名前空間 (C# プログラミング ガイド)

C# プログラミングでは、名前空間が 2 つの方法でよく使用されます。 最初の方法では、次のように .NET Framework で名前空間を使用して、その多くのクラスを整理します。

System.Console.WriteLine("Hello World!");

System は名前空間で、Console はその名前空間内のクラスです。 以下の例のように、using キーワードを使用できるため、完全な名前は必要ありません。

using System;
Console.WriteLine("Hello");
Console.WriteLine("World!");

詳細については、「using ディレクティブ」を参照してください。

2 つ目の方法では、独自の名前空間を宣言します。これは、より大きなプログラミング プロジェクトでクラス名とメソッド名のスコープを制御するのに役立ちます。 名前空間を宣言するには、以下の例のように、namespace キーワードを使用します。

namespace SampleNamespace
{
    class SampleClass
    {
        public void SampleMethod()
        {
            System.Console.WriteLine(
              "SampleMethod inside SampleNamespace");
        }
    }
}

名前空間の概要

名前空間には次の特徴があります。

  • 大きなコード プロジェクトを整理します。

  • . 演算子を使用して、区切られます。

  • using directive を使用すると、クラスごとに名前空間の名前を指定する必要がなくなります。

  • global 名前空間は "ルート" 名前空間です。global::System は常に .NET Framework 名前空間の System を参照します。

名前空間の詳細については、次のトピックを参照してください。

C# 言語仕様

詳細については、「C# 言語の仕様」を参照してください。 言語仕様は、C# の構文と使用法に関する信頼性のある情報源です。

関連項目

C# プログラミング ガイド
名前空間キーワード
using ディレクティブ
:: 演算子
。演算子