1 次元配列 (C# プログラミング ガイド)Single-Dimensional Arrays (C# Programming Guide)

配列要素の型と要素の数を指定する new 演算子を使用して、1 次元配列を作成します。You create a single-dimensional array using the new operator specifying the array element type and the number of elements. 次の例では、5 つの整数の配列を宣言しています。The following example declares an array of five integers:

int[] array = new int[5];

この配列は、array[0] から array[4] の要素を含んでいます。This array contains the elements from array[0] to array[4]. 配列の要素は、要素型の既定値である整数 0 に初期化されます。The elements of the array are initialized to the default value of the element type, 0 for integers.

配列には、次の例のように、文字列の配列を宣言する、指定した要素型を格納できます。Arrays can store any element type you specify, such as the following example that declares an array of strings:

string[] stringArray = new string[6];

配列の初期化Array Initialization

配列を宣言するときに、配列の要素を初期化することができます。You can initialize the elements of an array when you declare the array. 長さ指定子は、初期化リスト内の要素の数から推論されるため、必要ではありません。The length specifier isn't needed because it's inferred by the number of elements in the initialization list. 次に例を示します。For example:

int[] array1 = new int[] { 1, 3, 5, 7, 9 };

次のコードは、配列の各要素が曜日の名前で初期化される文字列配列の宣言を示しています。The following code shows a declaration of a string array where each array element is initialized by a name of a day:

string[] weekDays = new string[] { "Sun", "Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat" };

次のコードに示すように、宣言時に配列を初期化するときに、new 式と配列型を回避することができます。You can avoid the new expression and the array type when you initialize an array upon declaration, as shown in the following code. これは、暗黙的に型指定される配列と呼ばれます。This is called an implicitly typed array:

int[] array2 = { 1, 3, 5, 7, 9 };
string[] weekDays2 = { "Sun", "Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat" };

配列変数は作成しなくても宣言できますが、この変数の新しい配列を割り当てるときは new 演算子を使用する必要があります。You can declare an array variable without creating it, but you must use the new operator when you assign a new array to this variable. 次に例を示します。For example:

int[] array3;
array3 = new int[] { 1, 3, 5, 7, 9 };   // OK
//array3 = {1, 3, 5, 7, 9};   // Error

値の型と参照型の配列Value Type and Reference Type Arrays

次の配列の宣言を検討してみます。Consider the following array declaration:

SomeType[] array4 = new SomeType[10];

このステートメントの結果は、SomeType が値型か参照型かによって決まります。The result of this statement depends on whether SomeType is a value type or a reference type. 値型の場合、ステートメントでは、それぞれに SomeType 型が含まれる 10 個の要素の配列が作成されます。If it's a value type, the statement creates an array of 10 elements, each of which has the type SomeType. SomeType が参照型の場合、ステートメントは、それぞれが null 参照に初期化される 10 個の要素の配列を作成します。If SomeType is a reference type, the statement creates an array of 10 elements, each of which is initialized to a null reference. 両方のインスタンスで、要素は要素型の既定値に初期化されます。In both instances, the elements are initialized to the default value for the element type. 値の型と参照型の詳細については、値の型参照型に関するページをご覧ください。For more information about value types and reference types, see Value types and Reference types.

関連項目See also