#error (C# リファレンス)#error (C# Reference)

#error を使用すると、コード内の特定の場所からユーザー定義の CS1029 エラーを生成できます。#error lets you generate a CS1029 user-defined error from a specific location in your code. 次に例を示します。For example:

#error Deprecated code in this method.  

コメントRemarks

#error は条件付きディレクティブ内で一般的に使用されます。A common use of #error is in a conditional directive.

#warning を使用してユーザー定義の警告を生成することもできます。It is also possible to generate a user-defined warning with #warning.

Example

// preprocessor_error.cs  
// CS1029 expected  
#define DEBUG  
class MainClass   
{  
    static void Main()   
    {  
#if DEBUG  
#error DEBUG is defined  
#endif  
    }  
}  

関連項目See also