例を実行するには、コンソール アプリケーションの Main メソッドに例を挿入します。

C# の if ステートメントは、次の例に示すように 2 つの形式を取ります。

// if-else statement
if (condition)
{
    then-statement;
}
else
{
    else-statement;
}
// Next statement in the program.

// if statement without an else
if (condition)
{
    then-statement;
}
// Next statement in the program.

if-else ステートメントで、 condition が true に評価されると、 then-statement が実行されます。 condition が false の場合は、 else-statement が実行されます。 condition が同時に true と false に評価されることはないため、 then-statement ステートメントの else-statementif-else の両方が実行されることは決してありません。 then-statement または else-statement が実行された後、制御は if ステートメントの後のステートメントに移ります。

else ステートメントが含まれない if ステートメントで condition が true に評価された場合は、 then-statement が実行されます。 condition が false の場合、制御は if ステートメントの後のステートメントに移ります。

then-statementelse-statement はどちらも、中かっこ ({}) で囲まれた 1 つのステートメントまたは複数のステートメントで構成できます。 ステートメントが 1 つの場合、中かっこは省略可能ですが、使用することが推奨されます。

then-statement および else-statement では、任意の種類のステートメントを使用できます。元の if ステートメント内に別の if ステートメントを入れ子にすることもできます。 入れ子になった if ステートメントでは、各 else 句が、対応する if がない最後の elseに属します。 次の例では、 Result1m > 10 の両方が true に評価されると、 n > 20 が表示されます。 m > 10 が true で n > 20 が false の場合は、 Result2 が表示されます。

// Try with m = 12 and then with m = 8.
int m = 12;
int n = 18;

if (m > 10)
    if (n > 20)
    {
        Console.WriteLine("Result1");
    }
    else
    {
        Console.WriteLine("Result2");
    }

代わりに Result2 が false の場合に (m > 10) を表示させるには、次の例に示すように、中かっこを使用して入れ子になった if の開始と終了を設定することで、その関連付けを指定します。

// Try with m = 12 and then with m = 8.
if (m > 10)
{
    if (n > 20)
        Console.WriteLine("Result1");
}
else
{
    Console.WriteLine("Result2");
}

条件 (m > 10) が false に評価されると、Result2 が表示されます。

次の例では、キーボードから文字を入力すると、プログラムが、入れ子になった if ステートメントを実行して、入力された文字が英字かどうかを判別します。 入力された文字が英字である場合、プログラムはその文字が小文字と大文字のどちらであるかを判別します。 いずれの場合も、メッセージが表示されます。

Console.Write("Enter a character: ");
char c = (char)Console.Read();
if (Char.IsLetter(c))
{
    if (Char.IsLower(c))
    {
        Console.WriteLine("The character is lowercase.");
    }
    else
    {
        Console.WriteLine("The character is uppercase.");
    }
}
else
{
    Console.WriteLine("The character isn't an alphabetic character.");
}

//Sample Output:

//Enter a character: 2
//The character isn't an alphabetic character.

//Enter a character: A
//The character is uppercase.

//Enter a character: h
//The character is lowercase.

以下の部分的なコードに示すように、if ステートメントを else ブロック内に入れ子にすることもできます。 この例では、2 つの else ブロックと 1 つの then ブロックの中で if ステートメントを入れ子にしています。 コメントに、各ブロックでどの条件が true または false であるかを示しています。

// Change the values of these variables to test the results.
bool Condition1 = true;
bool Condition2 = true;
bool Condition3 = true;
bool Condition4 = true;

if (Condition1)
{
    // Condition1 is true.
}
else if (Condition2)
{
    // Condition1 is false and Condition2 is true.
}
else if (Condition3)
{
    if (Condition4)
    {
        // Condition1 and Condition2 are false. Condition3 and Condition4 are true.
    }
    else
    {
        // Condition1, Condition2, and Condition4 are false. Condition3 is true.
    }
}
else
{
    // Condition1, Condition2, and Condition3 are false.
}

この例では、入力された文字が小文字、大文字、または数値のいずれであるかを判別します。 3 つすべての条件が false の場合、文字は英数字ではありません。 この例では、いずれの場合もメッセージが表示されます。

Console.Write("Enter a character: ");
char ch = (char)Console.Read();

if (Char.IsUpper(ch))
{
    Console.WriteLine("The character is an uppercase letter.");
}
else if (Char.IsLower(ch))
{
    Console.WriteLine("The character is a lowercase letter.");
}
else if (Char.IsDigit(ch))
{
    Console.WriteLine("The character is a number.");
}
else
{
    Console.WriteLine("The character is not alphanumeric.");
}

//Sample Input and Output:
//Enter a character: E
//The character is an uppercase letter.

//Enter a character: e
//The character is a lowercase letter.

//Enter a character: 4
//The character is a number.

//Enter a character: =
//The character is not alphanumeric.

else ブロックまたは then ブロック内のステートメントを任意の有効なステートメントにできるように、条件には任意の有効なブール式を使用できます。 !&&||&|^ などの論理演算子を使用して複合条件を作成できます。 次のコードに例を示します。

// NOT
bool result = true;
if (!result)
{
    Console.WriteLine("The condition is true (result is false).");
}
else
{
    Console.WriteLine("The condition is false (result is true).");
}

// Short-circuit AND
int m = 9;
int n = 7;
int p = 5;
if (m >= n && m >= p)
{
    Console.WriteLine("Nothing is larger than m.");
}

// AND and NOT
if (m >= n && !(p > m))
{
    Console.WriteLine("Nothing is larger than m.");
}

// Short-circuit OR
if (m > n || m > p)
{
    Console.WriteLine("m isn't the smallest.");
}

// NOT and OR
m = 4;
if (!(m >= n || m >= p))
{
    Console.WriteLine("Now m is the smallest.");
}
// Output:
// The condition is false (result is true).
// Nothing is larger than m.
// Nothing is larger than m.
// m isn't the smallest.
// Now m is the smallest.

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語の仕様」を参照してください。 言語仕様は、C# の構文と使用法に関する信頼性のある情報源です。

関連項目