<enforceFIPSPolicy> 要素<enforceFIPSPolicy> Element

暗号化アルゴリズムが連邦情報処理規格 (FIPS: Federal Information Processing Standard) に準拠する必要があるコンピューターの構成要件を強制するかどうかを指定します。Specifies whether to enforce a computer configuration requirement that cryptographic algorithms must comply with the Federal Information Processing Standards (FIPS).

<configuration>
  <runtime>
    <enforceFIPSPolicy>

構文Syntax

<enforceFIPSPolicy enabled="true|false" />  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
enabledenabled 必須の属性です。Required attribute.

暗号化アルゴリズムが FIPS に準拠している必要があるコンピューター構成要件の適用を有効にするかどうかを指定します。Specifies whether to enable the enforcement of a computer configuration requirement that cryptographic algorithms must be compliant with FIPS.

enabled 属性enabled Attribute

Value 説明Description
true 暗号化アルゴリズムが FIPS に準拠するようにコンピューターが構成されている場合は、その要件が適用されます。If your computer is configured to require cryptographic algorithms to be FIPS compliant, that requirement is enforced. クラスが FIPS に準拠していないアルゴリズムを実装している場合、そのクラスのコンストラクターまたはメソッドは、その Create コンピューターで実行されるときに例外をスローします。If a class implements an algorithm that is not compliant with FIPS, the constructors or Create methods for that class throw exceptions when they are run on that computer. 既定値です。This is the default.
false アプリケーションで使用される暗号化アルゴリズムは、コンピューターの構成に関係なく、FIPS に準拠している必要はありません。Cryptographic algorithms that are used by the application are not required to be compliant with FIPS, regardless of computer configuration.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。The root element in every configuration file used by the common language runtime and .NET Framework applications.
runtime アセンブリのバインディングとガベージ コレクションに関する情報が含まれています。Contains information about assembly binding and garbage collection.

解説Remarks

.NET Framework 2.0 以降では、暗号化アルゴリズムを実装するクラスの作成は、コンピューターの構成によって制御されます。Starting with the .NET Framework 2.0, the creation of classes that implement cryptographic algorithms is controlled by the configuration of the computer. アルゴリズムが FIPS に準拠していることを必要とするようにコンピューターが構成されており、クラスが FIPS に準拠していないアルゴリズムを実装している場合、そのクラスのインスタンスを作成しようとすると、例外がスローされます。If the computer is configured to require algorithms to be compliant with FIPS, and a class implements an algorithm that is not compliant with FIPS, any attempt to create an instance of that class throws an exception. コンストラクターは InvalidOperationException 例外をスローし、 Create メソッドは TargetInvocationException 内部例外を使用して例外をスローし InvalidOperationException ます。Constructors throw an InvalidOperationException exception, and Create methods throw a TargetInvocationException exception with an inner InvalidOperationException exception.

構成が FIPS に準拠しているコンピューターでアプリケーションを実行していて、アプリケーションが fips に準拠していないアルゴリズムを使用している場合は、構成ファイルでこの要素を使用して、共通言語ランタイム (CLR) が FIPS 準拠を強制しないようにすることができます。If your application runs on computers whose configurations require compliance with FIPS, and your application uses an algorithm that is not compliant with FIPS, you can use this element in your configuration file to prevent the common language runtime (CLR) from enforcing FIPS compliance. この要素は、.NET Framework 2.0 Service Pack 1 で導入されました。This element was introduced in the .NET Framework 2.0 Service Pack 1.

Example

次の例は、CLR が FIPS 準拠を強制しないようにする方法を示しています。The following example shows how to prevent the CLR from enforcing FIPS compliance.

<configuration>  
    <runtime>  
        <enforceFIPSPolicy enabled="false"/>  
    </runtime>  
</configuration>  

関連項目See also