オブジェクトとしての配列 (C# プログラミング ガイド)Arrays as Objects (C# Programming Guide)

C# の配列は、実際はオブジェクトです。C や C++ の場合のように、単なるアドレス指定可能な連続メモリ領域ではありません。In C#, arrays are actually objects, and not just addressable regions of contiguous memory as in C and C++. Array はすべての配列型の抽象基本データ型で、Array is the abstract base type of all array types. Array のプロパティとその他のクラス メンバーを使用できます。You can use the properties and other class members that Array has. この例としては、Length プロパティを使用して、配列の長さを取得します。An example of this is using the Length property to get the length of an array. numbers 配列の長さ 5lengthOfNumbers という変数に代入するコードは、次のようになります。The following code assigns the length of the numbers array, which is 5, to a variable called lengthOfNumbers:

int[] numbers = { 1, 2, 3, 4, 5 };
int lengthOfNumbers = numbers.Length;

Array クラスには、配列の並べ替え、検索、コピーを行うための便利なメソッドやプロパティが他にも多数用意されています。The Array class provides many other useful methods and properties for sorting, searching, and copying arrays.

Example

次の例では、Rank プロパティを使用して、配列の次元数を表示します。This example uses the Rank property to display the number of dimensions of an array.

class TestArraysClass
{
    static void Main()
    {
        // Declare and initialize an array.
        int[,] theArray = new int[5, 10];
        System.Console.WriteLine("The array has {0} dimensions.", theArray.Rank);
    }
}
// Output: The array has 2 dimensions.

関連項目See also