virtual (C# リファレンス)

virtual キーワードは、メソッド、プロパティ、インデクサー、またはイベント宣言を変更し、それを派生クラスでオーバーライドできるようにするために使用されます。 たとえば、次のメソッドはそれを継承する任意のクラスでオーバーライドできます。

public virtual double Area()
{
    return x * y;
}

仮想メンバーの実装は、派生クラスのオーバーライド メンバーによって変更できます。 virtual キーワードの使い方について詳しくは、「Override キーワードと New キーワードによるバージョン管理」および「Override キーワードと New キーワードを使用する場合について」をご覧ください。

注釈

仮想メソッドが呼び出されると、オブジェクトの実行時の型が、オーバーライドするメンバーに対してチェックされます。 いずれの派生クラスもメンバーをオーバーライドしなかった場合は、最派生クラスのオーバーライド メンバー (元のメンバーである可能性があります) が呼び出されます。

既定では、メソッドは仮想ではありません。 非仮想メソッドをオーバーライドすることはできません。

virtual 修飾子を、staticabstractprivateoverride 修飾子と共に使用することはできません。 次のコードは、仮想のプロパティの例です。

class MyBaseClass
{
    // virtual auto-implemented property. Overrides can only
    // provide specialized behavior if they implement get and set accessors.
    public virtual string Name { get; set; }

    // ordinary virtual property with backing field
    private int _num;
    public virtual int Number
    {
        get { return _num; }
        set { _num = value; }
    }
}

class MyDerivedClass : MyBaseClass
{
    private string _name;

    // Override auto-implemented property with ordinary property
    // to provide specialized accessor behavior.
    public override string Name
    {
        get
        {
            return _name;
        }
        set
        {
            if (!string.IsNullOrEmpty(value))
            {
                _name = value;
            }
            else
            {
                _name = "Unknown";
            }
        }
    }
}

仮想プロパティは、宣言と呼び出しの構文の違いを除けば、仮想メソッドと似た働きを持ちます。

  • virtual 修飾子を静的プロパティに対して使うのは誤りです。

  • 継承する仮想プロパティは、派生クラス内で override 修飾子を使ったプロパティ宣言を記述することでオーバーライドすることができます。

この例では、Shape クラスに 2 つの座標 (xy) と仮想メソッド Area() が含まれています。 他の図形クラス (CircleCylinderSphere など) は Shape クラスを継承しており、各図の表面積が計算されています。 各派生クラスは、Area() のオーバーライド実装を独自に持っています。

次の宣言に示すように、継承されたクラス (CircleSphere、および Cylinder) はいずれも、基底クラスを初期化するコンス トラクターを使用します。

public Cylinder(double r, double h): base(r, h) {}

次のプログラムは、メソッドに関連付けられたオブジェクトに従って Area() メソッドの適切な実装を呼び出すことにより、各図形の面積を計算し、表示します。

class TestClass
{
    public class Shape
    {
        public const double PI = Math.PI;
        protected double _x, _y;

        public Shape()
        {
        }

        public Shape(double x, double y)
        {
            _x = x;
            _y = y;
        }

        public virtual double Area()
        {
            return _x * _y;
        }
    }

    public class Circle : Shape
    {
        public Circle(double r) : base(r, 0)
        {
        }

        public override double Area()
        {
            return PI * _x * _x;
        }
    }

    public class Sphere : Shape
    {
        public Sphere(double r) : base(r, 0)
        {
        }

        public override double Area()
        {
            return 4 * PI * _x * _x;
        }
    }

    public class Cylinder : Shape
    {
        public Cylinder(double r, double h) : base(r, h)
        {
        }

        public override double Area()
        {
            return 2 * PI * _x * _x + 2 * PI * _x * _y;
        }
    }

    static void Main()
    {
        double r = 3.0, h = 5.0;
        Shape c = new Circle(r);
        Shape s = new Sphere(r);
        Shape l = new Cylinder(r, h);
        // Display results.
        Console.WriteLine("Area of Circle   = {0:F2}", c.Area());
        Console.WriteLine("Area of Sphere   = {0:F2}", s.Area());
        Console.WriteLine("Area of Cylinder = {0:F2}", l.Area());
    }
}
/*
Output:
Area of Circle   = 28.27
Area of Sphere   = 113.10
Area of Cylinder = 150.80
*/

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語の仕様」を参照してください。 言語仕様は、C# の構文と使用法に関する信頼性のある情報源です。

関連項目