<bypassTrustedAppStrongNames> 要素

完全信頼 AppDomain に読み込まれる完全信頼アセンブリで厳密な名前の検証を迂回するかどうかを指定します。

<configuration>
  <runtime>
    <bypassTrustedAppStrongNames>

構文

<bypassTrustedAppStrongNames
   enabled="true|false"/>

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
enabled 必須の属性です。

完全信頼アセンブリに対して厳密な名前の検証を行わないバイパス機能が有効かどうかを指定します。 この機能が有効になっているとき、アセンブリの読み込み時、厳密な名前の有効性が検証されません。 既定では、 trueです。

enabled 属性

[値] 説明
true アセンブリが完全信頼 AppDomain に読み込まれるとき、完全信頼アセンブリ上の厳密な名前の署名は、その有効性が検証されません。 既定値です。
false アセンブリが完全信頼 AppDomain に読み込まれるとき、完全信頼アセンブリ上の厳密な名前の署名は、その有効性が検証されます。 厳密な名前の署名は、署名の正しさのみが確認されます。別の厳密な名前に一致するかどうかは検証されません。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。

解説

厳密な名前のバイパス機能を使用すると、完全信頼アセンブリについて、厳密な名前の署名を検証することに付随するオーバーヘッドが回避されます。

バイ パス機能は、厳密な名前で署名されていて、次の特性を持つアセンブリに適用されます。

  • StrongName 証拠なしで完全に信頼されている (たとえば、MyComputer ゾーン証拠を持っている)。

  • 完全に信頼された AppDomain に読み込まれる。

  • その AppDomainApplicationBase プロパティに基づいた場所から読み込まれる。

  • 遅延署名されていない。

注意

レジストリ キーを使用し、コンピューター上のすべてのアプリケーションに対してバイパス機能をオフにしている場合、この構成ファイル設定は適用されません。 詳細については、「方法: 厳密な名前のバイパス機能を無効にする」を参照してください。

次の例からは、完全信頼アセンブリで厳密な名前の署名の有効性を検証する動作を指定する方法が確認できます。

<configuration>
   <runtime>
      <bypassTrustedAppStrongNames enabled="false"/>
   </runtime>
</configuration>

関連項目