<idn> 要素 (Uri 設定)<idn> Element (Uri Settings)

国際化ドメイン名 (IDN) の解析がドメイン名に適用されるかどうかを指定します。Specifies if Internationalized Domain Name (IDN) parsing is applied to a domain name.

スキーマの階層Schema Hierarchy

<configuration> 要素<configuration> Element

<Uri> 要素 (Uri 設定)<Uri> Element (Uri Settings)

<idn><idn>

構文Syntax

<idn  
  enabled="All|AllExceptIntranet|None"  
/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

要素Element 説明Description
enabled 国際化ドメイン名 (IDN) の解析がドメイン名に適用されるかどうかを指定します。既定値は none です。Specifies if Internationalized Domain Name (IDN) parsing is applied to a domain name The default value is none.

子要素Child Elements

なしNone

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
uriuri .NET Framework が、uniform resource identifier (Uri) を使用して表された web アドレスを処理する方法を指定する設定が含まれます。Contains settings that specify how the .NET Framework handles web addresses expressed using uniform resource identifiers (URIs).

RemarksRemarks

既存Uriのクラスは .NET Framework 3.5 で拡張されています。The existing Uri class has been extended in .NET Framework 3.5. 3.0 SP1 および 2.0 SP1 (国際リソース識別子 (IRI) と国際化ドメイン名 (IDN) をサポート)。3.0 SP1, and 2.0 SP1 with support for International Resource Identifiers (IRI) and Internationalized Domain Names (IDN). 現在のユーザーには、IRI と IDN のサポートを明示的に有効にしない限り、.NET Framework 2.0 の動作からの変更は表示されません。Current users will not see any change from the .NET Framework 2.0 behavior unless they specifically enable IRI and IDN support. これにより、.NET Framework の以前のバージョンとのアプリケーションの互換性を保証します。This ensures application compatibility with prior versions of the .NET Framework.

IRI のサポートを有効にするには、次の2つの変更が必要です。To enable support for IRI, the following two changes are required:

  1. Machine.config ファイルの .NET Framework 2.0 ディレクトリの下に次の行を追加します。Add the following line to the machine.config file under the .NET Framework 2.0 directory

    <section name="uri" type="System.Configuration.UriSection, System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" />  
    
  2. 国際化ドメイン名 (IDN) の解析をドメイン名に適用するかどうか、および IRI 解析規則を適用するかどうかを指定します。Specify whether you want Internationalized Domain Name (IDN) parsing applied to the domain name and whether IRI parsing rules should be applied. これは、machine.config ファイルまたは app.config ファイルで指定できます。This can be done in the machine.config or in the app.config file.

IDN には、使用する DNS サーバーに応じて、次の3つの値を指定できます。There are three possible values for IDN depending on the DNS servers that are used:

  • idn enabled = すべてidn enabled = All

    この値により、すべての Unicode ドメイン名が Punycode に相当する (IDN 名) に変換されます。This value will convert any Unicode domain names to their Punycode equivalents (IDN names).

  • idn enabled = AllExceptIntranetidn enabled = AllExceptIntranet

    この値を指定すると、ローカルイントラネット上にないすべての Unicode ドメイン名が、Punycode に相当する (IDN 名) を使用するように変換されます。This value will convert all Unicode domain names not on the local Intranet to use the Punycode equivalents (IDN names). この場合は、イントラネットで使用される DNS サーバーが Unicode 名前解決をサポートする必要があります。In this case to handle international names on the local Intranet, the DNS servers that are used for the Intranet should support Unicode name resolution.

  • idn enabled = なしidn enabled = None

    この値では、Unicode ドメイン名を変換して Punycode を使用することはできません。This value will not convert any Unicode domain names to use Punycode. これは、.NET Framework 2.0 の動作と一貫性のある既定値です。This is the default value which is consistent with the .NET Framework 2.0 behaviour.

IDN を有効にすると、ドメイン名に含まれるすべての Unicode のラベルが Punycode のラベルに変換されます。Enabling IDN will convert all Unicode labels in a domain name to their Punycode equivalents. Punycode 名には ASCII 文字のみが含まれ、常に xn-- プレフィックスで始まります。Punycode names contain only ASCII characters and always start with the xn-- prefix. この理由は、ほとんどの DNS サーバーは ASCII 文字しかサポートしていないため、インターネットで既存の DNS サーバーをサポートするためです (RFC 3940 を参照)。The reason for this is to support existing DNS servers on the Internet, since most DNS servers only support ASCII characters (see RFC 3940).

構成ファイルConfiguration Files

この要素は、アプリケーション構成ファイルまたはマシン構成ファイル (Machine.config) で使用できます。This element can be used in the application configuration file or the machine configuration file (Machine.config).

Example

説明Description

次の例は、IRI 解析と IDN Uri名をサポートするためにクラスによって使用される構成を示しています。The following example shows a configuration used by the Uri class to support IRI parsing and IDN names.

コードCode

<configuration>  
  <uri>  
    <idn enabled="All" />  
    <iriParsing enabled="true" />  
  </uri>  
</configuration>  

関連項目See also