PrintPreviewControl コントロールの概要 (Windows フォーム)

Windows フォームの PrintPreviewControl は、PrintDocument を印刷時と同じ見た目で表示するために使用されます。 このコントロールには、ボタンやその他のユーザー インターフェイスの要素がないため、通常は、独自の印刷プレビューのユーザー インターフェイスを作成する場合にのみ PrintPreviewControl を使用します。 標準のユーザー インターフェイスを使いたい場合は、PrintPreviewDialog コントロールを使用してください。概要については、「PrintPreviewDialog コントロールの概要」を参照してください。

キー プロパティ

このコントロールの主要なプロパティは Document です。これにより、プレビューするドキュメントを設定します。 ドキュメントは PrintDocument オブジェクトである必要があります。 印刷用のドキュメントの作成の概要については、「PrintDocument コンポーネントの概要」および「Windows フォームにおける印刷のサポート」を参照してください。 コントロール上で水平方向と垂直方向に表示されるページ数は、Columns プロパティと Rows プロパティによって決まります。 アンチエイリアシングを使用すると、テキストを滑らかに表示できますが、表示速度が低下する場合があります。これを使用するには、UseAntiAlias プロパティを true に設定します。

関連項目