デリゲートの分散の使用 (C#)

メソッドをデリゲートに割り当てると、"共変性" と "反変性" により、デリゲート型をメソッドのシグネチャに柔軟に一致させることができます。 共変性により、メソッドの戻り値の型の派生を、デリゲートに定義されている型よりも強くできます。 また、反変性により、メソッドのパラメーター型の派生をデリゲート型よりも弱くできます。

例 1: 共変性

説明

この例は、デリゲート シグネチャ内の戻り値の型から派生した戻り値の型を持つメソッドで、デリゲートをどのように使用できるかを示しています。 DogsHandler が返すデータ型は Dogs です。これは、デリゲートに定義された Mammals 型の派生型です。

コード

class Mammals{}  
class Dogs : Mammals{}  

class Program  
{  
    // Define the delegate.  
    public delegate Mammals HandlerMethod();  

    public static Mammals MammalsHandler()  
    {  
        return null;  
    }  

    public static Dogs DogsHandler()  
    {  
        return null;  
    }  

    static void Test()  
    {  
        HandlerMethod handlerMammals = MammalsHandler;  

        // Covariance enables this assignment.  
        HandlerMethod handlerDogs = DogsHandler;  
    }  
}  

例 2: 反変性

説明

この例は、パラメーターの型がデリゲート シグネチャ パラメーター型の基本データ型であるメソッドで、デリゲートをどのように使用できるかを示しています。 反変性により、複数のハンドラーの代わりに単一のイベント ハンドラーを使用できます。 たとえば、EventArgs 入力パラメーターを受け取るイベント ハンドラーを作成し、そのイベント ハンドラーを、MouseEventArgs 型をパラメーターとして送信する Button.MouseClick イベントや KeyEventArgs パラメーターを送信する TextBox.KeyDown イベントで使用できます。

コード

// Event hander that accepts a parameter of the EventArgs type.  
private void MultiHandler(object sender, System.EventArgs e)  
{  
    label1.Text = System.DateTime.Now.ToString();  
}  

public Form1()  
{  
    InitializeComponent();  

    // You can use a method that has an EventArgs parameter,  
    // although the event expects the KeyEventArgs parameter.  
    this.button1.KeyDown += this.MultiHandler;  

    // You can use the same method   
    // for an event that expects the MouseEventArgs parameter.  
    this.button1.MouseClick += this.MultiHandler;  

}  

関連項目

デリゲートの分散 (C#)
Func および Action 汎用デリゲートでの分散の使用 (C#)