ジャンプ ステートメント (C# リファレンス)

次のステートメントは無条件で制御を移動します。

例外をスローし、無条件で制御を移動する throw ステートメントの詳細については、throw を参照してください。

break ステートメント

break ステートメントはこれを囲む反復ステートメント (forforeachwhile または do ループ) または switch ステートメントを終了させます。 break ステートメントは、終了したステートメントの次のステートメント (存在する場合) に制御を移動します。

int[] numbers = { 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 };
foreach (int number in numbers)
{
    if (number == 3)
    {
        break;
    }

    Console.Write($"{number} ");
}
Console.WriteLine();
Console.WriteLine("End of the example.");
// Output:
// 0 1 2 
// End of the example.

次の例に示すように、入れ子になったループでは、break ステートメントはそれを含む最も内側のループのみを終了します。

for (int outer = 0; outer < 5; outer++)
{
    for (int inner = 0; inner < 5; inner++)
    {
        if (inner > outer)
        {
            break;
        }

        Console.Write($"{inner} ");
    }
    Console.WriteLine();
}
// Output:
// 0
// 0 1
// 0 1 2
// 0 1 2 3
// 0 1 2 3 4

ループ内で switch ステートメントを使用すると、switch セクションの最後にある break ステートメントは、switch ステートメントからのみ制御を移動します。 次の例に示すように、switch ステートメントを含むループは影響を受けません。

double[] measurements = { -4, 5, 30, double.NaN };
foreach (double measurement in measurements)
{
    switch (measurement)
    {
        case < 0.0:
            Console.WriteLine($"Measured value is {measurement}; too low.");
            break;

        case > 15.0:
            Console.WriteLine($"Measured value is {measurement}; too high.");
            break;

        case double.NaN:
            Console.WriteLine("Failed measurement.");
            break;

        default:
            Console.WriteLine($"Measured value is {measurement}.");
            break;
    }
}
// Output:
// Measured value is -4; too low.
// Measured value is 5.
// Measured value is 30; too high.
// Failed measurement.

continue ステートメント

次の例に示すように、continue ステートメントは、これを囲む反復ステートメント (forforeachwhile または do ループ) の新しい反復を開始します。

for (int i = 0; i < 5; i++)
{
    Console.Write($"Iteration {i}: ");
    
    if (i < 3)
    {
        Console.WriteLine("skip");
        continue;
    }
    
    Console.WriteLine("done");
}
// Output:
// Iteration 0: skip
// Iteration 1: skip
// Iteration 2: skip
// Iteration 3: done
// Iteration 4: done

return ステートメント

return ステートメントは、表示される関数の実行を終了し、呼び出し元に制御と関数の結果 (存在する場合) を返します。

関数メンバーが値を計算しない場合は、次の例に示すように、式を指定せずに return ステートメントを使用します。

Console.WriteLine("First call:");
DisplayIfNecessary(6);

Console.WriteLine("Second call:");
DisplayIfNecessary(5);

void DisplayIfNecessary(int number)
{
    if (number % 2 == 0)
    {
        return;
    }

    Console.WriteLine(number);
}
// Output:
// First call:
// Second call:
// 5

前の例で示したように、通常は、式を指定せずに return ステートメントを使用して、関数メンバーを早期に終了させます。 関数メンバーに return ステートメントが含まれていない場合は、最後のステートメントが実行された後に終了します。

関数メンバーが値を計算する場合は、次の例に示すように、式を指定して return ステートメントを使用します。

double surfaceArea = CalculateCylinderSurfaceArea(1, 1);
Console.WriteLine($"{surfaceArea:F2}"); // output: 12.57

double CalculateCylinderSurfaceArea(double baseRadius, double height)
{
    double baseArea = Math.PI * baseRadius * baseRadius;
    double sideArea = 2 * Math.PI * baseRadius * height;
    return 2 * baseArea + sideArea;
}

return ステートメントに式が含まれている場合、その式は、非同期でない限り関数メンバーの戻り値の型に暗黙的に変換可能である必要があります。 async 関数の場合、式は Task<TResult> または ValueTask<TResult> の型引数に暗黙的に変換可能である必要があります。どちらの場合も、関数の戻り値の型になります。 async 関数の戻り値の型が Task または ValueTask の場合は、式を指定せずに return ステートメントを使用します。

既定では、return ステートメントは式の値を返します。 C# 7.0 以降では、変数への参照を返すことができます。 これを行うには、次の例に示すように、ref キーワードを指定して return ステートメントを使用します。

var xs = new int[] { 10, 20, 30, 40 };
ref int found = ref FindFirst(xs, s => s == 30);
found = 0;
Console.WriteLine(string.Join(" ", xs));  // output: 10 20 0 40

ref int FindFirst(int[] numbers, Func<int, bool> predicate)
{
    for (int i = 0; i < numbers.Length; i++)
    {
        if (predicate(numbers[i]))
        {
            return ref numbers[i];
        }
    }
    throw new InvalidOperationException("No element satisfies the given condition.");
}

ref 戻り値の詳細については、「ref 戻り値と ref ローカル変数」を参照してください。

goto ステートメント

次の例に示すように、goto ステートメントは、ラベルにマークされているステートメントに制御を移動します。

var matrices = new Dictionary<string, int[][]>
{
    ["A"] = new[]
    {
        new[] { 1, 2, 3, 4 },
        new[] { 4, 3, 2, 1 }
    },
    ["B"] = new[]
    {
        new[] { 5, 6, 7, 8 },
        new[] { 8, 7, 6, 5 }
    },
};

CheckMatrices(matrices, 4);

void CheckMatrices(Dictionary<string, int[][]> matrixLookup, int target)
{
    foreach (var (key, matrix) in matrixLookup)
    {
        for (int row = 0; row < matrix.Length; row++)
        {
            for (int col = 0; col < matrix[row].Length; col++)
            {
                if (matrix[row][col] == target)
                {
                    goto Found;
                }
            }
        }
        Console.WriteLine($"Not found {target} in matrix {key}.");
        continue;

    Found:
        Console.WriteLine($"Found {target} in matrix {key}.");
    }
}
// Output:
// Found 4 in matrix A.
// Not found 4 in matrix B.

前の例で示したように、goto ステートメントを使用して、入れ子になったループから抜け出すことができます。

ヒント

入れ子になったループを使用する場合は、別のメソッドに個別のループをリファクタリングすることを検討してください。 これにより、goto ステートメントを使用せずに、より簡単で読みやすいコードが発生する可能性があります。

次の例に示すように、switch ステートメントgoto ステートメントを使用して、定数ケース ラベルを持つ switch セクションに制御を移動することもできます。

using System;

public enum CoffeChoice
{
    Plain,
    WithMilk,
    WithIceCream,
}

public class GotoInSwitchExample
{
    public static void Main()
    {
        Console.WriteLine(CalculatePrice(CoffeChoice.Plain));  // output: 10.0
        Console.WriteLine(CalculatePrice(CoffeChoice.WithMilk));  // output: 15.0
        Console.WriteLine(CalculatePrice(CoffeChoice.WithIceCream));  // output: 17.0
    }

    private static decimal CalculatePrice(CoffeChoice choice)
    {
        decimal price = 0;
        switch (choice)
        {
            case CoffeChoice.Plain:
                price += 10.0m;
                break;

            case CoffeChoice.WithMilk:
                price += 5.0m;
                goto case CoffeChoice.Plain;

            case CoffeChoice.WithIceCream:
                price += 7.0m;
                goto case CoffeChoice.Plain;
        }
        return price;
    }
}

switch ステートメント内では、ステートメント goto default; を使用して、default ラベルを持つ switch セクションに制御を移動することもできます。

指定した名前のラベルが現在の関数メンバーに存在しない場合、または goto ステートメントがラベルのスコープ内にない場合は、コンパイル時エラーが発生します。 つまり、goto ステートメントを使用して、現在の関数メンバーから、または入れ子になったスコープ (try ブロックなど) に制御を移動することはできません。

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語仕様」の次のセクションを参照してください。

関連項目