0network > 要素 (ネットワーク設定)<network> Element (Network Settings)

外部の簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーのネットワークオプションを構成します。Configures the network options for an external Simple Mail Transport Protocol (SMTP) server.

<configuration> <configuration>
  @ no__t-1 @no__t 47 >   <system.net>
  @ no__t @ no__t-2 @ no__t-3 <mailSettings >     <mailSettings>
  @ no__t-1 @ no__t @ no__t @ no__t-5 <smtp > のようになります。      <smtp>
  @ no__t-1 @ no__t @ no__t @ no__t-5 @ no__t-6 @ no__t-7 <network > になります。        <network>

構文Syntax

<network  
  clientDomain="string"   
  defaultCredentials="true|false"  
  enableSsl="true|false"  
  host="string"   
  password="string"  
  port="integer"   
  targetName="string"  
  userName="string"  
/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
clientDomain SMTP メールサーバーに接続するための最初の SMTP プロトコル要求で使用するクライアントドメイン名を指定します。Specifies the client domain name to use in the initial SMTP protocol request to connect to the SMTP mail server. 既定値は、要求を送信しているローカルコンピューターの localhost 名です。The default value is the localhost name of the local computer sending the request.
defaultCredentials Smtp トランザクションの SMTP メールサーバーへのアクセスに、既定のユーザー資格情報を使用するかどうかを指定します。Specifies whether the default user credentials should be used to access the SMTP mail server for SMTP transactions. 既定値は false です。The default value is false.
enableSsl SMTP メールサーバーへのアクセスに SSL を使用するかどうかを指定します。Specifies whether SSL is used to access an SMTP mail server. 既定値は false です。The default value is false.
host SMTP トランザクションに使用する SMTP メールサーバーのホスト名を指定します。Specifies the hostname of the SMTP mail server to use for SMTP transactions. この属性には既定値はありません。This attribute has no default value.
password SMTP メールサーバーへの認証に使用するパスワードを指定します。Specifies the password to use for authentication to the SMTP mail server. この属性には既定値はありません。This attribute has no default value.
port SMTP メールサーバーへの接続に使用するポート番号を指定します。Specifies the port number to use to connect to the SMTP mail server. 既定値は、25 です。The default value is 25.
targetName SMTP トランザクションの拡張保護を使用するときに認証に使用するサービスプロバイダー名 (SPN) を指定します。Specifies the Service Provider Name (SPN) to use for authentication when using extended protection for SMTP transactions. この属性には既定値はありません。This attribute has no default value.
userName SMTP メールサーバーへの認証に使用するユーザー名を指定します。Specifies the user name to use for authentication to the SMTP mail server. この属性には既定値はありません。This attribute has no default value.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
<smtp> 要素 (ネットワーク設定)<smtp> Element (Network Settings) 簡易メール転送プロトコル (SMTP) 電子メールの送信オプションを構成します。Configures Simple Mail Transport Protocol (SMTP) mail sending options.

RemarksRemarks

一部の SMTP サーバーでは、使用する前にサーバーに対して認証を行う必要があります。Some SMTP servers require that you authenticate yourself to the server before use. ホストで既定のネットワーク資格情報を使用して認証する場合は、defaultCredentials 属性を true に設定します。If you want to authenticate yourself using the default network credentials on your host, set the defaultCredentials attribute to true. @No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから defaultCredentials 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.DefaultCredentials property can be used to get the current value of the defaultCredentials attribute from applicable configuration files.

基本認証 (ユーザー名とパスワード) を使用して、SMTP サーバーに対する認証を行うこともできます。You can also use basic authentication (a user name and password) to authenticate yourself to the SMTP server. このオプションを使用するには、指定した SMTP サーバーの有効なユーザー名とパスワードを指定する必要があります。To use this option, you must specify a valid user name and password for the specified SMTP server.

注意

基本認証では、userName および password の値が暗号化されずにサーバーに送信されます。Basic authentication sends the userName and password values to the server unencrypted. ネットワークトラフィックを監視するすべてのユーザーは、資格情報を表示し、それらを使用してサーバーに接続できます。Anyone monitoring network traffic can view your credentials and use them to connect to the server. Kerberos や NT LAN Manager (NTLM) など、より安全な認証メカニズムの使用を検討する必要があります。@No__t-0 が true の場合、サーバーがこれらのプロトコルをサポートする場合、Kerberos または NTLM が使用されます。You should consider using a more secure authentication mechanism, such as Kerberos or NT LAN Manager (NTLM.) If defaultCredentials is true, Kerberos or NTLM will be used if the server supports these protocols.

基本認証および既定のネットワーク資格情報オプションは、同時には指定できません。defaultCredentialstrue に設定し、ユーザー名とパスワードを指定すると、既定のネットワーク資格情報が使用され、基本認証データは無視されます。The basic authentication and default network credentials options are mutually exclusive; if you set defaultCredentials to true and specify a user name and password, the default network credential is used, and the basic authentication data is ignored.

@No__t-0 を指定する場合は、[基本認証] で、メールサーバーに対して自分で認証を行うための password を指定する必要もあります。For basic authentication if you specify a userName, you should also specify a password to authentication yourself to the mail server.

@No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから userName 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.UserName property can be used to get the current value of the userName attribute from applicable configuration files. @No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから password 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.Password property can be used to get the current value of the password attribute from applicable configuration files. セキュリティ上の理由から、通常、構成ファイルには @no__t 0 属性が入力されません。A password attribute would not normally be entered in configuration files for security reasons.

@No__t-0 属性は、SMTP プロトコルの初期要求で使用されるクライアントのドメイン名を SMTP サーバーに変更します。The clientDomain attribute changes the client domain name used in the initial SMTP protocol request to an SMTP server. @No__t-0 属性は、既定で使用される localhost 名ではなく、ローカルコンピューターの完全修飾ドメイン名に設定できます。The clientDomain attribute can be set to the fully-qualified domain name of the local machine, rather than the localhost name that is used by default. これにより、SMTP プロトコル標準への準拠が向上します。This provides greater compliance with the SMTP protocol standards. 既定値は、要求を送信しているローカルコンピューターの localhost 名です。The default value is the localhost name of the local computer sending the request. @No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから clientDomain 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.ClientDomain property can be used to get the current value of the clientDomain attribute from applicable configuration files.

@No__t-0 属性は、拡張保護を使用する場合に認証に使用されます。The targetName attribute is used for authentication when using extended protection. 既定値は "SMTPSVC/<host >" の形式です。ここで <host > は SMTP メールサーバーのホスト名です。The default value is of the form "SMTPSVC/<host>" where <host> is the hostname of the SMTP mail server. @No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから targetName 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.TargetName property can be used to get the current value of the targetName attribute from applicable configuration files.

@No__t-0 属性は、SMTP メールサーバーへのアクセスに SSL を使用するかどうかを指定します。The enableSsl attribute specifies whether SSL is used to access an SMTP mail server. System.Net.Mail.SmtpClientクラスでサポートされているのは、RFC 3207 で定義されているトランスポート層セキュリティ経由の Secure smtp に対する smtp サービス拡張のみです。The System.Net.Mail.SmtpClient class only supports the SMTP Service Extension for Secure SMTP over Transport Layer Security as defined in RFC 3207. このモードでは、暗号化されていないチャネルで SMTP セッションが開始され、SSL を使用してセキュリティで保護された通信に切り替えるために、クライアントからサーバーに STARTTLS コマンドが発行されます。In this mode, the SMTP session begins on an unencrypted channel, then a STARTTLS command is issued by the client to the server to switch to secure communication using SSL. 詳細については、インターネット技術標準化委員会 (IETF) によって発行された RFC 3207 を参照してください。See RFC 3207 published by the Internet Engineering Task Force (IETF) for more information.

代替の接続方法では、プロトコルコマンドが送信される前に、SSL セッションが事前に確立されます。An alternate connection method is where an SSL session is established up front before any protocol commands are sent. この接続方法は SMTPS とも呼ばれ、既定ではポート465を使用します。This connection method is sometimes called SMTPS and by default uses port 465. SSL を使用したこの代替接続方法は、現在サポートされていません。This alternate connection method using SSL is not currently supported.

@No__t-0 プロパティを使用して、適用可能な構成ファイルから enableSsl 属性の現在の値を取得できます。The SmtpNetworkElement.EnableSsl property can be used to get the current value of the enableSsl attribute from applicable configuration files.

Example

次の例では、既定のネットワーク資格情報を使用して電子メールを送信するための適切な SMTP パラメーターを指定しています。The following example specifies the appropriate SMTP parameters to send email using the default network credentials.

<configuration>  
  <system.net>  
    <mailSettings>  
      <smtp deliveryMethod="Network">  
        <network  
          clientDomain="www.contoso.com"  
          defaultCredentials="true"  
          enableSsl="false"  
          host="mail.contoso.com"  
          port="25"  
        />  
      </smtp>  
    </mailSettings>  
  </system.net>  
</configuration>  

関連項目See also