LINQ to XML の注釈LINQ to XML Annotations

LINQ to XMLLINQ to XML の注釈を使用すると、任意の型の任意のオブジェクトを XML ツリー内の任意の XML コンポーネントに関連付けることができます。Annotations in LINQ to XMLLINQ to XML enable you to associate any arbitrary object of any arbitrary type with any XML component in an XML tree.

XElementXAttribute などの XML コンポーネントに注釈を追加するには、AddAnnotation メソッドを呼び出します。To add an annotation to an XML component, such as an XElement or XAttribute, you call the AddAnnotation method. 注釈は型によって取得します。You retrieve annotations by type.

注釈は XML 情報セットの一部ではないことに注意してください。注釈はシリアル化も逆シリアル化もされません。Note that annotations are not part of the XML infoset; they are not serialized or deserialized.

メソッドMethods

注釈を操作する場合は、次のメソッドを使用できます。You can use the following methods when working with annotations:

メソッドMethod 説明Description
AddAnnotation オブジェクトを XObject の注釈の一覧に追加します。Adds an object to the annotation list of an XObject.
Annotation 指定された型の最初の注釈オブジェクトを XObject から取得します。Gets the first annotation object of the specified type from an XObject.
Annotations XObject について指定された型の注釈のコレクションを取得します。Gets a collection of annotations of the specified type for an XObject.
RemoveAnnotations 指定された型の注釈を XObject から削除します。Removes the annotations of the specified type from an XObject.