既定値式 (C# リファレンス)

既定値式を使用すると、型の既定値が生成されます。 既定値式には、次の 2 種類があります: default 演算子の呼び出しと、default リテラルです。

また、switch ステートメント内の既定の case ラベルとして、default キーワードを使うこともできます。

default 演算子

default 演算子への引数では、次の例で示すように、型または型パラメーターの名前を指定する必要があります。

Console.WriteLine(default(int));  // output: 0
Console.WriteLine(default(object) is null);  // output: True

void DisplayDefaultOf<T>()
{
    var val = default(T);
    Console.WriteLine($"Default value of {typeof(T)} is {(val == null ? "null" : val.ToString())}.");
}

DisplayDefaultOf<int?>();
DisplayDefaultOf<System.Numerics.Complex>();
DisplayDefaultOf<System.Collections.Generic.List<int>>();
// Output:
// Default value of System.Nullable`1[System.Int32] is null.
// Default value of System.Numerics.Complex is (0, 0).
// Default value of System.Collections.Generic.List`1[System.Int32] is null.

default リテラル

C# 7.1 以降では、default リテラルを使って、コンパイラが式の型を推論できる場合に、型の既定値を生成できます。 default リテラル式では、T が推定型である式 default(T) と同じ値が生成されます。 default リテラルは、次のいずれの場合でも使用できます。

default リテラルの使い方の例を次に示します。

T[] InitializeArray<T>(int length, T initialValue = default)
{
    if (length < 0)
    {
        throw new ArgumentOutOfRangeException(nameof(length), "Array length must be nonnegative.");
    }

    var array = new T[length];
    for (var i = 0; i < length; i++)
    {
        array[i] = initialValue;
    }
    return array;
}

void Display<T>(T[] values) => Console.WriteLine($"[ {string.Join(", ", values)} ]");

Display(InitializeArray<int>(3));  // output: [ 0, 0, 0 ]
Display(InitializeArray<bool>(4, default));  // output: [ False, False, False, False ]

System.Numerics.Complex fillValue = default;
Display(InitializeArray(3, fillValue));  // output: [ (0, 0), (0, 0), (0, 0) ]

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語仕様」の「既定値の式」セクションをご覧ください。

default リテラルについて詳しくは、機能提案メモをご覧ください。

関連項目