<appDomainManagerAssembly> 要素

プロセスにおける既定のアプリケーション ドメインのアプリケーション ドメイン マネージャーを提供するアセンブリを指定します。

<configuration>
  <runtime>
    <appDomainManagerAssembly>

構文

<appDomainManagerAssembly
   value="assembly display name" />  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
value 必須の属性です。 プロセスにおける既定のアプリケーション ドメインのアプリケーション ドメイン マネージャーを提供するアセンブリの表示名を指定します。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。

解説

アプリケーション ドメイン マネージャーの型を指定するには、この要素と <appDomainManagerType> 要素の両方を指定する必要があります。 いずれかの要素が指定されていない場合、もう一方は無視されます。

既定のアプリケーション ドメインが読み込まれるとき、指定のアセンブリが存在しない場合、または <appDomainManagerType> 要素で指定される種類がアセンブリに含まれない場合、TypeLoadException がスローされます。プロセスは起動できません。 アセンブリが見つかってもバージョン情報が一致しない場合、FileLoadException がスローされます。

既定のアプリケーション ドメインにアプリケーション ドメイン マネージャーの種類を指定するとき、既定のアプリケーション ドメインから作成された他のアプリケーション ドメインは、アプリケーション ドメイン マネージャーの種類を継承します。 新しいアプリケーション ドメインに対して別のアプリケーション ドメイン マネージャーの型を指定するには、AppDomainSetup.AppDomainManagerType プロパティと AppDomainSetup.AppDomainManagerAssembly プロパティを使用します。

アプリケーション ドメイン マネージャーの型を指定するには、アプリケーションが完全に信頼されている必要があります (たとえば、デスクトップ上で実行されているアプリケーションを完全に信頼します)アプリケーションが完全に信頼されていない場合、TypeLoadException がスローされます。

アセンブリの表示名の形式については、Assembly.FullName プロパティを参照してください。

この構成要素は、.NET Framework 4 以降でのみ利用できます。

次の例からは、あるプロセスの既定のアプリケーション ドメインのアプリケーション ドメイン マネージャーが AdMgrExample アセンブリで MyMgr 型であることを指定する方法を確認できます。

<configuration>  
   <runtime>  
      <appDomainManagerType value="MyMgr" />  
      <appDomainManagerAssembly
         value="AdMgrExample, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=6856bccf150f00b3" />  
   </runtime>  
</configuration>  

関連項目